今注目のニュース
『プリズマ☆イリヤ』でもっともキスしたキャラって誰? アニメ1~4期本編を全部見て調べてみた
27歳女性の「結婚するけど20歳男子学生から告白された。今後も変わらず付き合い続けていくには?」というお悩み
お前こそがナンバーワン!と思うアニメのサブヒロインランキング

ギップル単語

ギップル

  • 10
  • 0
掲示板をみる(56)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

曖昧さ回避



ギップル&ギップル

ギップルとは、衛藤ヒロユキ漫画魔法陣グルグルシリーズに登場する「精霊」である。断じて風の妖精ではない。

テレビアニメは第一作と第二作が高乃麗、第三作が櫻井孝宏

概要

魔法の最高峰・闇魔法結社からククリの案内役としてお供に付けられた精霊

初登場は単行本2巻第15章。この時は単に精霊としか紹介されず、精霊と明かされるのは終盤の15巻とかなり遅い。本人は「言ってませんでしたっけ?」などとのんきだが、ずっと一緒だったニケたちは驚きつつも「2巻で言えよ」とツッコんでいる。

アニメ第一作でも精霊と分かるのは後半になってから。最終回ではエナが魔法のつるくさ」を発動するとき、精霊としてギップルを召喚しを貸し与えてもらっている。その性質上、直後にゲイルがギップルを踏み台にしたせいでギップルの魔供給が途絶え、エナの魔法も切れてしまった。

古参仲間の一人なのに、なぜか最終回どころか最終巻にすら一切登場しない。正確には描かれてはいるが、本編ではなく150章の扉絵にでかでかと描かれているだけ。15巻で魔王ギリのいるザン大陸に上陸した時点で出演しなくなってるのは、危険な場所を避けたい性質からか。

能力

戦闘はなく、マントを拡して野宿用のテントに変化したり、圧縮によるテント容量分のアイテム収納、触手による魔(感情)感知、といった戦闘以外のサポートを行うのが役

マントの中身はふんどし一丁で何かと使用をためらわせる。初めて中に入った人は天井にぶら下がる異様なに叫びをあげる。ニケククリも最初は引いていたがすぐ慣れたらしく、便利だと言っている。

戦いが始まりそうな空気になるとさっさと逃げ出してしまうが、戦闘時以外でも他属性精霊の存在や親族の法事を理由によく同行を拒否、しまいには案内役なのにしょっちゅうに迷う、など全体的に役立たずのレッテルを貼られることが多い。

精霊だけあってを起こしたり、魔法の煙等に対する空気の浄化も持つ。ただ、どう見ても屁をこいてるようにしか見えないのが難点

続編にて、テント時の呪いよけ(ただし顔が怖い)や、魔感知と同じ手段によるレベルスキル測定があることが判明。

特徴

精霊らしく清らかな空気が大好き。よどんだ空気を感じるとなんでも清浄するが、その方法はマントの中から清らかなを吹きかけるというもので、その姿はどう見ても屁をこいてるようにしか見えない。この特技で敵のガス攻撃から味方を守ることもあるが、やはり屁を吹きかけられてるようにしか見られず、全く感謝されない。

「クサい」セリフ空気を極度に嫌い、クサい場面に長く居すぎたりクサい台詞を聞き続けると死んでしまうらしい。そのくせクサい台詞や場面に過敏に反応しては時に現れ勝手にえるため、ニケに召喚手段として利用される。その嫌悪振りはすさまじく、時にはストーリーの流れを理矢理変えるほど。反応するクサさの対は他人に限らず、自分でクサい台詞を発して勝手に自滅、絶することもある。

これらの特徴は精霊の親玉「の王」にも共通していて、クサイ雰囲気を感じれば精霊総出でクサがり、クールな顔してテントをればふんどし姿のリアル頭身男の裸体が頭上にぶら下がる。これにはギップルに慣れたニケたちもさすがに耐えられず、眠れないままを迎えている。

気合を入れるとき「ギップリャ!」とを上げる。巻末のおまけ漫画ではギップルの触覚を強くつかむとこのを発する、という駄な豆知識が得られる。
(このかけ読者からの応募で決まった。【提供神奈川県浅見くん】)

関連動画

 関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/11/21(木) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/21(木) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP