今注目のニュース
もし火星に人類が到達したら是非調査してほしい場所。Google Marsで発見された奇妙な地下基地への入り口
関わりのない人から嫌われる、という意味不明な状況 「挨拶しても無視されて憂鬱…」
異常な“タピオカブーム”に潜む恐怖…「腹痛」「便秘」「激太り」

ガンダムダブルエックス単語

ガンダムダブルエックス

掲示板をみる(111)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

S

ガンダムダブルエックスとは、『機動新世紀ガンダムX』に登場するモビルスーツロボット)である。

形式番号は「GX-9901-DX」で、通称「DX(ディーエックス)」。デラックスとは呼ばないで。

概要

政府再建委員会の諜報統括官アイムザット・カートラルが揮を執り開発したモビルスーツ

戦後から15年、荒した地球に再び秩序を取り戻すべく旧地球連邦の要人が中心となって立ち上げた「政府再建委員会」、立を控えていた「新地球連邦」の徴とするべく進められていた。設計・開発のベースとなったのは第7宇宙戦争で圧倒的なを見せた決戦兵器ガンダムエックスGX」で、システムには当時の連邦兵士ジャミル・ニートが搭乗したGX2号機のデータが使用されている。なお、機体そのものは新造である。

再建委員会の所有する太平洋上の人工ゾンダーエプタにて開発が進められていたが、同に監禁していたフリーデンのクルーおよび彼らに協したカトックらにより強奪、以降はガロード・ランにより運用される。

以降はジャミル・ニート率いるフリーデンに所属しながら、新連邦が差し向けてくる刺客やフロスト兄弟と交戦、宇宙に上がった後は宇宙革命軍および革命軍と決着をつけるべく宇宙に上がった新連邦軍と戦を繰り広げ、最後はフロスト兄弟サテライトキャノンの撃ち合いの末に相打ちとなり大破した。大戦後はガロード自身により放棄されの軌上をデブリとなって周回している。

過剰な攻撃をもつ本機ではあるが、カトックの遺言「過ちは繰り返すな」の言葉どおりガロードツインサテライトキャノンを「破壊」ではなく「破壊を食い止める為」に使った。

スペック・武装

GXの後継機であること、システムジャミル搭乗のGX2号機のものが使われていることから15年前の戦争を知る連邦兵士、カトック・アルザミールはこの機体を”15年の亡霊”と称した。

フラッシュシステム対応」「Gファルコンとの連動対応」とGXに盛り込まれていた機は引き続き搭載されており、起動にGコン(Gコントローラー)が必要な点も共通である。ちなみにDX用Gコンはフリーデンクルーによる反撃が発生した際にアイムザットが隠していたが、起動システムもGXから引き継いでいたため、ティファが持ってきたGX用のGコンで起動されてしまう。

GXのサテライトシステム良・性向上させた「サテライトシステムmk-II」が本機の中核となっている。背部リフレクターを6枚に増やしマイクロウェーブの集率を上げ、さらに機体各部に放熱フィンがついており、従来のサテライトシステムよりエネルギー効率を飛躍的に向上させている。マイクロウェーブを受信すると放熱フィンリフレクター色にき始め、GXのそれより強い印視聴者に与えた。

肩部の門は二門になっており、新サテライトシステムによって威は数倍以上になった大出の戦略級兵器ツインサテライトキャノン」を発射する。容量の拡大により連射も可になった。

通常武装はライフルビームソード等、オーソドックスであるがその分それぞれ威が高められており、どれも高準なものである。また本編では使用していないオプション武装が豊富である。モチーフとして「GX」が佐々木小次郎イメージしたものに対し、DXはツインサテライトキャノンを始めとする連装装備から二刀流宮本武蔵イメージしており、劇中でも初陣で2本のハイパービームソードで大立ち周りを披露している。

高機動に加えガンダムX同様に装甲も異常に硬く、総合的にはこの時代最強MSであったが、奪取機体故に新連邦に機体の特性を把握されている為、ガブルコルレルなど「ほかの機を捨ててでも特定の機を極端に向上させた機体」を何度も刺客として送り込まれるも、ガロードの機転や仲間との連携により、これらも全て撃破に成功している。また、ガロード初の宇宙戦では戦錬磨のベテランランスロー・ダーウェルクラウダに機体を損傷させられている。

Gファルコンとの合体を有しており、合体する事でGファルコンダブルエックスとなり機動性と対MS戦闘力が大幅に上昇する他、オプションの追加Eパックによりくてもツインサテライトキャノンを発射できるようになる。原作では合体形態は戦闘機形態による高速移動のみの使用に留まり、戦闘自体は行わなかった。

余談だが、頭部下部に左右対称三角形が付いており、この機体も「ヒゲガンダム」である。∀ガンダムが立過ぎて陰に隠れがちではあるが。本来はブレードアンテナと組み合わせて「X」のイメージであり、リフレクターを展開した姿で「二つのX」すなわちダブルエックスデザインで表現している。

ゲームでの扱い

後期役機なので全体的に高い機体性を持ちGXから引き続き「悪な攻撃」が基本となっている。良くも悪くもサテライトが鍵を握る機体。

SDガンダム Gジェネレーションワールド」ではツインサテライトキャノンは威が非常に高い上(数値上では核兵器に次ぐ威)、マルチロック、燃費も威の割には良好で非常に強な機体となっている。ほかのガンダムシリーズ較して作品自体大きく扱われることは少ないが、「Another Century's Episode 3」や「スーパーロボット大戦R」ではパッケージセンターを飾り、作中でも立っている。

また、スパロボシリーズ等では劇中では描かれなかった「Gファルコン×ダブルエックス」での戦闘シーンが存在する。ヒゲガンダム繋がりで∀ガンダムとの共演(に加えて前述ヒゲによるネタで)も多い。

ゲーム等ではサテライトキャノンの発射には一発毎にチャージが必要な事が多いが(特にスパロボシリーズ)、実際には原作では所謂チャージというものは存在せず、前述のようにDXは一回マイクロウェーブを受信すれば少なくとも3発の連射が可なのでゲームでの仕様は高威に対するバランス調整の為のオリジナル仕様といえる。
この仕様は「第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇」である程度善され、最初からチャージ済みで出撃できるようになっている。同作では一発撃った後のチャージ時間も1~2ターンの有で変化)と非常に短くなっている他、ツインサテライトキャノンも範囲・攻撃共に最強MAP兵器となっており、ガロード自身や途中で復帰するティファの性もあり殲滅に関しては歴代最強と名高いガンダムDXに仕上がっている(総合で言えばα外伝やRのDXの方が更に強いが)

ガンダムEXTREMEVSシリーズでも参戦。コスト3000、パイロットガロード・ランで、ティファが同乗している。
アシストガンダムレオパルドデストロイガンダムエアマスターバースト、GXビットを呼び出しながら、DX専用バスターライフルハイパービームソードでの戦闘を中心に展開しつつ、変形コマンド合体できるGファルコンの強な武装を使って相手を攻め立てていく。そして隙をみてツインサテライトキャノンの強な一撃で勝利を掴んでいく機体となっている。
ツインサテライトキャノンは出撃時は使用できず、時間経過でチャージされて(弾数が回復して)いく。その威はすさまじく、直撃すれば一気に相手の体を奪い去る。また、覚醒中はGファルコン合体してツインサテライトキャノンを放つため、更に威が上がる。
ツインサテライトキャノンは最大弾数が2発となっているため、通常時では2連射までしかできない。
しかし覚醒技(バーストアタック)でGファルコン合体してツインサテライトキャノンを放つため、覚醒中はツインサテライトキャノン2発+覚醒技1発で設定通りの3連射を行うことが出来る。
最新作のマキシブーストでは原作未使用だったビームジャベリンとGハンマーが使える。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 109orbdcd

    2018/04/21(土) 11:45:07 ID: npL9n04v4T

    ガンダムの中で一番好き。ツインサテライトキャノンが半端じゃない。欲を言えば、さえ黄色だったら…

  • 110ななしのよっしん

    2018/05/21(月) 14:57:53 ID: iQuzLC9lk1

    最初は顔のヒゲが残念だったが
    宮本武蔵モチーフと知ると欠かせない気がしてきた

    イケメンと言うか雄々しいって感じ

  • 111ななしのよっしん

    2019/05/18(土) 21:35:35 ID: +WzGFQqn1G

    特段好きな機体ってわけでもないんだけどシールドデザインが凄くシャレてていいと思うの。

急上昇ワード

最終更新:2019/06/17(月) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/17(月) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP