今注目のニュース
「コンビニコーヒー」多くで注いだ男性、なんで立件されないの?
南魚沼市の医療施設の建物内にクマが侵入、警察と市がバリケードを張って捕獲へ
“空飛ぶ缶切り”の異名を持つドイツ空軍の戦闘機をプラモ化!

キハ66系単語

キハロクジュウロクケイ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

キハ66系とは、旧国鉄が開発・製造し、JR九州に継承された気動車である。

概要

キハ66とキハ67で2両1ユニットとして運用され、基本的にこれを分けて使うことはない。(ただしこのユニットの外側に、他の気動車連結して運用することはよくあった。)
本系列は、新幹線小倉博多開業に合わせ、北九州地方筑豊地区を結ぶために、それまでの硬直化した設計思想から一歩踏み出して、新しく製造された近郊気動車である。

このような新車両が当時九州に投入されるのはしいことだった。
当時の国鉄九州地区はよそから中古が流れてくる線区であり、鉄道雑誌にまで車両墓場いっき直球書かれるような場所だったからだ。
今で言う國鐵廣島か、あるいはそれ以上か。

性能

大出の12気筒440DML30HSHエンジンを採用、内には冷房が最初から標準装備され、新幹線で使われた転換クロスシートドア付近はロングシート)を配置した。このため当時は急行並みの近郊気動車とまで呼ばれた。
加速性も冷房の効きも、シートも良かったのだが、エンジンを回したときの音と振動はすさまじく、床が共鳴してバリバリバリという音を立て、子供が精いっぱいの大を出しても母親との会話が成立しない、という環境であった。

とはいえ、性を買われて筑豊地区と大分地区を結ぶ急行や、筑豊本線から鹿児島本線経由の快速に使われるなど、十分に恵まれた処遇だったといえる。一部列車鹿児島本線の門港はもとより、山陽本線の下関まで進出した。

本形式で使われた新機軸のうち、転換クロスシート117系へ、体構造や前面形状はキハ40系に受け継がれている。

生まれ変わったキハ66系

JR九州発足後しばらくの間、キハ66系は民営化前におこなっていた最適化工事の仕様のままで走り続けた。44030000CCとも呼ばれる荒物エンジンは交換せず、ラジエーターの効率ダウンを補うポンプを屋根に据え付けた。そのぶん、ラジエーターとともに屋根を這う配管・パイプ・ポンプがいびつで、まるで怪物じみた威容を誇っていた。

しかし21世紀になると、エンジン新潟原動機製のDMF13HZAに、液体変速機は新潟コンバータ製のDW14Hに取り換え、新世代気動車に足を並べられる性と防音性を手に入れ、屋根スッキリとしたフォルムになった。実際は20パワーダウンだったが、排気量・燃費・重量などが大きく善して結果的に総合性アップしている。最高速95キロは変わらず、カタログ上の性こそ変化はなかったが、価はカタログだけで図れるものではあるまい。(DML30系エンジンはその高出故のトラブルも多く、予燃焼室式エンジンであったため場のエンジンのかかりが非常に悪かった、というか場ですらよくはなかった)

しかし時すでに筑豊本線の電化に至り、慣れ親しんだ筑豊本線を全編成が追われてしまう。以来本系列は大村線長崎本線に移動、快速シーサイドライナー普通列車に使われ、現在も活躍を続けている。

その後第10編成が台車の換装を行い番が110となっている。

現況

平成27年12月現在,14編成28両が現役活躍中である.第4編成はされた.

なお,活躍中の28両のうち2編成4両(第1・10編成)が国鉄急行色で,1編成2両(第12編成)がハウステンボスカラーに塗色変換されている.

沿線の皆様、この車両をどうかよろしくおねがいします。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/09(月) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/09(月) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP