ガンバの冒険単語

ガンバノボウケン

1.8千文字の記事
掲示板をみる(187)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ガンバの冒険』とは、斉藤夫著の児童文学『冒険者たち ガンバと十五匹の仲間』を原作とした、東京ムービー制作テレビアニメーションである。

概要

昭和50年4月から同年9月まで日本テレビ系にて全26話が放送された。
26話のうちノロイにたどり着くまでが19話までであり、ノロイとの最終決戦が残りの20話~26話である。

スタッフ

出発

演出:出崎統

作画監督椛島義夫

設定:芝山努

美術監督小林七郎

音楽作曲山下毅雄

物語

が見たい!」東京の下町から港へとやって来たネズミガンバは、乗りネズミたちのパーティーに紛れ込んで、大騒ぎ。そこへ、傷付いたネズミが助けをめてやって来た。故郷のイタチノロイに占領されてしまったというのだ。その名を聞いて恐れおののくネズミたち。しかしガンバは、助けに行く決心をした。

小さなネズミたちがに乗り、をし、イタチノロイと戦う。

その過程で、仲間達と、喧嘩したり仲直りしたりしながら を深めていく。

キャラクター

ガンバ野沢雅子

この物語主人公友のボーボとを見るためのに出て港にたどり着いたことで、この物語が始まった。
腕っぷしが強く勇敢だが、少し短気と絵にかいたような主人公気質。

ボーボ(水城蘭子

ガンバ友で、ガンバとは正反対のおっとりした性格。
基本的に食い意地がっており、食糧に関する展開に関わることが多い。
途中から掘りが得意という設定が明らかにされ、要所要所で披露されることに。

ヨイショ(内海賢二

港の乗りネズミ船長で、分肌の大男。ガンバとは決闘の末意気投合した。
以前ノロイに右をつぶされていたが、ガンバの心意気に打たれ全てをなげうってかれの冒険を手伝うことに。

ガクシャ(富山敬

ヨイショの友で、文字通り眼鏡をかけた学者気質のネズミメンバーの中では参謀を務めることが多い。
尻尾が短いのを気にしているようで、劇中でもたびたびそのことを卑下するセリフを発する。

イカサマ堀絢子

ガンバたちがノロイに行くために乗ったたまたま乗っていたネズミで、名前の通りイカサマが得意のばくち打ち。
どこか達観している斜に構えた皮屋だが、ガンバの心意気に打たれて冒険に加わる。常に二つのサイコロを手慰めている。

ジン島田

港にいたネズミの一匹。名前の通りを嗜み、飲みで酔っぱらっていることも多いが実は医術をかじっている。
忠太の手当てもありガンバの冒険に同行することに。

忠太(菊池紘子)

助けをめるためにノロイを単身脱出し、港町にボロボロになりながらたどり着いた。背中にはノロイへの地図を肌身離さず持っている。
のシオジをはじめとしたの他のネズミたちを常に心配しており、使命感の重責にかられることも。

ノロイ大塚周夫

アニメ史上に残る悪役と名高い、のようにい毛とが特徴の通常の3倍もの巨大な体イタチ。
独特の美意識と、策略を練って追い詰めつつ殺戮を繰り返す狡猾な残性を併せ持つ。また催眠術らしきものも使え、たびたびネズミがそれにかけられる場面も。
20話の後半にようやくネズミに対して話せることが明らかにされ(そのため実質的な最初のセリフである「まだまだ殺すな。いつでも殺せる。ゆっくり殺せ。楽しく殺そう。薄汚いネズミどもを」も忠太がイタチの鳴き代弁したものである)、大塚周夫をあてるのもそれから(その際のセリフは「ようこそ、薄汚いネズミどもよ・・・、ようこそ。私がノロイだ。ようこそ・・・ようこそ・・・」 )。

ザクリ

ノロイとは別のリスを殺戮するツネで、第7~9話の中編があてられた実質的なこの作品の中ボス
ノロイのように軍団を組んだり、言葉を発したりはしない。

クリーク(森功至

ザクリリスリーダーとして仲間を守るために思い切った攻めに転じることができなかったが・・・

イエナ(杉山佳寿子

クリークの。ボーボの初恋相手になるが・・・

主題歌

OPテーマ:「ガンバのうた」
子供向けアニメ主題歌にはしいホーンセクションが賑やかなファンキーなディキシージャズナンバー
作詞東京ムービー企画部、作曲山下毅雄、歌:河原(現、河原さぶ)
EDテーマ:「冒険者たちのバラード
陽気なOPとはうってかわって静かな楽曲と歌詞が特徴的。
作詞東京ムービー企画部、作曲山下毅雄、歌:すぎうらよしひろ

関連お絵カキコ

ガンバ達うわっ・・・!ノロイあ・・・うぅっ

関連動画


関連静画



関連商品

この記事を編集する

掲示板

  • 185ななしのよっしん

    2022/02/20(日) 15:08:43 ID: edtzQQcYZC

    話はそれたがテレビ版見たけど終盤すげぇ面いな、特に火山硫黄砦あたりから
    イカサマにとって、命がけで食料を持ってきてくれた同志、盟友の一郎を太一の裏切りで食料と共に殺された→を人質に取られた事情を察して行き場のない怒りを泣きながら太一を殴る所とか
    太一がその罪滅ぼし、責任取るためにノロイの本性を暴いて死ぬとか
    の順太には自分の為にが裏切り、ノロイの本性暴いて死亡したのをせてに出たって優しさ、気遣いとか
    ノロイ暴力だけでなく知で残酷に精的に追い詰める所とか
    「殺すな 仲間を売ったなど殺す価値もない」「放っておいても いずれ野垂れ死にする 裏切り者には帰るところがないからな」
    とか太一に策略看破されて部下が出てきた時に「馬鹿め 命するまで出るなと言っただ」とか最後、死ぬ前に大暴れして尽きる所とか

    単純な子供向けのアニメじゃない

  • 186ななしのよっしん

    2022/03/10(木) 00:05:33 ID: Oslqp+XOu/

    まあ裏切り者に帰る場所はいほっておいても野垂れ時ぬ。
    放置プレイするのは子供向け悪役にはしいやり方ではあったな。
    兵糧攻めして飢えてる所に停戦休戦で宴を持ちかけて一匹残らずやってきたら皆殺しにしようと言う向こうの状況を考えての策略等単純な残残酷な悪役キャラではかった。

    今思うとノロイフリーザが通ずる所あったな。
    何処か口調が紳士的、気に入らない事したら部下であろうとも処刑、何処か煽り耐性い、余裕がある時は穏やかだがキレると本性を現す、戦的に殺出来るのにり殺す方法を取る、倒したと思ったらまだ生きていた、い。
    つかノロイ的てなんだっけ?
    別にネズミ捕食しなくてもあの宴ののように食い物なんていくらでも調達できるだろうし、遊びで殺すにしてはまどろっこしいやり方で割に合わんし、イタチ側にも結構被害あるしでガンバ達を執拗に狙う理由が不明。(リアルタイムで見たのかなり大昔だし理由忘れてるだけかもしれんが)

  • 187ななしのよっしん

    2022/04/03(日) 15:55:28 ID: OunY9wRYq7

    >>186
    ノロイの動機は、アニメの序盤で忠太が推測してた。
    イタチ達に追われてエサの少ない場所まで逃げ込んだのに、さらに襲われて、ノロイは「殺すこと」こそが的だって。
    へ乗り込んだ後にも、ノロイ翻訳して、「まだまだ殺すな、楽しくころそう、薄汚いネズミどもを」と口にしてる。
    総集編見たのは高校生の頃だったけど、何らかの事情や恨みもなく、ただ殺すのが的というのに、衝撃を受けたな。

    自分で裏切らせた相手を殺すってのはよくあるパターンだけど、きちんと解放するあたりが、相手の立場とか遇を全に把握してて、ノロイ凄みを際立たせていると思う。

    あと、最終戦の窮地に陥ったところで、第一話から出ていた歌がカギになるあたりも、いい構成だと思った。上で孤立するあたりもそうだけど、危機的演出と、その打開策がすごいかった。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/24(火) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/24(火) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP