ガンダムヴァサーゴ単語

ガンダムヴァサーゴ

1.5千文字の記事
掲示板をみる(28)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ガンダムヴァサーゴとは、機動新世紀ガンダムXに登場する架兵器である。 式番号はNRX-0013。パイロットシャギア・フロスト

ガンダムヴァサーゴ

シャギア暴なとして有名な悪役ガンダムガンダムアシュタロンと合わせてゲテモノガンダムとも呼ばれる。 いわゆるプロローグにおける第7次宇宙戦争時点では登場していなかった次世代のMSで、つまりガンダムX達の後輩にあたる機体。 デザイン上の系譜としては、ドラゴンガンダムシェンロンガンダムに次ぐ“伸びる腕のガンダムポジションの機体ではあるが、後述のメガソニックインパクトに隠れがちな点は否めない。また、全体的なシルエットマスターガンダムガンダムエピオンといったライバル機の物に近いものとなっている。

高出ジェネレーターを搭載し火力と機動性に重点を置いた機体で、最大の火器である部のメガソニックマイクロウェーブによる電供給を受けることなく自機のみで運用可であり、威サテライトキャノンには劣るものの、MS単機の火力としては最大クラスの物となっている。また、収束率の変更が可であり、広域用の拡散ビームとしても運用可

背部の状のパーツは放熱・機体冷却を的としたラジエーターユニットであると共に、高機動バインダーとしても機しており、パワーウェイトレシオの面において過去ガンダムタイプ駕する。更に他の機体と異なりGビット用以外に操縦系統にもフラッシュシステムが組み込まれており、元々ニュータイプ専用機として造られた事が伺える。

格闘戦においてはオーソドックスなビームサーベルの他、腕部を展開させることで長リーチクローアーム“ストライククロー”とすることが可クローアーム中央部にビームを備えており、中距離射撃戦はこの火器で対応する。 なお、ストライククローは格闘戦に用いられる他、メガソニック使用時の機体固定にも用いられる。

このように本機は総合的にガンダムXにも引けを取らない高性機として仕上がっており、新連邦の技術が戦前と同等以上に回復した事を表している。

搭乗者のシャギア・フロストフリーMS乗りで、一体このワンオフ機をどうやって入手したのかはに包まれている。

ガンダムヴァサーゴ・チェストブレイク

終盤から登場したガンダムヴァサーゴの良機体。

外見上パッと見では変化がわからないが、ジェネレーター出と基本性の強化に加え、背部ラジエーターユニット良による冷却効率の向上、ストライククローの対衝撃の強化、メガソニックを強化して三基にしたトリプルメガソニックなど、内部ではかなりの改造が行われている。 特徴的な伸びる腕はインナーフレームの伸長により更に柔軟かつ自由な動きが可になりクロービームと合わせた擬似オールレンジ攻撃に近い運用が可となっている。

追加されたメガソニックは胸部に内蔵されており、それを展開することからチェストブレイクの名前が付けられた。

トリプルメガソニックは内蔵電による出だけでサテライトキャノンに匹敵する破壊を秘めているという火力兵器である。 背部のラジエーターユニットは機が追加され、ガンダムアシュタロン・ハーミットクラブとの接続後発射可サテライトランチャーを放つの際には受信用リフレクターの役割となる。

登場時期は極めて少ないがキット化自体は行われた。しかしともどもOPでは出演出来ず、改造前での登場のまま終了を迎えた。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/19(火) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/19(火) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP