今注目のニュース
「UCC ミルクコーヒー」がポケモンとコラボ、「ソード・シールド」の新キャラ「サルノリ」「ヒバニー」「メッソン」がピカチュウと共演
セブンに「シャトレーゼアイス」再び。 100円って最高かよ!
新木優子“前髪ぱっつん”に反響

キハ40系単語

キハヨンジュッケイ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(37)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

キハ40系とは、日本国有鉄道国鉄)が作った気動車である。

概要

現在でも全JRローカル線で多く活躍している気動車である。
北はJR北海道から南はJR九州まで、JR東海以外のJR客全社が保有している稀有な形式でもある。JR東海で全となった2016年3月まではJR客全社が保有していた。
キハ40を中心に以下の生形式がある。

それぞれに極寒地(北海道)向け、寒冷地向け、暖地向けで番台区分されている。エンジンは元々220psのものが1基付いていたが、あまりにも非力であるために本州以南の大部分、および北海道所属の一部がエンジンを交換されている。

登場時、首都圏色と呼ばれる朱一色(別名タラコ色)の塗装だったが、JRになってから地区ごとにオリジナル色に塗られるようになった。また、最近はもとの朱一色に塗り戻される車両も出てきている。

一方、最近では元に戻せる先輩車両たちがすっかりされちゃったために、なぜか過去塗装されたことのない朱とクリーム色の国鉄一般色に塗装された車両が、JR東海紀勢本線JR東日本烏山線にそれぞれ登場している。

そもそもこのキハ40系は、1977年にそれまでの一般形気動車であったキハ17などのキハ10系の老朽置き換えのために誕生した。体は、以前に近郊形気動車として誕生していたキハ23系のデザインコンセプトキハ66系の構造を元に部品共通化を図りつつの設計となった。エンジンは、戦前の基本設計ながら標準化による機器統一のメリットを優先して作られ続けてきた180DMH17エンジンに代わり、DMF15系エンジンが採用された。これは、キハ181系などに採用されたDML30系エンジン行して開発されたものの、一旦走行用エンジンとしてはボツとなり、そのキハ181系の冷暖房発電用として日陰者暮らしをしていたエンジンである。
180から220となったことにより、従来より走行性は向上するはずであった。しかし、当時は国鉄赤字による末期状態であり、上層部と現場の労使関係も最悪の状況にあった。そのような中で、性向上や効率上昇よりもひたすら安全性と現場での運用・保守・整備の利便性が追求されてしまい、必要以上に大ぶりで重厚な体となってしまった。こうして、従来の形式にべて接客面でいくばくかの善は見られたものの、性的には大して進歩せず、当時の国鉄ローカル線自動車バスといったライバルに劣る状況を覆すことが出来なかった。これが、JR化後に下記のような大きな改造の流行に繋がっていくのである。

改造

デッキ付き、非冷房、低出エンジンなどといった問題を抱えていたため、エンジンは先に述べたように交換、冷房もインバータクーラーからバスクーラーなどで設置された。しかし寒冷地には未だ非冷房の車両も一部残っている。

ワンマン運転を行うためにデッキの撤去、電表示機、ワンマン表示、半自動ドアボタン設置などが行われた車両も多い。JR西日本では、103系のN40体質善のような体質善工事が行われており、樋などが交換、撤去されている。JR東日本でも、座席の3列化あるいはロングシート化、貫通路の拡大などの改造を一部の車両に行っている。

第三セクター路線の会津鉄道に譲渡され、展望改造された変り種もいる(AT-401形)。

キハ47を両運化したキハ41(西)、キハ40急行用に改造したキハ400(北、大半が再改造され、お座敷の3両のみ残存)、エンジン換装による番を行ったキハ140147(九)などといった番を含む大改造も行われている。

リゾートトレインジョイフルトレイン)の種として改造された車両も少なからずあり、キハ58系の10年ほど前の姿(急行用とローカル普通列車用での差はあるものの)を思い出すファンも多分いるであろう。後15年程したら今のキハ58のような残存率に・・・ガクブル

今や重な国鉄。後悔しないよう、興味があるなら今のうちに、マナーを守り「乗って」「撮って」おこう!

ニコニコ動画に記事のある改造車一覧

改造車両が使用される列車名にリンクしている。

廃車

JR北海道で、急行用に改造されたキハ400(4両)、JR九州において濁流に流されてしまった車両(2両)などの特殊な例、事故以外にJR東日本JR西日本キハ48)、JR四国キハ47)などのその会社にとって使い勝手の悪い車両が発生している。

JR東海ではキハ25形への置き換えによってが進行し、2016年3月26日ダイヤ正をもって全車両引退した。これによってJR東海から国鉄気動車が消滅した。

2018年現在では、いよいよ北海道と東日本でも本格的な置き換えのために新電気ハイブリッドディーゼルカーが誕生しつつあり、消滅へのカウントダウンが始まっている。

関連動画

キハ40系を解説した動画

JR北海道所属車(第三セクター化後も含む)

一般型

改造車

JR東日本所属車

一般型

改造車

JR東海所属車(全車引退)

JR東海所属時

海外譲渡

JR西日本所属車

一般型

改造車

JR四国所属車

一般型

改造車

JR九州所属車

一般型

改造車

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/11/20(水) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/20(水) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP