キテレツ大百科単語

キテレツダイヒャッカ

6.0千文字の記事
掲示板をみる(188)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(20)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

『キテレツ大百科』とは、藤子・F・不二雄の有名作品の一つナリ

概要ナリ

主人公である発明好きの少年キテレツと、発明第一号であるワガハイコロ助の織りなすハートフルコメディナリ
この作品を見るときは、青いタヌキ型ロボットの出てくる作品のことは忘れた方が幸せナリよ。

キテレツよりワガハイの方が、内容よりOPやEDの方が有名だったりと色々と困ったものナリよ…。

原作時代

1974年から1977年にかけて『こども』(現在の『ちゃぐりん』)という雑誌で連載された作品である。この雑誌は農協から出版される雑誌の漫画であり、一般書店では買えない雑誌であったために知名度は小学館などで発表された作品にべて低く、更にこの時期は色んな作品を描いていたこともあって、「藤子・F・不二雄(当時はまだコンビ解消していないので藤子不二雄)の作品の一つ」に過ぎず、連載終了後に小学館から発売されたものの他の作品にべたらやはりマイナーな作品であった。

藤子・F・不二雄が愛した名作作品へ

原作マイナー作品であったものの、この作品を一躍有名にするきっかけを与えたのがアニメ化である。1987年フジテレビ単発で放映し、1988年レギュラー放送の開始となる。

キテレツ大百科のアニメ版は藤子不二雄作品らしくない異端作品である。

まず、制作スタジオぎゃろっぷであり、フジテレビ藤子不二雄作品を放映したのが1963年に『進めシスコン』以来という、非シンエイ制作であり、フジテレビにとっては二十数年振りに藤子不二雄作品を放送することになった。[1]

についても当初はドラえもんに似た(というよりは藤子・F・不二雄作品にありがちな)構図であったが、脚本を務めていた雪室俊一により、声優変更やスタッフ変更などを行い、結果として(良い意味で藤子・F・不二雄らしくない作確立した。「いじめっ子」のブタゴリラが「トラブルメーカー」になったり、「腰巾着」のトンガリが「いじられキャラ」となり、同時期に放映していたドラえもんとは変わった作となった。

また、90年代前半で日曜6時以降に放送していたアニメであるちびまる子ちゃん(90年~92年まで。92年~95年はツヨシしっかりしなさい)、サザエさん、キテレツ大百科は高視聴率を取っていた番組であった。

1990年代 アニメ最高視聴率ベスト10

39.9% 90年10月28日(日) 18:00 フジ  ちびまる子ちゃん(第一期)
36.4% 90年10月28日(日) 18:30 フジ  サザエさん
28.2% 93年07月12日() 19:00 テレ朝 クレヨンしんちゃん
27.5% 94年02月23日() 19:00 フジ  ドラゴンボールZ
26.4% 95年01月08日(日) 18:00 フジ  ちびまる子ちゃん(第二期)
25.7% 94年01月16日(日) 19:00 フジ  キテレツ大百科
24.9% 90年04月17日(火) 19:00 フジ  サザエさん火曜日
24.7% 94年02月12日(土) 18:30 フジ  幽☆遊☆白書
24.3% 90年03月16日() 19:00 テレ朝 ドラえもん
23.7% 94年12月18日(日) 18:00 フジ  ツヨシしっかりしなさい

※ちなみに世界名作劇場は「若物語」で最高視聴率21.8を取っている(90年代の順位だと14位)である。

アニメ放送の同時期である1988年には藤子・F・不二雄監修で子的存在である田中明が小学館コロコロコミックで『新キテレツ大百科』を執筆する。コロ助コロッケ好きなどアニメ版の性格を反映しながら連載した。

1994年に放映終了を考えるも後継の番組が決まらないことから延期を決定する。そこから2年近くの延期で1996年に放映の終了が決定。後番組はこれもまた長寿番組となる『こち亀』であった。1994年に放映予定だった最終回1996年6月に放映し、キテレツ大百科のアニメは終了した。

アニメ版のキテレツ大百科に対して要約であるが、藤子・F・不二雄はべた褒めであり、「アニメの中ではキテレツが一番好き」と述べ、キテレツ大百科の脚本を務めた雪室俊一は「クレームや注文が一切なく、よく長く作ってくれたと(藤子・F・不二雄が)満足していた」と述べ、マイナー作品から(F先生作品らしくない)異端作品となり、最終的にはF先生名作へと登りつめた作品であった。

そして、キテレツ大百科の放映終了後の3か後に藤子・F・不二雄は死去することになる。

2002年にはNHK実写ドラマが放送された。コロ助3DCG製作されたものを合成している。声優は初代キャスト小山茉美が再び担当した。

藤子・F・不二雄名作は各々によって変化するだろうが、ローソン藤子・F・不二雄に関連したフェアを行った時にクリアファイル化したのが、小学館系で初連載した『ドラえもん』、『パーマン』、『エスパー魔美』、『21エモン』(なお全作品アニメ化経験あり)に並んで、初連載はマイナーであったキテレツ大百科がそれらの作品に並んでクリアファイル化となった。この他にF自身の筆でも、連載完結後に描かれたオールスターもののカラーイラストではキテレツやコロ助が登場していることが多くみられた。また、ニコニコ動画においても、不定期的にキテレツ大百科をネタにした動画アップされていることや、近年になっても大百科記事が新規作成されている点も、広く民的に知られていることの明と言える。

アニメ化が大きな要因であるが、キテレツ大百科はF先生の一作品ではなく、“F先生名作”と言えるだろう。

静岡はキテレツの聖地ナリ?

静岡県内にあるテレビ局テレビ静岡」では昔からキテレツを何度も再放送するおかげで静岡在住のアニメファンからはすっかりウザがられてしまってるナリ
「キテレツが終わった!」→「またキテレツかよ!」のコラ画像ネタ絵も作られるわで『静岡アニメはキテレツのみ』というトンデモイメージまで一人歩きしてしまってるナリよ。

一応言っておくと、確かにキテレツは静岡でよく再放送されるナリがキテレツが終わったらまた再放送を繰り返す訳じゃないナリよ。
定期間放送されたら別のアニメこち亀ハイジといったコレまた再放送される確率の高い作品ナリが)を再放送してまたキテレツになるというパターンナリ
ついでにいうと、最近はキテレツの再放送はあまり、というか全くしなくなったナリ
最近(2011~2015年)じゃONEPIECE輩のポジションをとられたナリ
(※そして2015年から夕方アニメ再放送はほとんどされていないナリ。詳しくは「またキテレツじゃねぇか!」の記事を見るナリ。)
それとキテレツの舞台静岡じゃないという事は肝に銘じて欲しいナリよ・・・。

主な登場キャラクターナリ

CVは(特番→本放送)の順で書く。数人いる場合は担当順で書く。(特番)は本放送が始まる前に1987年単発で放送された90分スペシャルす。交代なし(特番・本放送が同じ人)な場合は一人のみ書く。

木手英一(キテレツ)
CV:藤田淑子
主人公小学5年生の少年あだ名はキテレツ。大の発明好きであり、あるときからご先祖・奇斎が書き残した書物「奇大百科」を貰い、神通レンズ大百科秘密を見られることを発見、大百科を見て数多くの発明品を作った。ロボットコロ助はキテレツが「奇大百科」を見て作り上げた第1号の発明品である。漫画主人公としてはしく、勉強ができて発明が得意な理系少年であるが、スポーツ恋愛は苦手。将来は日本のキッチンから包丁くす程の発明になる。キテレツという渾名には誇りを持っており、原作最終回ではになってしまった大百科のことはスッパリ諦め、大百科に頼らず自分自身ので発明品を作っていく事をす所で終わっている。
マンガ版とアニメ版では、サンバイザーなどのデザインが異なるが、藤子・F・不二雄が晩年に手掛けたイラストではアニメ版のKマークの入ったサンバイザーを付けた姿で描かれたものも多い。主人公らしく、メンバーの中ではキャスト交代が一度もいまま最終回を迎えた。
コロ助
CV:小山茉美杉山佳寿子小山茉美NHKドラマ版)→浅野まゆみCM
キテレツが作った最初の発明品。語尾に「ナリ」を付けて喋る。江戸時代に設計されたロボットでありながら、自分の意志で動き、笑い、泣き、ご飯も食べオナラもするという驚異の万ロボットである。原作では斜視アニメ版ではコロッケが大好物という設定になっている。ガキ大将ブタゴリラを苦手としているが、なんだかんだ言って仲は良い。
アニメ版では後期にはキテレツの作った分の豆コロCV:渡辺菜生子山田恭子)や、ライバル女の子ロボット・おちゃっぴいCV:冬馬由美)が登場した。ただし、両者とも数回程のみの登場である。小山の跡を継いだ杉山は、アニメ完結後に藤子・F・不二雄ミュージアム開された『ドラえもん&キテレツ大百科』という短編映画で再びコロ助を演じている。
野々みよ子(みよちゃん)
CV:山本百合子(特番)→荘真由美本多知恵子
キテレツたちのクラスメイト女の子あだ名はみよちゃん。気が強く立ちたがり屋で活発的な少女であり、たびたびキテレツたちのや騒動に首を突っ込む。北海道で一人暮らしをしている、明CV: 難波圭一神谷浩史)という大学生がいる。
女の子だがブタゴリラのことを「熊田くん」や「くん」ではなく、堂々と「ブタゴリラくん」と呼んでいる。
熊田薫ブタゴリラ
CV:大竹宏龍田直樹
キテレツたちのクラスメイトガキ大将あだ名ブタゴリラ。こんなあだ名をつけて怒らないのかとよく言われるが、実はそもそも女っぽい名前で呼ばれるのが嫌で自分から呼ばせている
原作アニメ版初期では他のマンガにも登場するような普通ガキ大将であり、度々コロ助やキテレツをいじめていたが、アニメ版では中期ごろから徐々にギャグキャラへと転向していく。配役変更後は特にほぼキテレツやコロ助という本来の役を食う程の存在感で、アニメではしく主人公系以外での家族設定がキチンとしていることもあって、ブタゴリラ関連のエピソードは多く作られている。本名はアニメ版のみでの設定。
屋「八八」の跡継ぎ息子であり、同じ立場でも気でサボジャイアンとは異なり熱心に八八の仕事をしている。物事を何かと野菜で例えたり(例:そんな曲がったキュウリみたいなことが許せるか!)、妙な言葉の勘違いをしたりとギャグメーカー的な存在であり、その度にキテレツやトンガリにツッコまれている。
桜井妙子(CV:瀬戸由美小山裕香久川綾)というガールフレンドがいる。あだ名は妙ちゃん。元々はキテレツたちのクラスメイトだったが、新潟に引っ越してしまう。転校直前に夏休みブタゴリラ告白し、遠距離恋愛を続けている。
浩二(トンガリ
CV:(特番)→三ツ矢雄二
キテレツたちのクラスメイトあだ名トンガリお金持ちのお坊ちゃんで、いわゆる「スネ夫タイプ」なキャラであるが、スネ夫ほど持ち自慢はしない。
原作ではあまり出番がなく精々ブタゴリラ腰巾着止まりで、話によっては「コンチ」という別の名前になっていたりと扱いは散々であったが、アニメではお金持ちでマザコンな弱キャラとなっている。本名はアニメ版のみの設定。で「トンガリ」はきついだろ…
将来は漫画家志望であり、ブタゴリラモデルに描いた漫画怪人ドテカボチャン」はゲラゲラコミックに入選もした事がある。
五月CV:山崎和佳奈)というガールフレンドがいる。あだ名五月ちゃん。彼女の一座・丸菊之一座の看スターで、ケンカも強くスポーツボーイッシュ女の子。キテレツたちの通う表野小学校へは演のため一かだけ転校してきた。終盤でトンガリと仲良くなる。
勉三勉三さん
CV:肝付兼太
キテレツのの隣に住む浪人生。牛乳瓶の底のようなメガネ学ランという冴えない格好をしている。東北訛りで喋り、中期からは「~ッス」が口癖になる。長らく浪人生であったが、アニメ版では79回でついに高尾大学に合格する。その後は大学生活を送りながらいろいろなバイトをして騒動に巻き込まれる。
上原友紀(原作では君子)(CV:吉田菜緒→遠藤みやこ)という彼女がいる。美人で性格も良く、さらにスチュワーデスとして働いているなど、正直勉三さんにはもったいないような綺麗な人である。
コンチ
CV:上村典子、佐藤智恵(代役)
キテレツたちのクラスメイト
原作アニメ版初期の頃では、ブタゴリラトンガリと共にコロ助いじめる取り巻きとして登場したが、中期以降は数回しか登場していない。原作ではトンガリ名前が混ざっていたりしており、曖昧な設定であった。
CV:肝付兼太(特番)→屋良有作
キテレツのご先祖様。発明であり、安政六年(1859年)にリリエンタールやライト兄弟よりも先に人力飛行機でを飛んだ。しかし数多くの不思議な発明は当時の世間では理解されず、安を乱すものとして捕えられに入れられてしまう。その中で自らの発明品を書き記し遺したのが「奇大百科」である。アニメ版では最終回でキテレツたちと出会い、コロ助は…
佐々木先生
CV:佐藤正治(特番)→平野正人
キテレツたちのクラスの5年1組の担任。やや中年太りで、眼鏡をかけた優しい先生原作にも出演している。
アニメでは若いさんと幼い息子がいる。
ベン
CV:大竹宏(初期)→不明
どことなく『チンプイ』のワンダユウに似ている。かつては暴力ふるう飼い苛められており、野良になった後、勉三さんで飼われることになった。
子犬の頃、人気アイドル白樺エリナに「ドンキー」という名前で一日だけ飼われていたことがあり、事再会を果たしたり、「名ベン」としてテレビ紹介されたりと、ただの野良の割には何かと出番が多い。

関連動画ナリ

関連商品ナリ

関連項目ナリ

外部リンクナリ

脚注

  1. *藤子不二雄作品の制作は当初はスタジオゼロ東京ムービーで後にシンエイ動画が多かった。更に藤子不二雄作品の初放映のアニメは『進めシスコン』を放映したフジテレビだが、手痛い失敗もあってかTBS日本テレビテレビ朝日流であった。ちなみにキテレツ以後はNHKテレビ東京でも藤子不二雄作品を放映することになった。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/05(水) 05:00

ほめられた記事

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP