今注目のニュース
「当事者にとっては夢みたい」 新発明“視線入力で自由に体勢を変えられる車いす”が注目集める
誰もいないはずの部屋の水道メーターが回り続け 大家が白骨遺体発見(台湾)
長蛇の列に並ぶ必要なし! レンジで作れる「タピオカ」がローソンに登場

キングクルール単語

キングクルール

掲示板をみる(1,072)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
ドンキーコングの関連項目一覧 > キングクルール

キングクルールとは、任天堂ゲームドンキーコングシリーズに登場するキャラクターである。
CV : 小杉十郎太TVアニメ版)

概要

キングクルールSFCスーパードンキーコング』で初登場。本作敵営「クレムリン軍団」の総帥であり、ラスボスを務めた。

容姿は王冠とマントを身に着けた巨ワニで、血走った大きな左眼が特徴。

英語表記は「King K. Rool」であるため、正式名称は「キング・ク・ルール」だが、日本語表記では特に意識されず「キングクルール」と表記されている。

SFCスーパードンキーコング』ではクレムリン軍団を率いてドンキーバナナ倉庫から大量のバナナを盗むという地味な悪事を行った。最終的に自身のガレオン船上でドンキー決闘を行い、死んだフリ等の戦法を使いながらも敗北(一定ダメージを与えると偽のエンドロールが流れ、その後復活する)。バナナを全て取り戻される。

その後N64ドンキーコング64』では新兵器ブラストティック」を搭載した上移動要塞でコングフミリーらの住処DKアイランドをごと滅ぼそうとするも、操縦ミスで要塞が突し兵器が故障。修理の時間稼ぎのためまたもバナナを盗み、さらにディディーコングら4匹のコングを監禁する。しかし結局バナナ仲間のコングを取り戻され、兵器も不発に終わったことから小飛行機で脱出を図るが墜落墜落した飛行船に乗り込むとなぜかプロレスリングが設営されており、ボクシンググローブをはめたキングクルールとの最終決戦になる。

GBA『ぶらぶらドンキー』ではジャングルピックの優勝メダルを盗み逃走(ただし運搬途中でそのほとんどを落としてしまう)。その続編であるDSジャングルクライマー』ではバナナ人からクリスタルバナナを奪った。同作ではクリスタルバナナ巨大化したクルールとの決戦になる。

Wii『たるジェットレース』では部下のクレムリンたちと共にレースで参加。ほぼ全員が小たるジェット2機装着で出場する中、一人だけ大たるジェットに搭乗して出場する。

シリーズを通してコングフミリーにちょっかいをかける、マリオシリーズで言えばクッパのような立場の悪役キャラである。しかしマリオファミリーの一員のような扱いでパーティゲーム等に参加していたドンキーコングとは違い、キングクルールがマリオシリーズに出演することはこれまでなかったが、WiiUスーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール』にて隠しキャラとして初登場。野球の試合中だけではあるが、初めてドンキーコングと協する。しかし、クッパとの仲は悪いらしい。

2008年発売の『スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール』を最後にその後のドンキーコングシリーズには登場しておらず、ファンの間では何らかの形での再登場を望まれていたが、2018年発売Switch大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』で晴れPCとして参戦。スマブラでは初期のバタ臭い容姿と後作のマイルドになった姿の中間あたりのデザインになっており、過去出演作で使用した多様な攻撃を駆使しながら、ドンキーとも本編以上にガチな殴り合いを繰り広げる。

初登場作『スーパードンキーコング』での戦闘BGM「キングクルールのふね」は陽気なイントロから一変してロックメロディへ変貌する構成などで人気のあるBGMであり、『スマブラSP』でもキャラテーマBGMのような扱いでACE氏が編曲したバージョンが用いられている。

間違えやすいクルールの設定

SFCスーパードンキーコング2』『スーパードンキーコング3』ではそれぞれラスボスとして「キャプテンクルール」「バロンクルール」というキングクルールに非常に容姿が似たキャラが登場する。衣装を変えただけの本人なのだが日本版・海外版で設定表記の揺れがある。
海外版では彼らは同一人物として扱われており、レア社公式サイト現在閉鎖)には「クルールの様々な顔」というタイトルイラストで3人が掲載されていたり、ドンキーコング64海外版説明書では「クルールが(キャプテンバロンのような)馬鹿馬鹿しい変装をやめたのかもしれんが~」というクランキーの言が載っていた。GBA版『スーパードンキーコング2』では日本語版でもキャプテンクルールキングクルールが同一人物であるような記述があったりと、基本的なレア社の見解ではすべて同一人物の扱いである。
そもそも2作の登場作品である『スーパードンキーコング2』のタイトル画面のBGM名が"K.ROOL RETURNS(クルールが帰ってきた!)"なのでまぎれもない本人である。
大乱闘スマッシュブラザーズX』のキャプテンクルールフィギュア説明文に「キングクルール」と書かれているがこれは誤りである。
ちなみに『ドンキーコング64』で日本語版ではキングクルールとされていたクランジーが海外版ではただの手下であったりと、日本語版と海外版では細かいキャラ設定がそこまで共有されていなかった模様である。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 1070ななしのよっしん

    2019/08/15(木) 13:19:35 ID: 99UpwPSwDt

    んじゃ勇者キングクルール同列も違うよね
    結論出ちゃったじゃん

  • 1071ななしのよっしん

    2019/08/18(日) 15:21:34 ID: 0qgUtfS5m9

    >>1070
    いや>>1068で上げてる強みは、そのキャラを知っていくにつれて見つかっていった強みだから
    >>1065の「弱点がわからずに終始試合を支配出来る強さ」とは違う(てか逆)
    そういう意味ならば弱点見つける前に一発逆転要素の多さが騒がれてる現状の方がまだ近いとも言えてしまうな

    てかもうクルール関係なくなってきてるからここでこの話題は終了しよう

  • 1072ななしのよっしん

    2019/08/18(日) 17:58:43 ID: lo1t0swihX

    そんなん程度の問題で言ったもん勝ちなのにいつまで続けてんだ。

急上昇ワード

最終更新:2019/08/19(月) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/19(月) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP