キャプテン翼2単語

キャプテンツバサツー

  • 4
  • 0
掲示板をみる(67)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

キャプテン翼Vol. スーパーストライカー(キャプテン翼2)とは、テクモ株式会社から1990年に発売されたファミリーコンピューター専用ゲームである。

924

概要

週刊少年ジャンプに連載されていたキャプテン翼原作としたゲーム

原作Jrユース以降をこの作品に繋げて『正史』と呼ぶケースが多いほど、キャラゲーとしては他に類を見ない長くされてるゲームである。

ストーリー

原作Jrユース編後のテクモオリジナルストーリーとなっており、主人公である大はサンパウロで活躍する。

ドライブシュートを研究され新たな必殺シュートの開発に取り組んだり、彼に負けじとライバルもさらに強シュートを引っさげて登場するなど各キャラクターの見せ場は多い。

漫画原作なだけに実際のサッカーと照らし合わせてはいけない。

システム

この作品が評価される大きな点はコマンド方式にある。ファミコンという制約の大きなハードながら、リアルタイム概念を減らし、原作の魅の一つである必殺シュートや必殺スライディングなどを損なうことなく再現させている。あまりゲームに慣れていないプレイヤーにもわかりやすく、素晴らしいシステムとして多くのゲーマーはこのゲームソフトを評価している。

故意に選手を吹き飛ばしたり、実際にはレッドカードとなるプレイングが随所に見える。ボールの勢いが強いとカットに入った選手が吹っ飛ばされる事など、この世界では日常茶飯事であるので驚いてはいけない。ファウルはあるが、退場はない。オフサイドもない。

また、キーパーがシュートを止められなかった場合に、たまにゴールポストにあたって危機を回避できることがある(通称・SGGPスーパーグレートゴールポストの略)。森崎有三レナートを使ってる時はSGGPに助けられるケースが多々ある。SGGPは、カットインが入っただけで、どんなシュートも必ず防ぐことができる。後のシリーズでも受け継がれている。

前作同様、レベル概念を設けており、ステータスの低い選手も選手並みに活躍させることもできる。レベルを上げれば、普通シュート必殺技並の威をもつようになるし、キーパーのキャッチングも成功しやすくなる。

試合開始前にボタンを押さずに待機していると、実況アナウンサーが勝手に関係のないことを喋りだす。なお、このシステムは後にダービースタリオンに影を与えている。

バグ?

試合中、画面下に意味不明文字が出てしまう。原因は不明だが、文字列の中でも「タチトナ」は有名だろう。

ストーリー上、タチトナという名前のキャラクターは登場しない。

キャラクター

原作のキャラクター

前作に引き続き、大日向小次郎などワールドJrユース編でおなじみの選手が登場。

オリジナルキャラクター

原作には登場しないゲームオリジナルキャラクターが登場する。片桐である片桐陽子や、ゲーム中でスーパーストライカーと称されたコインブラなどがそれにあたる。

他にもサンパウロバビントンやコリンチャンスのサトルステギサントスザガロなどストーリーには絡まないが、基本の高さや独特の必殺シュートなどもあり、彼らのフィールドにおける存在感原作キャラクターと遜色ないほどの個性を放っている。地を這うドトールや宙を舞うアマラウ、ローマ(ランピオン)などの異名をもつキャラも多い。

カルロス・サンターナは後に原作の方でもサンターナとして登場を果たす一方、コインブラは後に作者高橋陽一氏が描いたワールドユース編において、ほぼ同じ状況でナトゥレーザが登場した際に「そこはコインブラだろ!」と叫ぶ者が現れるなど、ファンの間で結構根付いていたキャラである。同じように、キーパーマシンと言われるゲルティス原作に対になるサリナスというキャラが登場する。

ちなみに、コインブラジーコの本名である。

大百科記事のあるオリジナルキャラクター

オリジナルキャラクターの必殺技

彼らも必殺技を所有してる場合があり、サイドワインダーカペロマン)やダブルイール(ザガロ)、ローリングキャッチ(ジャイッチ)、高速ドリブル(イスラス)などといった、これまた個性あふれる必殺技を繰り出してくる。

特にザガロ必殺技ダブルイール』に関してのロベルト本郷の言葉で「ちなみに イールとは うなぎのことだ。カバヤキにすると うまいぞ。」はシリーズ至上屈の迷セリフである。少しは緊感を持てロベルト

音楽

後にときめきメモリアルシリーズの監修を務めることとなるメタルユーキ氏が担当。

どの楽曲も場の雰囲気を良く再現し、リズミカルなサウンドで臨場感あふれる楽曲となっており、 20年近く経った今でもアレンジ楽曲が出回るほどの人気を誇る。

隠しコマンドサウンドテストが内蔵されているなど、音楽に関してある程度の自信が伺える。

また、シリーズ通して曲のつながりを非常に大事にしており、リオカップの敵の曲や西ドイツテーマなどは前作の曲のアレンジといったケースもある。 なお、西ドイツテーマは初代>II>次回作のIIIと2回もアレンジがなされている。

関連動画

必殺技集


BGM集


プレイ動画

実況プレイ動画

MAD・Flash

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 65ななしのよっしん

    2020/10/21(水) 10:29:28 ID: /S66vj7hrU

    西ドイツアレンジは一応にもある
    同作の過去アレンジの中では一、二を争うほど酷い出来だが……

  • 66ななしのよっしん

    2020/10/31(土) 21:02:16 ID: AsdiKZXhcv

    RONCに「よし、みんな聞け」が受け継がれてて感動した

  • 67ななしのよっしん

    2021/01/31(日) 12:03:08 ID: ghAdcAVFaM

    個人の中で正史扱いするのは別に良いんだけど
    テクモ版2、3の記事って原作WY編以降をくためにストーリー褒めてるのが多すぎるのが気になる

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/17(土) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/17(土) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP