キャリー 単語

120件

キャリー

1.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

キャリーとは、

  1. スティーヴン・キングデビュー小説。Carrie。また、その登場人物"キャリエッタ・ホワイト"の称。
  2. 1.の映画版。1976年版と2013年版がある。
  3. 運送、運搬を示す単。Carry。
  4. スズキトラック
  5. 日本モデルきゃりーぱみゅぱみゅ(Kyari Pamyu Pamyu)の略称
  6. 槍騎兵キャリーブラウザゲーム千年戦争アイギス』の登場キャラクター

本項では2.の、1976年版について記述する。

概要

シャイニング』『ミザリー』などのホラー小説で著名なキング処女作で、代表作でもある作品の映画版。
原作小説が刊行されたのは、1974年で、僅か2年弱で映画化され、大ヒット記録した。
後に『スタンド・バイ・ミー』という青春小説も手がけるキングだが、このデビュー作では、一見青春物語のような様相を示しながらも、最後はサイコスリラー的な要素が出てくるという、どんでん返しが待っているという展開だった。 

映画版の監督は、これまたホラー映画で数々の成功を収めたブライアン・デ・パルマ
この映画の成功で、彼もまた世界的に名が売れる名監督の一員となった。
演でキャリー役を演じたシシー・スペイセク、マーガレット役のパイパーローリーはこの作品の演技が高く評価され、アカデミー賞にノミネートもされている。 

ストーリーは共通して、超能力を持った少女キャリーが母親虐待クラスメイトのいじめによって精的に不安定な状態へと追い込まれ、プロム(アメリカ文化圏で高3に開かれるダンスパーティ)でのある出来事をきっかけに、阿鼻叫喚恐怖のどん底へと叩き落されるというもの。

何も知らない観客がこの映画を単なる青春映画と勘違いして入って、映画の最後でその恐怖のスプラッタ描写に衝撃を受けて劇場絶叫で溢れかえった、という当時の逸話も残っている(ちなみに、ここ書いた人のおかーちゃんもその被害者の一人である)。

1999年には続編、2013年にはリメイク(リブート)が開されたが、どちらも76年版ほどの評価、ヒットには至らなかった。
このほか、アメリカでは1998年にブロードウェイミュージカルが上演、2002年テレビ映画版も放映された。

ストーリー

舞台メイン州チェンバレン
ユーイン・エレメンタリー・スクール映画版はベイツハイスクール)に通う少女、キャリーことキャリエッタ・ホワイト
彼女の幼い頃に死亡し、狂信的なマーガレットからは虐待まがいの教育を受けている。年頃の少女らしい事を一切許されず、暗い性格でいつもおどおどしているキャリーは、学校でもいじめの対になっていた。
その一方でキャリーは、感情が昂るとには見えない念動──テレキネシスを発現する体質だった。3歳の時にはに石のを降らせ、自分を馬鹿にした少年自転車事故に合わせた。稀に発現するこのは、後に悲劇をもたらす。

体育の授業の後にシャワーを浴びていたキャリーは、初潮を経験する。性教育を受けていなかった彼女パニックに陥り、それをクラスメートのクリス達がはやしたてるが、担任教師のデジャルダンによって止められた。
クリス達は罰としてプロムに出席できなくなってしまった為、キャリーを逆恨みする。一方、一緒にはやしたてたスーザンは反省し、幼馴染女子からの人気が高いトミーに相談。キャリーをプロムにエスコートするようにお願いした。

マーガレットはキャリーを「汚れた」と罵倒し、プロムに行くことを禁止する。しかしキャリーは生まれて初めてに反抗し、自作ドレスを身にい、希望と不安が入り混じった気持ちでプロムへと向かう。トミーもまた、開しつつあったキャリーが持つ魅に惹かれてゆく。
一方、クリスボーイフレンドビリーは、彼女を笑いものにする為におぞましい計画を立てる。養豚場から盗んだの血を入れたバケツステージの上に設置し、ベストカップルに選ばれて幸せの絶頂にあるキャリーが登壇した所に投げ落とし、彼女を血まみれにしたのだ。
呆然とするキャリーは、居並ぶ生徒ばかりか先生までもが嘲笑していると錯覚し、恐怖絶望憤怒から恐るべき覚醒を果たす。

死者409名、行方不明者49名を数えた「チェンバレン事件」──恐怖の惨劇の幕が上がった。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP