今注目のニュース
舛添氏「“あおり”を誘発するドライバーも取り締まるべき」 日本の交通事情と警察の対応に苦言
涼しげな顔がかっこよすぎる!塩顔のイケメン有名人ランキング
沖縄に「IQ4」ぐらいしか無い斜め上過ぎる自動改札機が登場!

ガリレオ(競走馬)単語

ガリレオ

掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ガリレオ(競走馬)とは、アイルランドの元競走馬・現種である。
血統・実すべてを兼ね備えた、天才としか言いようのない名

現役時代

は当時の不動の欧州リーディンサイアー・サドラーズウェルズ凱旋門賞を13番人気でぶっこ抜いたUrban Seaという、血統からして将来は約束されたような存在として生を受けた。
とはいえ、競走馬として凄いかどうかは別問題なのだが、このの場合管理したクールモア調教エイダンオブライエン師が「彼はの上だって走ることができる」と発言するほどの才を持っていた。

二歳戦は一戦のみだったが、14ぶっちぎりで圧勝。翌年は英ダービーを最大標に始動する。
余談になるが、今となっては信じられないが、サドラーズウェルズ産駒は、ガリレオクラシックを迎えた2001年シーズンまで、なんとダービー勝利だった。ついでに当時アイルランド無敵を誇ったオブライエン調教師も英ダービーは未勝利であった。シンジレナーイ。
それまでのサドラーズウェルズ産駒は、2歳まではダービー最有補だったKing's Theatreは調子を落として敗れ去り、オペラハウスクラシックに間に合わず、King of Kingsマイルまで、モンジューOld Vic、Dream Wellクラシック戦線での活躍とことごとく噛み合わず終いで
ついにはクラシックディスタンスでは自身より成績が芳しくないフェアリーキングに先を越されるという始末であった(2000年Oath)
それ故、今年こそジンクスを破る存在としてガリレオに更なる期待がかかった。その期待に応えるかのようにダービー前の二戦を簡単に勝利敗のままダービーに挑んだ。
ライバルに同じく敗・キャリア1戦で2000ギニーを勝利したGolanがいたが、涼しい顔して一蹴し3身1/2差をつけ勝利。ついにサドラーズウェルズ産駒、及びオブライエン調教師の呪縛を解き放ったのである。
その後、アイルランドダービーを余裕の手応えで4身差つけて快勝し、古との決戦キングジョージに向かう。ここにはゴドルフィンが古代表格先にバイステイゴールド叩きめされたファンタスティックライトを送り込み、一騎討ちムードとなった。レースは直線叩き合いに持ち込まれたが競り落として2身1/2差突き放しガリレオが快勝。
を負かしてキングジョージを取った以上、12f路線にこれ以上こだわっても種価値は高まらない。そう判断した営はスピード明すべく10fのGⅠ・アイルランドチャンピオンステークスに向かう。 
かしここにもファンタスティックライトが立ちはだかる。この、血統的に12fではなく10fの方が得意というタイプであり、リベンジの機会を虎視々と狙っていたのである。
レースは再び直線の叩き合い、根性べとなる。ガリレオも類稀な才覚を発揮し10fでも強さを見せたが、この距離ではファンタスティックライトも譲らず。並んだままゴール。アタマ差だけ、ファンタスティックライトが前に出ていた。ついにガリレオ敗記録は途絶えた。
次走にはベストと思われる12fの凱旋門賞を選ばず、なおも種価値を高めるためにチャレンジ路線を続行。なんとマイルのGⅠクイーンエリザベス世ステークスに登録するがこれは回避。
アメリカに渡り、ダート10fの世界一決定戦・ブリーダーズカップクラシックに出走することを決めた。
前年チャレンジして敗れたジャイアンツコーズウェイの例もあったが、それでもなお挑戦のを選んだ。しかし現実はそう甘くはなく土を浴びて闘志が萎えたか、伸びがないまま6着に敗れ去った。 
このレースを最後に引退。種入りした。シーズン前半の期待感からすると若干すぼみ感もあったが、未知の世界へチャレンジして行った結果であり、少なくとも残した実績は血統に恥じないものであった。 

種牡馬時代

2002年から種入りし、2006年までは南半球にもシャトル種として赴いていた。モンジューがすでに活躍していて、その兼ね合いもあって最初は今ほど推されてもいなかったが、
初年度からRed Rocks(BCターフなど)ら4頭のGⅠを輩出。それ以降も2歳戦で圧倒的な強さを見せ、三冠挑戦という話もあったTeofilo、半シンコウフォレスト(高松宮記念)がおり、2代英ダービー制覇を成し遂げたNew Approachを輩出。
軽快なスピードも持ち合わせているということで人気爆発。その後もRip Van Wincleや欧州最強スピードと言われたフランケルらを輩出。
20082010-2014年と6回の英リーディンサイヤー獲得し、全にサドラーズウェルズの最有後継種としてその地位を固めた。
モンジューとの違いは、スピードや仕上がりのさもさることながら、の活躍も多いという事が一番であろう。モンジューの場合、は重賞勝ちも数える程度で、GⅠ勝ちはわずかな数になってしまうが
こちらはの活躍も多い。オークスGreat Heavensや二冠Golden Lilac、シャトル種時代の産駒で南アフリカ史上初の牝馬三冠を成し遂げたIguguなどである。長距離が多かったモンジュー産駒とべて中距離からマイル戦線で活躍する産駒が多いのも特徴。
一概には言えないが、サドラーズウェルズの後継としては彼のほうが資質が高い、そう言っても差し支えない実績を積み重ねている。
はそこまでより好みしないタイプだがDanehillとの相性は特筆すべきものがあり、Teofiloやフランケルもこの組み合わせである。
すでに孫世代からも2013年の英2000ギニーDawn Approach(New Approach産駒)、同年のダービーTrading Leather(Teofilo産駒)が出るなど前途は非常に明るい。
としても、現役時代の栄はるかえる実績を残しそうである。
なお、日本にも産駒が輸入はされているが…ブレイクセオリーミッションモードが成績いい方という結果で、重賞では勝負になっていない。
やはりモンジュー同様日本には対応していない様子である。Danehillの産駒や孫世代ならば…とも思うが。 

兄弟たち

この、自身も素晴らしい兄弟も素らしく、全Black Sam Bellamy(GⅠ2勝)、半シーザスターズ(英二冠・凱旋門賞など)ら活躍がいる。
さらに、半ラムタラ産駒でクラシック補になり、さらにGⅠを実際に勝ち、としても2012年凱旋門賞で3着、オルフェーヴルのすぐ後ろに食い込んだMasterStrokeを出したMelikahもおり
Urban Seaとしてのを感じすにはいられない。論、その中でも際立った成績を残したガリレオはやはり天才であろう。シーザスターズとの較は評価が別れるところであろうが。 

血統表

Sadler's Wells
1981 鹿
Northern Dancer
1961 鹿
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
Fairy Bridge
1975 鹿
Bold Reason Hail to Reason
Lalun
Special Forli
Thong
Urban Sea
1989 
FNo.9-h
Miswaki
1978 
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Hopespringseternal Buckpasser
Rose Bower
Allegretta
1978 
Lombard Agio
Promised Lady
Anatevka Espresso
Almyra

関連動画

関連商品

ガリレオ(競走馬)に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ガリレオ(競走馬)に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/19(月) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/19(月) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP