キルバーン単語

キルバーン

  • 7
  • 0
掲示板をみる(180)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

キルバーンとは、「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の登場人物である。

概要

死神」の異名を持つ大魔王バーンの側近の一人。

8巻で初登場を果たし、バラン編ではダイの実を試す為に軍団からヒドラドラゴン数体を借り受け、ベンガーナを襲撃している。その後も要所要所で登場して、作中のキーマンである事を匂わせている。

常に使い魔の「ピロロ」を随伴させ、に対しても飄々とした態度を見せる仮面怪人であるが、その正体はかつてバーンと魔界を二分していた竜王ヴェルザーが派遣した刺客であった。バーンは「地上破壊計画の監視者」と解釈していたが、実際は地上も手に入れたいヴェルザーがバーンを倒す為に差し向けた暗殺者である。「キルバーン」という名前も「バーンを殺せ」という暗号名である。(注1)
また、ミストバーンとは対極の性格ながら友人関係にある。

作中ではポップとの関連が深かったが、後に再登場を果たし、己の自尊心をしく傷付けたアバンを付け狙い、しい頭戦を繰り広げている。相手をに嵌め、狽している様を楽しみながら暗殺することが彼の必勝戦法で、作中でも幾多のを仕掛けアバン使徒を苦しめていたが、互以上の知をもつアバンが仕掛けた「14本ファントムレイザー」のに嵌り、首を跳ね飛ばされてしまった。

それで倒されたかに見えたが、最終回でまさかの登場を果たし、意外な相が明らかとなるのである。

ピロロ

キルバーンが常に随伴させている使い魔で、一つピエロのような魔物

特にこれといった戦闘は有しておらず、サポートに回る事がどである。作中ハドラーの傷を回復していた事から、ある程度の回復呪文を使用できる事が明らかになっている。キルバーンに自分が見たものを伝達するがある他、ファントムレイザーの補充も可となっている。また、彼が持つ不思議な粉をキルバーンに振り掛ける事で、胴切りにされ2た状態からでも復元が可となっているが、首が切断された時には復元が不可能だった。(注2)

最終回で彼が本物のキルバーンである事が明かされ、今まで本体だと思っていたものは「操り人形」であった事が判明している。人形に仕掛けてあったの核晶を発動させ、アバン使徒の一掃を図ろうとしたが、アバンが投げつけたゴールドフェザーにより身動きが取れなくなった所を、マァム拳を受け蒸発してしまう。

ヴェルザー

魔界の強者の一人で、かつてはバーンと魔界を二分していた竜王

バランにより一度倒され、現在石像の姿で封印された状態にある。
不滅の魂の持ちで、たとえ身体が滅んだとしても時を経て甦る事が可となっている。また、作中で初めての核晶を発動させた人物でもあり、その時は自分の支配域の大半を吹っ飛ばしたとされている。

己と実を二分していたリクスを「真竜の戦い」で下し、竜王の名を手に入れた様は、魔界で「最も凄絶な戦い」としてり継がれているらしい。闘気やブレスを操ったとされているが、その価は定かではない。

主な武器、技など

暗殺者であるキルバーンは、をはじめとして他にも様々なを仕込んでいる。
ここではそれらを列挙、解説する。

  • 死神
    柄の部分がになっている大で、キルバーンの徴ともいえる武器の一つ。
    柄の演奏できる以外にも、回転させる事で超音波を発生させる事が可となっていて、相手の五感の自由を奪う事が出来る。
    実際のがそうであるように、微細なヒビが入っただけで音が出なくなってしまう欠点を有している。

  • 魔界のマグマ成液
    キルバーンが血液としている液体。
    高温かつ強いを含んでいる、という特徴があり、その威はオリハルコン製の魔剛さえも腐食させてしまった程。また、彼の身体に突き刺さったドラゴンキラーは跡形もく崩れ去っている。

  • 殺しのキルトラップ
    キルバーンがバーンパレスの至る所に仕掛けた呪法のの総称。
    トランプに対応した名称が付けられ、魔法以外一切受け付けないという特徴があるが、実際にトランプの枚数と同じ数だけ存在しているかどうかは定かではない。
    また、キルバーンの命がなければ発動しない為、両手を塞がれていると発動できない、という欠点を有している。
    • ◆の9
      満身創痍となったダイハドラーを葬る為に発動させた
      トランプの「◆9」の形をした石柱(?)が地表に出現して、魔界の炎を召還、炎を中心部分へと集束させた上で中に居る者を焼き尽くす、という
      キルバーンによれば、一番のお気に入りらしく、最後は「線香花火のようにい」との事。

  • ジャッジ
    キルバーンがコレクションにしている魔界の決闘器具。
    以外は決して立ち入る事の出来ない間を形成、そこへ対を引きずり込んで決闘させるという特徴がある。
    また、決闘の敗者を裁く役割も持っており、敗者の首をはねる事で決着とする。
    キルバーンにより、相手諸共メガンテ自爆するように改造されている。

  • ファントムレイザー
    キルバーンの頭部の模様に仕込まれている13本ので、一度放たれたら本人以外には位置が把握できない、という特徴を持っている。また、切れ味が非常に鋭く、触れただけでアバンが切れてしまったほどである。
    ちなみに、「レイザー」とは「カミソリ」のこと。

  • バーニングクリメイション
    キルバーンのの手。
    自分の身体の一部を切断。頭上で高速回転させた後に魔法で血液の「魔界のマグマ成液」に点火させ、巨大な火球を形成する技。
    作中では自分の腕を用いていたが、理論上は自分自身を丸ごと点火する事も可ということになる。(注3)
    ちなみに、「バーニングクリメイション」とは「火葬」のこと。

  • の核晶(くろのコア
    人形」の顔面部に仕込まれていた、伝説爆弾
    魔界の地に存在する魔法尽蔵に吸収する性質を持った「黒魔晶(こくましょう)」という物質を、呪術で加工する事で完成する。原則としては、製作者の爆破を受ける事で爆破させる事が可だが、他にも魔法吸収量が限界えるか、表面で凍結するヒャド系以外の呪文を受ける事でも爆発する、と考える事ができる。
    (作中、生物改造したハドラーを受けた事で「何時火がついてもおかしくない」とバーンが述べている上、ハドラーに仕込まれていた核晶を見たバランが「呪文の類は一切使うな」とダイに忠告している記述がある。)
    その威は手のひら程度の大きさの物で死の大地を吹き飛ばしてしまえるほど。(しかもバランが全闘気を放出して爆発範囲を食い止めているにもかかわらず、である。)
    キルバーンの場合は、作中を見る限り「バーンを倒す為の切り札」として仕込んでいたものと思われる。(注4)
    なお、「人形」が高熱のマグマ成液を動としているで、ヒャド呪文凍結させる事ができない。

関連動画

キルバーンに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品 

 

関連コミュニティ

キルバーンに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

注釈

  1. 名前から自分に差し向けられた暗殺者である事は理解している。
    但し、その正体と隠し持っていた切り札に関しては気付いていなかった可性がある。

  2. 最終回では粉なしで首を胴体にくっつけていた。
    バーンアバン使徒に対して騙し討ちをかける為だった可性もあるが、実際のところは不明。

  3. もちろんそんな事をすれば大爆発を引き起こすのは言うまでもない。
    バーニングクリメイションの炎が自分へ引火した際に、ピロロがアバンに助けをめたのはこれを防ぐためだった可性あり。

  4. バーンに対して使用するタイミングを逸している為、対アバン使徒に切り替えた模様。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/21(月) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/21(月) 01:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP