キハ31形単語

キハサンジュウイチガタ

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

キハ31形とは、国鉄JR九州1986年から1988年にかけて製造した一般気動車である。

概要

国鉄末期国鉄分割民営化は決定的となったため、民営化後に経営難が予想される三島北海道四国九州)用気動車として、キハ54形が開発された。

しかし、九州地区は急勾配の路線が多いため、車両の長さを短くする、エンジンは1基搭載とすることで軽量化を図り、パワーウェイトレシオ(重量当たりの出)を多く取る設計変更が行われた。これがキハ31形である。

四国向けのキハ54形0番台と同様に、ステンレス体、発生品を流用した台車・液体変速機・ブレーキ装置、バス用の冷房装置・折り戸を備える。

ただ、キハ54形と異なるのは、前述の通り軽量化のために、車両長が約17mと短く(キハ54形は約21m)、エンジンを1基しか搭載していない。ワンマン運転にも対応出来るようにと、運転室は半室構造となっており、乗務員は側面に1つしかない。また、も1段下降式であり、座席配置に合わせるため、割りが細かくなっている。

座席は0系新幹線電車の転換クロスシートを流用し、2+1列に配置している。しかし、流用とは言えども、キハ58系キハ40系などの従来のボックスシートにべると居住性は向上している。JR九州が新製した車両は、新の座席を装備している。また、トイレが設置されていないため、若松線三角線など短距離の路線での運用や、長距離の路線にはキハ40系連結することが多かった。

塗装水色のテープを2本巻いている。

国鉄時代の1986年から1987年に20両(1 - 20)、JR化後の1988年に3両(21 - 23)、合計で23両が製造された。うち1両(20)は2004年くま川鉄道に譲渡され、塗装変更のうえKT-31形として運用されていたが、2013年に運用を離脱し、となった。

また、2017年ダイヤ正以降、BEC819系の導入などによりJR九州内の気動車の運用が大きく変更された。2018年3月には23両中15両がとなり、残る8両も2019年3月正で定期運行が終了。2019年3月23日原田線での団体列車を最後に、キハ31形の全ての営業運転が終了した。

配置と運用

2019年ダイヤ正で全車両の営業運転が終了した。その後小倉総合車両センター回送され、どがとなっている。

2019年3月までの運用

2017年3月までの運用

関連動画

関連コミュニティ

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/27(火) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/27(火) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP