キム・ヨナ単語

キムヨナ

2.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

キム・ヨナとは、韓国女子フィギュアスケート選手である。

2010年バンクバー五輪メダリスト2014年ソチ五輪メダリスト

概要

2014年現在フリースケーティング・総合得点ISU公式大会女子シングル歴代最高得点を持つ。[1]

過去マスコミにおける評価は「妖艶な表現」であったが、それは誤りでありむしろ「技術」こそが彼女の強さであり魅であるとするもある。(exit)とりわけバンクバー五輪シーズンからプログラムに取り入れた「3lz-3T[2]」という難易度の高いコンビネーションジャンプの確実性と高い質は彼女の最大の武器である。

日本においてキム・ヨナの存在が知られるようになったのは、2005-2006シーズンジュニア世界選手権がきっかけと言える。トリノ五輪直後に行われたこの大会でキム・ヨナが優勝。同大会には前年の同大会優勝者である浅田真央も出場していたが、ミス2位となった。日本国内での関心が非常に高い浅田に同年のライバル出現ということで、2人の対決ムードを煽る報道が過熱していくことになる。

慈善活動として2010年7月からユニセフ大使を務めている。東日本大震災の際には2011年モスクワ世界選手権で得た賞ユニセフを通じて全額寄付した。また、2013年ロンドン世界選手権で優勝した際にも障害支援のため同様に獲得賞を寄付している。 

妨害発言問題

2009年世界選手権直前、韓国SBSが「日本の選手が、公式練習中に練習を妨した」とする番組を放送したことが大きく問題になった。

実際にキム・ヨナ自身が発言したのは以下のとおり。

「特に今回の4大陸大会では少しひどいという印を受けた。そこまでしなければいけないのか思うことが多かった。しかしそれに負けたくないし、それに負ければ競技にも少し支障が出るかもしれないので、対処方法を考えている」

ソース:(中央日報exit) (SBSexit

この発言に「日本人選手によって妨された」とするナレーションなどを付け加えたことを韓国SBS自身が認めている。

しかし日本国内ではキム・ヨナがそう発言したという誤解が広まってしまい、一部スケートファンの間でキム・ヨナへのバッシングが起きる事態となった。(妨発言への抗議を要請する電話スケート連盟の業務に支障をきたす事態になった、キム・ヨナを別対抗戦EXに招待すべきでないという抗議活動が行われた、などの報道がなされている)

※参考リンク → 金妍児による練習妨害発言(wikipedia)exit

バンクーバーオリンピック、同年世界選手権に関して

初参加の五輪であるバンクバー五輪にて、韓国初の女子フィギュアスケートメダリストとなった。

本人は五輪引退する予定だったが、五輪直前に行われた韓国開催の四大陸選手権を欠場したことが原因で2010年リノ世界選手権へ出場させられることとなる。SPではジャンプだけでなくスピンやスパイラルでも大きなミスをし、7位に沈む。翌日のFSミスはあったもののFS1位、総合で2位の結果となった。

この際、転倒などで大きく精細を欠いたキムヨナが、会心の演技をしたように見えた[3]浅田真央よりも、高い得点を得てFS1位となったため、メディアなどから疑問のが大きく上がった。

バンクーバー五輪以降

コーチであったブライアン・オーサーが契約を切られたと発表し、一悶着の末に決別。
その後、ミシェル・クワン戚であるピーター・オペガードに1年間師事。
グランプリシリーズ韓国選手権には出場せず、世界選手権のみ出場。
2011年世界選手権で銀メダルを獲得した後、休養期間に入った。

2012年IOC選手委員になるためにソチ五輪出場をし、競技に復帰。
拠点を韓国内に置くため、ノービス時に導を受けた韓国人コーチに再度師事した。
NRW杯優勝ロンドン世界選手権優勝

2013年GPSへの出場を予定していたが怪のため欠場。

2014年、2度五輪となるソチ五輪銀メダルを獲得。
競技終了後はめて引退を表明し、エキシビション後に引退した。同年5月引退ショーを行っている。

ソチ五輪銀メダル騒動

ソチ五輪において、FSで3連続ジャンプミスのあったソトニコワに対しキム・ヨナがノーミスであったことや、ソトニコワのPCSが彼女のそれまでのスコアべて高い点であったことなどから、韓国のみならず欧メディア解説者の一部からもキム・ヨナが金メダルであるべきだったとするが上がった。

とりわけ韓国内からの不満のは強く、IOC抗議する署名活動などが行われた。
それに留まらず、ソトニコワのフェイスブックへの大量の抗議嫌がらせコラージュ写真殺害予告などの荒らし行為なども見られた。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *ただし、ルール正などが考慮されていない記録であるため、一概に較できるものではない。
  2. *3Lz = トリプルルッツ」、「3T = トリプルトウループ」
  3. *実際には、分かりにくいが点数上大きなミスがあった。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/01(金) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/01(金) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP