今注目のニュース
シュール? かわいい? ブロッコリーのLINEスタンプが発売され話題に
城田優が新幹線で遭遇した意外な人物とは 「終始難しそうな本を読んで…」
あす夕方~火曜の昼前 関東甲信 大雪への備えを!!

キヤノン・EOS単語

キャノンイオス

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

キヤノン・EOS(イオス)とは、キヤノンが販売する一眼レフブランドである。

概要

キヤノン1971年に発売したプロ向け一眼レフF-1」より、スピゴット式のFDマウントを採用していたが、1985年ミノルタが発売したAF一眼レフカメラα-7000」に対抗するため、バヨネット式でオートフォーカスに対応できるEFマウントを開発、1987年EOS650を発売した。
FDマウントとの互換性が失われた代わりに、コンピューターによる先進的な制御を行いやすくなったことで、AFやAEの制御をレンズ側で行い、ボディとは電気信号でのみ駆動させる構造を実現した。
これに併せて、超音波モーターによるAF駆動、手ぶれ補正機AEを内蔵したシフトレンズ大口径ながらもスムーズなAFを実現したレンズ視線AF機などを搭載し、先進性を売りにして一眼レフシェアを築くようになった。

また、プロ向けのフラグシップとして1989年EOS-1を発売、暗い場所でも機する高速AFを搭載することで、プロカメラマンの使用に耐えられるほどのAF性を発揮し、彼らの信頼を得るようになった。

1990年代に入ると、コダックと共同でデジタル一眼レフの開発を開始、1995年EOS-1NをベースにしたEOS DCS3 / DCS1を発売、その後1998年にはEOS D2000 / D6000を出すが、いずれも100万円をえるカメラであった。
一方でエントリーモデルとして1993年EOS kissが登場、軽量小で使いやすさを考慮したカメラファミリー層に浸透していく。

2000年になると、従来のモデルよりも大幅に小化されたデジタル一眼レフ、EOS D30が発売された。価格も30万円台と大幅に抑えられた。このカメラより全に自社開発にシフトされた。
またこのモデルより、イメージセンサーを自社開発のCMOSセンサーを搭載、CCDにべてノイズが出やすい弱点をして見せた。
翌年にはEOS-1Dを発売。ライバルであったニコンD1よりも高解像度かつ高速連写を実現し、報道スポーツでのデジタル化を一気に加速させた(ただし初代ではCCDセンサーを採用)。

2003年には、EOS kiss Digitalを発売。他社が20万円前後の価格で販売していたのに対し、レンズキットで14万円で販売し、大ヒットを記録した。このモデルによって、キヤノンデジタル一眼レフでもトップシェアを築くこととなった。
しかし一方で、フィルム時代のような先進機を搭載することは少なく、むしろ技術面で他社に後れをとるようになった。

デジタル一眼レフにおいてはAPS-Cサイズイメージセンサーが一般的であったが、2002年1100万画素の35mmフィルムサイズCMOSセンサーを搭載したEOS-1Dsを発売し、他社に先駆けた。
しばらくはコマーシャルフォト向けとして100万円近い値段で売られていたが、2005年ハイアマチュア向けのEOS 5Dを発売、価格を40万円以下に抑えることに成功した。
2012年には、高速連写に対応できるEOS-1DX、EOS 5D Mark IIIを発売、さらに20万円前後にまで価格を下げたEOS 6Dを発売し、フルサイズへのシフトを垣間見せるほどになった。 

一方でミラーレス機への参入においても後れをとっていたが、2012年にEFマウントとの互換性を考慮したミラーレス機、EOS Mを発売した。

互換性

上記にあるように、EOSシリーズ以前のFDマウントとの互換性はなく、アダプターも存在しない。

一方でAPS-Cサイズ向けにEF-Sレンズラインナップしているが、後玉が出っった構造になっているため、フィルムEOSフルサイズセンサー搭載のデジタルEOSには物理的に装着できない。
ただし、EOS D30 / D60 / 10D / 初代kiss Digitalでも装着できないため、注意が必要。 

主なラインナップ

2013年8月現在

関連動画

キヤノン・eosに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

キヤノン・eosに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

キヤノン・eosに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2020/01/26(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/26(日) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP