今注目のニュース
バナナモチーフもいっぱい!セガプライズ「ミニオン」グッズ
LINE「OpenChat」、トークルーム検索機能の再開を延期 「検索精度を上げるため」
Switch版「バイオハザード5」と「6」が2019年10月31日に配信。「4」もセットになった「トリプル パック」の販売も

ガンダムMk-Ⅴ単語

ガンダムマークファイブ

掲示板をみる(27)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ガンダムMk-Ⅴとは、ガンダム・センチネルに登場するMSである。

概要

サイコガンダムを小にして量産するというコンセプトのもとに作られたガンダム。ただしサイコミュ兵器搭載という以外に関連性は薄く、その説を疑問視するもある。

本機の特徴は何と言ってもインコムであろう。擬似的なサイコミュシステムであり、一補給(バックパックに戻した時)ごとの弾数が三発と少なく安易に使えるものでもないが、相手の死においても使える強オールレンジ攻撃であることに代わりはなく、ガンダム・センチネル本編でも複数のネロをこれで殺している。

顔はなんとかガンダムしているが、本機におけるガンダムの名はただの徴的なものに過ぎず、開発経緯はともかくその開発の系譜にガンダムに関連するものはほとんどない(一応データを参考にするなどしているためまったくの関係とも言えない)。
しかしガンダムの名を誇ることで、戦線の士気がに見えてあがるなどしているため、この徴的なネーミングもまったくの駄というわけでもない。

武装はライバル機体にあたるSガンダムべると貧相に思えるが、裏を返せばこちらは較的コンパクトにまとまっているということでもあり、パイロットブレイブの腕と合わさってEx-Sガンダムとも引けをとらない活躍を見せている。

3機製造され、そのうちの一つはアクシズへと渡ってドーベン・ウルフとなった。

劇中ではブレイブ・コッドが搭乗し、Ex-Sガンダムと交戦。素人同然のリョウが操るEx-Sをフルボッコにして、リョウボロ泣きさせたが、ALICE覚醒したことで形勢逆転されて返り討ちに合う。
ライバル機体ではあるものの、最終決戦には登場しないという大変めずらしい機体でもある。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/23(金) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/23(金) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP