キン肉マンⅡ世単語

キンニクマンニセイ

3.0千文字の記事
掲示板をみる(1,464)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

キン肉マンII世』とは、『週刊プレイボーイ』およびその公式サイトで連載されていた、ゆでたまごによる漫画作品およびアニメ作品やゲーム作品である。

1980年代に『週刊少年ジャンプ』で連載していた『キン肉マン』の続編。

概要

かつて世界危機を救った正義超人たち(伝説人)だが、時は流れ、再び悪行人たちは侵略を始めた。伝説人たちは若く強い新世代の悪行人に対抗すべく閉校していたヘラクレスファクトリーを復活させ、鍛え上げた人(新世代人)たちがリング上でプロレスを行う。

連載開始序盤はアダルト要素が立ち、万太郎凛子風俗店にいる描写、下品な技もいくつかあったが、アニメ版(TX)が午後6時に放送されてからは、徐々にそういった要素は薄れ、原作の方も第二部になると全に消えた。

また、『〜オール人大進撃〜』の副題で『Vジャンプ』にも連載されていたこともある。内容はオリジナル展開で子供向けのものになっている。

敵味方ともに『キン肉マン』時代の人やその息子子が多数登場し、何もられずフェードアウトしていった人の後日談がられたり、過去の因縁が蒸し返されることが多い。その一方で描写・設定がころころ変わるのも受け継がれており、独特の「ゆで理論」もまた健在である。

初代で登場した残虐・悪魔璧の3属性を「悪行人」としてひとまとめにしているのも特徴。これは新規読者へ分かりやすく配慮したものだが、各属性キャラクターを深く掘り下げることができなくなってしまうという弊も発生した。この反省を踏まえ、世終了後に再開した初代キン肉マンでは各属性のイデオロギー闘争が細かく描写されている。

万太郎達の闘いと成長を描いた第一部と、万太郎達が初代『キン肉マン』のタッグ編の時代にタイムスリップして時間人らとタッグ戦で闘う第二部「究極のタッグ編」に分かれている。第二部の連載途中で『週刊プレイボーイ』の公式サイトに連載の場を移し、2011年完結

現在は初代『キン肉マン』の王位争奪戦の直後を描いたストーリーがウェブサイト上で連載中である。

第一部

主人公である万太郎ヘラクレスファクトリーで奮闘、伝説人との出会い、火事場のクソ力を身に付けさせるための鍛錬など多くの闘いを経て成長していく物語

第二部 究極の超人タッグ編

時間人がキン肉マン達を殺しようと、正義超人たちはそれを阻止しようと、それぞれ過去に遡り、タッグトーナメントを終えたばかりの現役の人たちと共に、新旧入り乱れてタッグトーナメントを行う。

登場キャラクター

新世代人の多くは父親譲りの貌。それぞれ独特のコスチュームを身に着けている。

キン肉万太郎小野坂昌也
ドット万太郎 ドット万太郎 ドット万太郎 ドット万太郎
キン肉スグルビビンバ
本作の主人公キンマスクの額部分には前が垂れ下がっており、「」の文字いが、火事場のクソ力を発揮すると「」の字が浮かび上がる。普段は下品で臆病だが、友情に厚く、友の危機にはたとえ強大な敵であろうと立ち向かうガッツをみせる。
アニメ版では、の影か「牛丼音頭」ではなく、自身が好物である「カルビ音頭」が頻繁に流れた。キメ台詞は「股間イチモツ手にニモツ読者による人気投票ではイマイチな順位に甘んじている。
テリー・ザ・キッド (森川智之
テリーマン翔野ナツ子
テリーマンにそっくりな顔立ちだが、額の文字が「K(キッド)」になっている。登場初期は、いつもキン肉マンに手柄を譲り二番手に甘んじていたに反発し、キン肉マン息子である万太郎に強い対抗意識を抱いていたが、徐々に友情を重んじた偉大なを尊敬するようになり、さらに地味になった
また、幼少の頃よりにさまざまな知識を与えられており、試合観戦時はと同じく解説役に回ることもしばしば。その際のお約束台詞は「そういえばパパからきいたことがある。」。
セイウチン山崎たくみ
H・F(ヘラクレスファクトリー)第一期生で、万太郎キッドの同僚。
レッドヘアーのセイウチ人で、心優しい性格。しかし闘いではその優しさがとなりつけ込まれてしまうこともしばしば。ネプチューンマン完璧超人にされたことも。
彼の試合にはよくが登場する。
ガゼルマン増谷康紀
H・F(ヘラクレスファクトリー)第一期生で、万太郎キッドの同僚。
ガゼルを人にしたような人。H・F(ヘラクレスファクトリー)を首席で卒業したことを何かと持ち上げるが、そのたびに新たなライバルの手にかかり倒される。所謂かませ犬ポジション
アニメ版ではギャグ的な部分がプラスされ、出番が増えた。…にもかかわらず、第二部・究極のタッグ編では小鹿さに現代に残る。
ちなみに、ここまでの上記4人を総称して「TEAM AHO(チーム アホ)」と呼ばれる(名付けハラボテ・マッスル委員長(当時))。
ケビンマスク置鮎龍太郎
ロビンマスクアリサ
幼い頃からのロビンマスクによるスパルタ導と、名門ロビン一族の跡継ぎという重荷に耐え切れなくなりを出る。一度は悪魔超人側に身を置くも考えの違いから離反。正義側・悪魔側、どちらにも属さないフリーの立場となる出はしたが、ロビン伝家の宝刀タワーブリッジ」はちゃっかりしっかり受け継いでいる。
読者による人気投票では常にトップ争いの常連。その影か第二部では…。
チェック・メイト遠近孝一
サンシャイン子。
チェスの駒を模した装をした人。口調は丁寧で礼儀正しいが、慇懃礼な傾向がある。師・サンシャインからネガティブな言葉と感情を教えられずに育てられたため、痛みを感じないが、それを「どんな技でも耐えられる身体を持っている」と勘違いしていたため、ダメージを蓄積し敗れる。
その後、正義超人に転身するが、現在までまともに試合が組まれたことがない。
ジェイド野島健児
ブロッケンJr.子。H・F(ヘラクレスファクトリー)第二期生。
ベルリン」など、彼直伝の技を使いこなす。な性格の金髪イケメンVジャンプ版だとヘルメットがカタカタ伸びたりする。
スカーフェイス乃村健次
H・F(ヘラクレスファクトリー)第二期生。
悪質かつクールに戦う人で、その正体はH・Fに潜入していた悪行人。必殺技アルティメットスカー・バスター」で多くの正義超人KOさせるも、万太郎に敗れてからは、正義超人側に回りサポートするようになった。
カオス・アヴェニール
第二部に登場。記憶を失くし、孤児院で暮らす青年。幾多のを抱えたまま、万太郎と共にタッグで出場する事になる。オタクだけどイケメンなんだぜ!
ライトニング
第二部に登場する時間人。サンダーと共に足を変形し「死時計の刻印」で多くの人を葬っている。
サンダー
第二部に登場する時間人。ライトニングと共にタッグを組んで出場。腕を鐘に変形することが出来るがジェロニモによって破壊された。

関連動画

ツッコミ集

BGM

ゲーム

手描き

お絵カキコ

ライトニング三代目キン肉マングレートクロエ時間超人サンダージェイド

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1462ななしのよっしん

    2021/10/02(土) 07:01:25 ID: MPOTvBPvta

    なんていうかオリンピックあたりで本当は終わらせたかったんじゃないかなぁって今更ながら思ったり。
    Vジャンプ版は実際一等祭で終わってる分しまりはいいし。

  • 1463ななしのよっしん

    2021/10/02(土) 18:47:46 ID: XcB/gWWS7T

    ベネディクトロビン3世も歴代ロビン最強として唐突に現れたけど、エピソードがないからすごさが分からないままだな。

  • 1464ななしのよっしん

    2021/10/10(日) 15:30:18 ID: MPOTvBPvta

    チームアホキッド以外活躍に恵まれなかった理由を考えると思ったが、正直ガゼルチェック以外はいうほど扱い悪くないと思ったり、そもそもガゼル自体が
    マンタライバルとして考えたけどケビン出した段階で用済みになった」っていうメタな理由が入ってたりするし。チェックは、作画もそうだが痛みを感じない設定なんて付けちゃったせいでどうしても戦闘ピンチを演出できないんだと思ったり。
    ジェイドは、これは師匠の教え方が悪い。子になる人絶対間違えるぞ。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/24(日) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/24(日) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP