ギャグ補正単語

ギャグホセイ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ギャグ補正とは、ギャグ漫画ギャグアニメなどでよくある、ダメージに対するお約束である。

概要

現実世界なら普通なら死亡、運が良くても重傷を負うようなダメージにおいて、ギャグ作品では決まったリアクションをとるだけで済んだり、数コマすすめば傷の状態でいられたりすることが多い。こういった描写について「ギャグ補正」と表現されることがある。

ギャグ作品ではほとんどのダメージ表現がこれに準じるが、作中に明確な死を描写している作品においては特定の攻撃だけはギャグ補正で他は現実に即するという事もある(例:シティーハンター100ハンマー)。

また逆にバトル作品では、強な防御を持っていてめったな事では傷つかないはずのキャラも、ギャグ補正においてはボコボコにされるという展開もある。

ギャグ補正はギャグ作品では全体に補正が及ぶことが多いが、特定の行動のみに作用する、番外編だけ存在するなど部分的にも使われることがある。ギャグ補正自体が生存フラグとも呼べる。

様々なダメージに対するギャグ補正の反応

焼死だけが傷のこげのシルエットになる。

凍死→氷の塊になってカチコチになる。氷が融ければ元通りになる。

感電死が見えるシルエットになり、頭がアフロになる。

爆死遥か彼方に吹っ飛ぶ、もしくは焦げになってアフロになる。

圧死→ペラペラの状になる。

撲殺→大きなタンコブができる。もしくは頭の上でヒヨコが回っている。

全身打撲→包帯グルグル巻きの状態になる。

殺→体にができる。

転落死→地面に人間の形をしたができる。

溺死→おが溜まって口から噴水のように出る。

ギャグ補正がある代表キャラ

両津勘吉・・・いわずとしてたギャグ補正最強キャラ。例え他作品に出演してもそのギャグ補正で人間なら即死の攻撃を気で受ける。

冴羽獠・・・どこに隠してあるのかわからない香の100ハンマーで何回も殴られる。よけないはわざとだが、地面までくぼむほどの衝撃をくらっても傷である。この作品は死亡の描写がよく見られるのでこれがかなり立つ。

モンキー・D・ルフィ・・・設定上覇気しの打撃は傷、覇気があっても生半可な威ではびくともしないがナミの攻撃でボコボコにされることがある。

則巻アラレ…凄まじい天然さとパワーんちゃ砲などを武器にする。作者繋がりで登場したドラゴンボールキャラを振り回せる稀有な人材。

対義語、シリアス補正について

ギャグ作品で使われる普段ギャグをやっている登場人物がギャグが通用しない展開になった時に使われる表現である。に普段は役に立たない人物が急に頼もしくなったり、逆に普段は明るい人物が思い悩んだり、急に死亡キャラが出てくる事あって作品の雰囲気が大きく変わる状態になる。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/04(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/04(木) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP