今注目のニュース
新入り子ネコの登場で先住ネコが“鬼”に豹変!? 変化していく2匹の関係性を描いたマンガに共感の声が集まる
「ゴミだと思った」預けた荷物、勝手に開封し捨てる ホテルに宿泊客激怒...両者の主張は?
海岸で人形の首がゆっくりと動いていく。そこには悲しい事情があった(アメリカ・ウェーク島)

ギリシャ単語

ギリシャ

  • 7
  • 0
掲示板をみる(289)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
基礎データ
正式名称 ギリシャ共和国
Ελληνική Δημοκρατία
Hellenic Republic(Greece)
国旗 ギリシャ国旗
国歌 自由への賛歌exit_nicovideo
公用語 ギリシャ語
首都 アテネ(Athens)
面積 131,957km2世界96位)
人口(’17 約1,076万人(世界第81位
通貨 ユーロ(€, EUR)

ギリシャ(Greece)とは、ヨーロッパの最も南に位置するの一つで、EUに加盟している。近代オリンピック発祥の地。

日本の1/3程度の大きさで、20は約3,000ものによって構成されている。北は西からアルバニアマケドニアブルガリアと、東はトルコを接している。ヨーロッパの火庫、バルカン半島最南端部にある。

他のバルカンべ抜群の経済発展を遂げていた……のだが、単にユーロ高のに載っていただけだった。一時はユーロを離脱するか、ユーロを巻き添えに財政破綻するかの瀬戸際に。EUとその実質的な盟ドイツからの緊縮財政の押し付けで尚も苦しみ続け、空港や電施設などを中国などの外に売りまくり、2018年現在、何とか黒字を維持できている。公務員天国、高い貧困率、GDP減少により財政が未だに厳しい

概要

正式名称ギリシャ共和国(ギリシア語:Ελληνική Δημοκρατία 英語:Hellenic Republic(Greece))。

本土は全体の約80で、残りはイオニアやエーゲに浮かぶ々が占める列国家。パルテノン殿をはじめとする数多くの歴史的建造物とエメラルド世界中の観光客を惹きつけてやまない。ギリシャ哲学、ギリシャ美術などの古代ギリシャの豊かな文化も有名である。

リゾート地として人気なので、基本的に気は温和で過ごしやすい。アテネの均気温はが10℃、28℃でが少なく、年間日数は約280日。エーゲ々はさらに降量が少ない。ただし、内陸部では温度差がしく、にはが積もる地域もある。

産業は農業観光。他に鋼、加工、運業も発達している。農業では世界第3位の生産量であるオリーブをはじめ、綿や葉タバコ有名。しかし、小麦やとうもろこしなど食となる穀物は、地中海性気にあまり合わない。そのため、農業なのに食料を自給できていない状態だ。

ギリシャ料理の最大の特徴は、やたらオリーブオイルが使われている事。年間の民一人当たりのオリーブ油の消費量は約20リットルで、世界一である。イタリアや南フランス地中海料理よりもトルコ料理レバノン料理など東地中海地方料理との共通点が多い。これはトルコ歴史的に交流が深いからである。もちろん悪い意味でも。

また、ギリシャ語ヨーロッパで一番難解な言である。(ロシアヨーロッパに含まない場合)

歴史

古代~近代

古代文明発祥地の一つ。紀元前800年後半には教科書でも有名なアテネ、スパルタなどの都市国家、ポリスが多く建設され、互いに争うが、一方で、豊かな文化や高度な学問、奴隷制や民主政など、後世の社会構造にまで残る遺産が芽吹いていった。ギリシャの植民都市は南フランスや南イタリアクリミア半島にまで建設されていた。

紀元前7世紀頃になるとマケドニア(同じギリシャ系)に一帯が征される。マケドニアアレクサンドロス3世のもとで現在インド西部にまで版図を拡大したため、ギリシャ人とその文化は中東西アジアにまで根付くことになり(ヘレニズム)、後世の歴史にまた財産を遺した。

東ローマ帝国国旗マケドニアが滅びた後はローマ帝国下となるが、ローマもまた広義のヘレニズム国家であったため、今度は西地中海にもギリシャ系の文化が広まった。
395年にローマ帝国が東西に分裂した時は、ギリシャ地域は東ローマ帝国ビザンツ帝国に属した。東ローマ帝国は7世紀にギリシャ色を強め、その滅亡まで古典ギリシャ文化を保持するに至ったが、一方で一連のローマ治世期にギリシャはキリスト教正教会)圏となり、人々は自らをギリシャ人ではなく「ローマ人」と意識するようになった。

1453年に東ローマ帝国オスマン帝国によって滅ぼされると、そのままオスマン下に入る。その統治は1800年代まで続いたが、この頃にギリシャの人々は自らを「ギリシャ人」であると再び自覚。そこへフランス革命による民族義の波がギリシャに到着する。1821年にオスマン帝国に対し、ギリシャ各地の都市革命が起こり、ギリシャ独立戦争に突入。イギリスフランスロシアの介入の末、1829年に独立が承認された(ギリシャ王)。

独立したギリシャ王は、19世紀後半には大ギリシャ義を掲げ、1897年オスマン帝国アナトリア半島から歴史的ギリシャ地域を回収すべく侵攻。しかし敗北。1913年にはバルカン戦争勝利に伴いオスマン帝国からクレタを奪回した。

第一次世界大戦敗北したオスマン帝国シリアイラクなどを失い、トルコが後継となっていたが、ギリシャは再びアナトリア半島を巡りトルコに侵攻した。が、ムスタファ・ケマル・アタテュルク率いるトルコ軍に敗北。せっかく得ていたアナトリア側の領土を失ってしまい、ほぼ現在土が確定した。

ギリシャ・トルコ間の住民交換では、「ギリシャ正教徒はギリシャ人、イスラム教徒はトルコ人」としたため、ギリシャの民族アイデンティティは「古代ギリシャ文明」と「ギリシャ正教」になった。

1924年から1935年まではクーデターにより共和政となっていたが、これも軍事クーデターにより崩壊し、王政復古された。国王の大権と極右政党による内統一がなされ、1936年には陸軍大臣イオアニスメタクサスを首相とする独裁体制が敷かれた。

当時のギリシャは中立を謳っていたが、メタクサス体制はイタリアムッソリーニによるファシズムにも似た義的独裁体制、要するに極右であった。それでいて、当時地中海っていたイギリスとは友好関係を築き、ファシズム的体制(枢軸国寄り)でありながらイギリス(連合)の友好、という奇妙な状態にあった。

そのような中で、ギリシャは第二次世界大戦を迎える。

第二次世界大戦

1940年に枢軸国に加盟し連合宣戦布告したイタリア。その導者ムッソリーニは、ギリシャが連合の盟イギリスの友好であるため、連合イタリアに攻める際ギリシャがその足がかりになるのでは、と恐れた。それにぶっちゃけギリシャが欲しかった。それ故ギリシャは同年10月28日イタリア宣戦布告され、その同盟ドイツブルガリアからも攻撃され、第二次世界大戦の当事となった。

枢軸国と戦うイギリスは、イギリスインドマラッカ峡(シンガポール)を上で繋ぐ上での重要な中継地である地中海を保持するために、その要地にあるギリシャに援軍を送った。これによりギリシャ王は連合側に。

イタリアがギリシャに送った兵は、アフリカ戦線やイタリア内および強引に併合したばかりのアルバニアから理やりかき集められてきたため、かなりヘタれた。そのため当初ギリシャ・イギリス連合軍は優勢にあり、逆にアルバニアへと北上し逆侵攻する始末であった。ヘタリアェ……。が、1941年から枢軸国の盟ドイツが本格的に援軍を送り始めると、ギリシャ・イギリス連合軍は敗北首相メタクサスは病死。ギリシャはイタリアドイツブルガリアによって分割占領され、枢軸側の傀儡国家ギリシャとなる。国王ゲオルギウス2世とギリシャ王政府イギリスに亡命した。

ソ連支援を受けた共産主義者と、イギリス(連合)側であり反共産主義王党派がそれぞれ別個に枢軸国に対しパルチザン(抵抗運動)を展開し、ギリシャ内は三つとなった。元より脆弱であった経済基盤と、枢軸国との戦争、両パルチザンに対するドイツの大量虐殺飢饉によって、戦中のギリシャは底的に荒した。

1944年には独ソ戦の戦況悪化からドイツ軍はギリシャから次第に撤退していった。翌1945年には枢軸国の降伏および連合勝利によって全に解放され、連合側である王党派が政権を握り、ギリシャ王が復活。なお、戦争終結直前、戦後構想に関してイギリス首相チャーチルは、ソ連導者スターリンに対して「が欲しいソ連ルーマニアの9割を、地中海を独占したい々(イギリス)はギリシャの9割を、それぞれ支配するのはどうか」(意訳)と交渉している……。

内戦

しかし戦中より生じていたソ連側の共産主義ゲリラ)と王党派政府側)の対立は戦後になってなお続いた。それは地中海の要衝を保持したいイギリスと、地中海への出口・進出を論むソ連の代理戦争でもあり、西側諸と東側諸冷戦の一端でもあった。

1946年にはついに内戦へと至った。イギリス戦後経済難により王党派への支援を困難にしたが、代わって、アメリカ合衆国が右支援。一方共産主義は、支援元のソ連ユーゴスラビアが仲違いしたため大幅に弱体化していった。その結果、1949年、内戦はアメリカが支持する右勝利により終結した。

現代

1952年にはNATOに加盟、翌1953年にはユーゴスラビアトルコと同盟を締結。ところが1950年代の後半になるとキプロスを巡ってトルコとの対立が化した。

戦後から1970年代初頭まで、奇跡的な経済成長を遂げた。1968~1974年までは軍事独裁政権であったが、内のデモをきっかけにクーデターにより崩壊し、次いで選挙によって民主主義中道政党が政権を握った。また同年、投票によって王制止され、現在ギリシャ共和国になった。

1981年EUの前身に当たるEC(欧州共同体)に加盟。EU発足後はそのままEU加盟に。

1999年トルコ地震の復支援などを機に現在ではトルコとは歩み寄りをみせている。アルバニアとはアルバニア内に住むギリシャ系住民問題で対立している。

2001年にはユーロを導入、2004年にはアテネ五輪が開催。

しかし2010年には巨額の財政赤字が発覚し、EU全体を巻き込む経済危機を呼び起こした。ギリシャを劣悪な落第生のごとく罵る潮が起こった一方、や地域、論者によってはEU事実上のリーダーであるドイツがギリシャに分不相応な対応をしたとも、搾取をしたとも言われ、ギリシャに同情する者や、ドイツに反感を抱く者、それが発展してEUを懐疑する者さえ現れた。ともあれ、2018年現在、ギリシャは今なお経済的苦に立たされている。

豆知識

著名なギリシャ人

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/19(土) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/19(土) 23:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP