キョンシー単語

キョンシー

2.2千文字の記事
掲示板をみる(92)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

キョンシー(殭屍)とは、中国妖怪の一種である。

これは広東語読みで、普通話では「チャンスー」になる。

概要

西洋でいうゾンビ吸血鬼を足したような妖怪

中国では死んだ人を埋葬せず室内に置いていると、中に動き出して人を驚かせるとされた。この死後硬直により死体が動く現を、「死んだ人間った」と恐れた結果生まれたのがキョンシーである。
キョンシーは死んでいるにも関わらず腐敗せず、人間を襲って血を吸うとされた。更に長く生きた(死んでるけど)キョンシーはより強い妖怪飛僵」となり、名の通りを飛び神通を振るうという。

中国南省では、出稼ぎ先で死んだ労働者の遺体を故郷に運ぶため、士が呪術を用いて歩かせたという伝承がある。これは「趕屍(かんし)」と呼ばれ、は死んでいるがになると起き上がり、先導する士についていくのだという。
死後硬直し、両手を前に突き出してぴょんぴょんと跳ねるように前に進む姿は、後世の創作においてインパクトあるビジュアルとなっている。

なお、この死後硬直は時間が経過していくとともに解けていき、やがては歩いたり走れるようになる。生前に武術を心得ていたキョンシーは、技を繰り出して攻撃してくるようになるという。

清代に書かれた怪奇小説聊斎志異』『子不』『閲微堂筆記』にもキョンシーの話があり、広く人口に膾していたと思われる。
また西遊記に登場する夫人(精)は強なキョンシーで、白虎嶺において三度に渡り三蔵法師一行に襲いかかった。二度までは偽の死体を残して逃げたが最終的に孫悟空により打ち殺され、本性である人の姿を露わにした。ところが三蔵法師は悟空が人を殺めたと思い込み破門を言い渡し、怒った悟空が一行から離脱する事態になってしまう。

特徴

  • 夜行性で、になると生き血を吸うために人を襲う。吸わ(噛ま)れたものもキョンシーになる。
  • 西洋のゾンビ同様、日光に当たると溶ける。
  • 死体のくせには伸び、生きているときより鼻が敏感。ただし、は見えない。
  • バイオハザード」のゾンビとは異なり、弾はあまり利かない。
  • 子供童貞)の小便い雌の血、もち米(蒸す前のもの)をかけると効果は抜群。
  • の木や清めた銭でつくったでもダメージを与えられる。
  • ある程度の修行を積んだ士であれば、額に護符を貼ればある程度は操作ができる。
  • 自分の額に札を貼れば同士(キョンシー)と思われる。

キョンシーブーム

1980年代後半に作られた映画霊幻道士」(香港制作)および亜流である「」(台湾制作)が大ヒットする。
恐ろしいが何処かコミカルなキョンシーを軸に据えたアクションあり笑いありの内容は日本でもおおいに受け、キョンシーブームが沸き起こった。
ひらけ!ポンキッキ」(フジテレビ)ではこの人気に便乗した「うわさのキョンシーたいそう」(通称:キョンシーダンス)が歌われ、キョンシー人気をつけたTBSが「士」シリーズキャラクターや設定を流用して日本向けのみに作らせたテレビドラマ「来来!キョンシーズ」製作させた。

士」シリーズヒロインテンテンシャドウリュウ)はそのらしさから人気を集め、本来はこの作品の中での役名であった「テンテン」を芸名として日本でも活動するきっかけとなった。途中休業期間もあるものの、現在でもシャドウリュウ名義で活動している。

2013年映画キョンシー/Rigor Mortis」(原題:殭屍)が開。監督ジュノマックがつとめ、プロデューサーに『呪怨シリーズ清水崇を迎え、コメディの趣が強かった『霊幻道士』を一転、ダークホラーとしてリブート(監督く「リビジット(再訪)」)している。
サンコー役のチン・シュウホウを始めとしてシリーズに登場した俳優が多く登場。『霊幻道士』の挿入歌『』が主題歌になるなど、原作へのオマージュリスペクトが随所に見られている。
なおモンチョイ役をつとめたリッキー・ホイにもオファーがあったが、撮前に心臓発作で急逝、実現はかなわなかった。

その他の創作

日本において知られるキョンシーと言えば『ヴァンパイアシリーズに登場するレイレイがいる。
元は人間で、強術を使う士だったが、命と引き換えに魔物を倒したをよみがえらせる為、リンリンと協して禁術「異形転身の術」を使用。自らをキョンシーに変えて戦う。

東方Project』第13弾『東方神霊廟』に登場する宮古芳香もキョンシーである。
Stage3のボスとして登場。邪仙の霍青娥によってらされた元人間だが、が腐っている為にだいぶあーぱーな性格となっている。

熊倉敏の『ネクログ』は近代中国舞台にした、キョンシーバトルアクション漫画である。
大の妖怪好きで知られる作者趣味と知識全開となっており、正統派妖怪ものとして評価が高い。

女神転生シリーズに登場する妖トケビ(独脚/トッケビ)は、を身にったキョンシーデザインである。これは元は朝鮮半島に伝来する妖怪で、本来はイタズラ好きのとして伝わっていた。

関連動画

関連生放送

関連商品

関連項目

外部リンク

キョンシー(Wikipedia)exit
キョンシー道exit

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/02(金) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/02(金) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP