キングカメハメハ単語

キングカメハメハ

4.6千文字の記事
掲示板をみる(117)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

キングカメハメハとは、2000年産の日本の元競走馬種牡馬である。
名の由来はハワイカメハメハ大王。 

概要

Kingmamboマンファス、ラストタイクーンという血統の持ち込みである。海外繋養時代にサンタアニタダービーThe Deputyが出ており、エルコンドルパサーアメリカボスなど日本でも実績多数のKingmamboということもあって、競走馬としてももちろん、種牡馬としても生まれた時から期待されていた。

なら種牡馬になれなきゃ意味がないからバシバシしごくという信念の持ちである松田英厩舎に入厩、2003年11月デビュー新馬戦エリカ賞を先行してちょっと差す安定感ある競馬で連勝し京成杯へ向かうが、ここで馬鹿野郎イネルマクロスバカ逃げペースを崩された上このを捉えられず、バカ逃げを捉えたフォーカルポイント一世一代の末脚にも置いてけぼりにされ離された3着に敗れてしまう。
この無様な敗戦のあと、死のローテと言われる調教師最強への道種牡馬入りへの最短ルートと信じてやまないNHKマイルカップ日本ダービー連覇を調教は更に厳しさを増し、二ヶ後の彼は甘さを残したお坊ちゃんから、並びかけさせず捻り潰す情け用の競馬マシーンへと変貌を遂げていた。

すみれ賞(OP)と毎日杯(GIII)を共に先行して後続を2身半突き放し連勝。特に毎日杯は因縁のマイネルマクロス幻の良血シェルゲームといった有をねじせての勝利であった。
そして迎えたNHKマイルカップ(GI)では、良馬場とは言えが降り、は暗く、馬場を含んで少し重くなっていた…が、まったく意にも介さず5身差ぶっちぎり、しかもレコードタイムを記録しての圧勝を飾る。
ちなみに、2着のコスモサンビームも単純なタイム較なら前年勝ちウインガーならぶっちぎってたし例年であれば勝ち負けのタイムを記録しており、周りが弱すぎたわけではない。
そして迎えた日本ダービー(GI)、1倍台の人気でもおかしくなかったが、NHKマイルカップの勝ち方が鮮やかすぎてマイラーじゃないかと思われたり、ハイアーゲームトライアルで従来のダービーレコードを大幅に破るタイムで圧勝して出てきていたこと、人気をやたら吸い上げるコスモバルクがいた事から2.6倍の一番人気に落ち着いた。

5月としては異常に暑い五月晴れの元、始まったレースはマイネルマクロスアホみたいなペースでぶっ飛ばし、挙句の果てにコスモバルクが三あたりで抑えるのを諦め先頭に立つむちゃくちゃなレースになった。
このレースを彼と上の安藤勝己は、4先頭の勢いで仕掛けて理やり制圧するという、全く分の悪い戦術を選択した。彼をマークしていたハイアーゲームも並びかけるように仕掛けていく。
4で膨れたコスモバルク煽りコースが狭くなったがそれを意にも介さず直線に向くと、すでにハイアーゲームしっぽしく左右に振ってアップアップ寸前、それを無慈悲にちぎり捨て、中ずっと後ろで溜めてきたハーツクライ乾坤一擲の末脚を繰り出し飛んでくるが振り切り、ゴールに飛び込んだ。タイム2分233
従来のダービーレコード2縮めるとんでもないパフォーマンスを披露し、から移籍してきた安藤勝己に記念すべき日本ダービー初制覇をプレゼント調教師松田英の悲願を達成し、信念の正しさを明してみせたのである。
フジテレビ実況三宅正治アナが「今!最強大王が降臨したっ!!」絶叫したのも頷ける、圧勝であった。翌年、ディープインパクトレコードを出しにくい追い込みで同タイムを記録し圧勝したが、それでもこっちの方が強いと思えてしまうほど。
余談になるが、2015年皐月ダービー二冠を達成した息子ドゥラメンテレコード更新された。二代って恐ろしいものである。

しかし、この走の代償は大きすぎ、初戦の神戸新聞杯(GII)を快勝したが屈腱炎を発症し引退種牡馬入りした。

ちなみにこの2004年ダービーは別名を死のダービーと言われるほどこのあと故障やスランプに喘いだが続出した。
ハーツクライのように未完成かつ適正に合ってないレース出されてスランプだったというもいるが、レースからしてマイネブルック予後不良を起こし、レース後にはコスモサンビームフォーカルポイントキョウワスプレンダが折で長期療養、マイネルデュプレが繋靭帯炎で長期療養、因縁のバカイネルマクロスが屈腱炎で引退ハイアーゲーム青葉賞きを失い、結局GⅠに届かないまま引退ダイワメジャーも懸念されていた喉鳴りがになって悪化し療養生活入りとアクシデントが連発する中のタイマー破裂キングカメハメハリタイアであったため、妙にオカルトチックな、呪いのような雰囲気すら出てしまった。
しかし、それを乗り切りスランプを脱したり治療に成功したコスモバルクハーツクライダイワメジャースズカマンボは後にGⅠを勝利した。 

種牡馬として

種牡馬としては、ポストサンデーサイレンスサンデーサイレンスの配合相手の一番手として非常に優遇された。ちなみに、系としてはミスタープロスペクター直系ではあるが、そのノーザンダンサー率は直系のクロフネよりも濃かったりする(5代血統中 キングカメハメハ:12.5%クロフネ6.25%)。
SSを活かしきれる血統構成のエルコンドルパサーエンドスウィープが次々亡くなり、満を持して導入した切り札ウォーエンブレムロリコン人間なら仕方ないにしろ、遺伝子を残すことが第一義の動物としてはちょっとおかしい子で使い物にならなかったので、シンボリクリスエスと並んで最高級のを与えられた。その半分でもトウカイテイオータニノギムレットに譲ってくれ。

ところが一年の産駒は割と微妙であった。勝ち上がり率は5割近くと高く普通ならそれなりに成功なのだが、優秀な繁殖の産駒はもう一つ走らず日本一の質を誇る社台グループエースとしては物足りないという船出となった。
しかし二年の産駒はトゥザヴィクトリーエアグルーヴローズバドなど最高級の子が重賞戦線できっちり活躍し、アパパネ2010年牝馬三冠を達成。この世代の大活躍で2010・2011年のリーディンサイヤーとなった。その後はリーディンサイヤーをディープインパクトに譲る立場となったものの、歴史スプリンターロードカナロアダート王者ホッコータルマエ・二冠ドゥラメンテら多な活躍を輩出した。2013年以降は体調不安もあり種付け数を減らし、2019年に体調不良のため種牡馬引退することになった。
その後は功労として社台スタリオンステーションで繋養されていたが。2019年8月9日死亡。晩年には内障も患っていたという。

BMSの方面でも、産駒が4年連続でG1勝利するなどとしても存在感を強めている。後継種牡馬としてロードカナロアルーラーシップG1を輩出している。

血統表

Kingmambo
1990 鹿毛
Mr. Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
Miesque
1984 鹿毛
Nureyev Northern Dancer
Special
Pasadoble Prove Out
Santa Quilla
*マンファス
1991 黒鹿毛
FNo.22-d
*ラストタイクー
1983 黒鹿毛
*トライマイベスト Northern Dancer
Sex Appeal
Mill Princess Mill Reef
Irish Lass
Pilot Bird
1983 鹿毛
Blakeney Hethersett
Windmill Girl
The Dancer Green Dancer
Khazaeen

主な産駒

主な母父産駒

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/11/27(土) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/11/27(土) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP