キエフの幽霊単語

ゴーストオブキエフ

1.3千文字の記事
掲示板をみる(92)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

キエフの幽霊(または亡霊)(宇: Привид Києва 露: Призрак Киева 英: Ghost of Kyiv)とは、2022年2月ロシアによるウクライナ侵攻の際に現れたとされるエースパイロットである。

実在性が定かでなく、一種の都市伝説ネットミームとしてられる存在である。

概要

2022年2月24日ロシアウクライナへの侵攻を開始[1]ロシアはあくまでウクライナに対する制権を一日で確保したとしていたものの、実際にはロシア空軍機への少なからぬ損が出ていることが明らかになる。このなかで、ウクライナ空軍MiG-29MU2戦闘機パイロットが開戦した24日に単機でロシア空軍機6機を撃墜した、という噂がウクライナをはじめたSNSで広まり始める。27日にはウクライナ防省が『キエフの幽霊』として知られるパイロットが10機を撃墜したと報告。更にポロシェンコ元ウクライナ大統領が言及するなど、実在する英雄としてウクライナより喧伝された。

しかしその際に使われた画像はロシアの侵攻前からウクライナ空軍ウェブサイト上で使われていた画像であり、ロシア機撃墜のビデオも『Digital Combat Simulator World』によって作成されたフェイクウクライナ防省が転載したものであることが明らかとなる。

結局の所実在そのものは現在でも不明であるが、キエフの幽霊に関しては実在そのものはあまり問題とならず、ある種のプロパガンダ、あるいはロシアに攻められているウクライナへの世界の同情心やウクライナ内での対ロシアの中における英雄がほしいという願望がこの『キエフの幽霊』という存在を作り上げたのではないかというがなされている。

なお、ロシアサイド当然ながらこのキエフの幽霊の実在を否定している。

漫画化

このエピソードモチーフにした漫画同人誌サークル松田重工』より制作され、2022年5月5日コミティア140より頒布された。以降通販でも頒布されている。日本国内で話題になったことが、ウクライナでも話題になり、ウクライナの出版社によりウクライナ語版が出版されている。(英語版制作された)

余談として、同サークルの次作『ドネツクデブ猫』が制作され2022年8月13日コミックマーケット100より頒布されている。

関連商品

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *ロシアはあくまでウクライナによって虐げられていた露住民の保護であるとしている。
この記事を編集する

掲示板

  • 90ななしのよっしん

    2022/12/12(月) 00:49:49 ID: nLWXWOYwJP

    >>89
    そういうこと書き込むのはやめろ

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 91ななしのよっしん

    2022/12/12(月) 00:51:41 ID: WeM7y/NuBb

    >>89はここに書き込む際に表示される文書読んだ?
    表現の自由制限ではありません。
    他者の表現を妨したり、表現する人を萎縮させたり、犯罪、違法行為となる書き込みは禁止されています。
    ヤクザみたいなこと言って脅迫するのは表現の自由ではないよ

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 92ななしのよっしん

    2022/12/13(火) 14:22:19 ID: uE61hjl+XN

    >>89
    作者ってウクライナ政府じゃねーの?

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/02(木) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/02(木) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP