今注目のニュース
地下室にある12の物のうち、最初に注目した物であなたに潜んでいる悩みや思いをあぶりだす心理テスト
Gカップグラドル・安位薫、服着用の姿披露 表情に心配の声も
いじめが辛すぎて? 10代少年が多くの友人らの目の前で…

ギュネイ・ガス単語

ギュネイガス

掲示板をみる(66)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ギュネイ・ガスとは、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場するネオジオン強化人間である。

CV山寺宏一松本保典[カセットブック版(ベルトーチカチルドレン)のみ]

 

概要がなんだってんだ!?アムロは殺せ!

ネオジオン所属でシャアの下で戦う強化人間。専用のヤクト・ドーガを駆るMSパイロットである。
ニュータイプへの憧れからか、「強化人間」という呼ばれることを嫌っていて強化人間扱いしてくるレズンとは仲が悪い。新生ネオジオン強化人間技術の進歩により精的な不安定さは見られなかったが、クェスという気になる異性の出現により上であるシャアナナイへの反発心を強めていく。

シャアが連れてきた少女クェスはサイコフレームも使わずにファンネルを操って見せるなど優秀なニュータイプだったので、上述のNTコンプレックスも相まり割りと年の差があるにも関わらず好意を寄せる一方、シャアに終始ぞっこんのクェスを見てシャアに対する嫉妬が強まった部分もあった。
結果、シャアり合うべく彼の終生のライバルアムロ・レイにも対抗心を燃やすことになる。

強化人間だけありパイロットとしての腕は高く、フィフス・ルナを狙った攻撃をファンネルガードしたり、ファンネルでピンポイントにアクシズを狙った核ミサイルをすべて撃墜するなど対を防衛する任務はほぼ成功させている。初陣をするクェスをカバーしつつジェガンを一蹴し、リ・ガズィで突撃するケーラを逃さず捕獲するなどオールドタイプが相手では圧倒しており、存命していればエースパイロットになっている資質はあったかもしれない。
シャアへの嫉妬余り行き過ぎた言動で最終的には恋愛としては見放されていたクェスにも、戦友としては信頼されていた部分は少なからずあったようだ。


さすがにアムロと対等とまではいかないようで、冒頭からリ・ガズィを駆るアムロに押され、救援に来たシャアライフルの射撃を射撃で叩き落とすという神業を使っていなければ、直撃を受け死んでいた。
最終的にはνガンダムを駆るアムロをクェスとの同時攻撃であわや撃墜という所まで追い詰めるも、ハイパーバズーカシールドを囮にした一の隙を突かれ、ビームライフルの直撃をバーニアに受けメインエンジン爆発、撃墜された。(フィフス・ルナ戦で切り離されたリ・ガズィBWSに一気を取られるなどギュネイは余分な物に意識を走らせる癖があった)

シナリオ初期稿を元にして作られた小説逆襲のシャア ベルトーチカチルドレン』では原案当初の名前グラーブ・ガスで登場。本来なら正規のパイロットでもないベルトーチカと半壊したリ・ガズィ相手なら苦戦をすることもなかった。が、ベルトーチカが授かったアムロとの赤ん坊は強大なNTを秘めており、ライフルによる攻撃はかき消されグラーブは胎児の奇妙なイメージを見てしまう。その動揺してる隙にリ・ガズィバズーカランチャーの直撃を受けて戦死。アムロ一家相手だとつくづく運がなかった。

あれはスパロボDだ。あれをやりゃあ、大佐だろうが総帥だろうが…!

ゲームなどでの外部作品では、新生ネオジオンの名有りパイロットが少ないという事情もあり、出番自体は多い。
とはいえ基本的に「強敵というほどではないネームドの敵」程度の扱いではあり、Gジェネレーションのような付き作品でこそCV山寺宏一という点で多少立っても、ギュネイ個人が作品内で注されることは特になかった。

しかし、例外も存在する。その最たるものが「スーパーロボット大戦D」である。
本作は「新生ネオジオンが自軍勢の中核になる」という、if展開の多いスパロボでも極めて異例の作品である。
このため、新生ネオジオンの名有りパイロットでありギュネイも悪役ではなく頼れる戦士であり、最序盤から最後に至るまで自軍戦として戦える。そして、ストーリー上でも相当にフィーチャーされている。

特に男性主人公であるジョシュア・ラドクリフとの交流は大きな転機であり、同じくジョシュアとの交流のある剣鉄也と共に熱い友情を結ぶ相棒となった。
主人公相棒」というポジションだけでも相当なものだが、原作では同世代の友人がいなかったゆえに出来なかった精的成長を遂げたことで、最終的にはクェスにも戦友以上の意味で頼りにされるなど非常に報われている(シャア地球を背負った事態に多忙であることと、強敵であるハマーンの復活も要因ではあるが…)。
また、最終的な場面以前でも、「空気など読むな」を地で行ってしまうクェスの言動を日ごろからフォローしており、ジョシュア共々苦労人ポジションについている。
的にはやはりシャアアムロには流石に劣るものの、クェスとの合体攻撃が最初から使えることもあり、きちんと育てれば最後まで前線で戦い続けることは十分可。今作では条件でナイチンゲールHi-νガンダムが手に入るために、後半では劇場版の方のサザビーνガンダムくので、これらに乗せてあげるのも良いだろう。

また、アーケードカードゲームガンダム トライエイジ」ではパイロットカードとして参戦しただけでなく、ビルドMS5弾で逆襲のシャアが大きく取り上げられた際、「ギュネイがνガンダム強奪に成功していたら」というif展開によるミッションが作られている。当然、ボスνガンダムに搭乗したギュネイである。

関連動画だとぉう!?

関連項目なんぞよりもうまくやってみせる。

掲示板

  • 64ななしのよっしん

    2019/01/18(金) 14:33:41 ID: gmBGMXlsV5

    公式にすら呆気ないと言われるギュネイ…

  • 65ななしのよっしん

    2019/01/22(火) 18:48:05 ID: z4Q5ouDvud

    シン・アスカと同じ、スパロボではいてるキャラ

  • 66sage

    2019/06/07(金) 23:23:55 ID: YLQszaV+bb

    確かに信じ難いほど呆気ないのだが、歴代で見ても相当な高準でまとまった強化人間ではあると思う。
    その割に、精面は較的安定しているし。
    ただまぁ、相手が悪すぎたw
    ライバル補正が効くシャア以外じゃ対抗のしようがないわ、あれは。
    地味に、作中じゃ最高のNTあるんじゃね?

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP