キツネ 単語

1058件

キツネ

1.9千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

キツネ(狐、きつね)とは、ネコイヌ科の動物である。

概要

ネコイヌ科。橙色の毛をしていることが特徴。食性は食に近い雑食

昔からペットとして飼う人もそれなりに存在するが、他のイヌ科の生物べ群れて行動する習慣がないのでなつきにくい。ロシアではキツネをもっと人間になつくようにする研究もすすめられている。

エキノコックス

日本のキツネは寄生虫であるエキノコックスの宿としても有名であるが、駆によって容易に治療・予防ができるため、施設や室内飼いであれば必ずしも感染している訳ではない。むしろエキノコックスイヌネコなどでも野ネズミ捕食すれば感染する事があるため、野生動物に限らず放し飼いのペットにも注意が必要である。

文化

狐

キツネは洋の東西問わず人を化かす頭が良い動物というイメージがある。日本でも古くから生息し日本人文化と関わってきた生き物である。

童話・民話にもよく登場する。人を化かしたり格化(稲荷)されたりする。欧ではイソップのせいか狡賢い動物の代名詞とされるようだ。

また、が細い人間をキツネにたとえて「キツネ」と呼んだりもする。鳴きは「コーン」「コンコン」などと例えられているがみたいに「きゅーん」と鳴く事もある。近年では「こゃーん」という鳴きも広まっている

キツネを由来としたことわざなども多く存在する(例:キツネの入り、キツネにつままれたよう)

昔話などに登場するキツネ

日本昔話などでは、よくタヌキと同様いろいろな姿に変身・化けたりする事ができる存在として登場する。しばしばタヌキライバルとして扱われることもある。

日本古来から、油揚げが大好物という設定を何故か付けられている。油揚げを乗せたうどんを「キツネうどん」と呼ぶのはこれに由来する。

ちなみに「油揚げが好き」という設定の由来は、かつて、害獣を狩る事やその尾を稲穂に見立てて豊として祭ろうと考え、農作物を巣の前に置いて何を好むかを確かめた際に、かが冗談で置いた稲荷寿司だけ食べた跡があった事からなど諸説あるが明確ではない。また昔話では「ねずみてんぷら」が大好物になっているものもある。 そこから仏教の教えの中で殺生と生臭は禁止だから「油揚げ」に代用されていったとする説も有名。

キツネに関係する事柄

ニコニコ動画関連の人物

作品

キャラクター

登場作品のタイトル順に並んでいる。

狐耳の記事も参照。

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP