今注目のニュース
ヤラセレビュー見抜ける?「サクラチェッカー」話題 製作理由は、調査方法は、精度は...作者に聞く
お風呂場から謎の異臭が… その正体にショックで動揺してしまった
『ストリートファイター』シリーズより神月かりんがBISHOUJOシリーズで立体化

クシャトリヤ単語

クシャトリヤ

掲示板をみる(43)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

クシャトリヤとは、以下の物を意味する。

  1. 古代インドにおけるバラモン教社会での階層のひとつ。王族や武士がこれに当てはまる。
    ヴァルナ(種姓)とも呼ばれる4階層の中では、最上位階層のバラモンに次ぐ第2位であり、ヴァイシャとシュードラを統治する階級となる。
    ちなみにゴータマ・シッダールタこと後の釈迦釈迦族の王子であるため、クシャトリヤである。
  2. 機動戦士ガンダムUC』に登場する人型機動兵器モビルスーツのひとつ、NZ-666クシャトリヤ。以下、本項にて記述。

概要

ネオジオン残党組織“袖付き”が保有するニュータイプ専用MS
デザインカトキハジメによる。

ハマーン・カーン時代のネオジオンが開発した大MSであるNZ-000クィン・マンサの流れをむ機体だが、その火力や性を維持したまま大幅なダウンサイジングに成功している(39.2mから22.3m)。また、これにより他のMSと同一規格の兵装類の運用も可となったため、汎用性の点でも向上が認められる。
これはサイコフレームの採用と大バインダーを4基備えた事により実現できたもので、その外観から連邦兵士からは“4枚羽”とも渾名される。
ただし、メインラスター類や攻撃の要となるファンネルはこのバインダーに集約されているため、バインダーを複数喪失した場合、戦闘は大きく低下することになる(まぁ、最終的にはバインダーそのものをファンネルとしてしまうわけだが……)。

ちなみに、この時代のネオジオンは自でのサイコフレームの製造を持たず、保有するサイコフレーム自体、シャアの反乱当時にアナハイムエレクトロニクスのグラナダ工場で生産された分がその全てであった。このため、本機は追加生産もままならず、整備性に難のあるワンアンドオンリーの機体となってしまっている。
また、その性質上通常のパイロットでは性フルに発揮することはできず、強化人間であるマリーダ・クルス専用機として扱われている。

作中では、ストーリー較的い段階(パラオ攻略戦)でユニコーンガンダムとの戦闘により損傷を負い、ネェル・アーガマに収容される。搭乗者であるマリーダがビスト財団によりバンシィパイロットとして再調整を受け、地上に降ろされたこともあって、中盤ではど登場しない。
が、最終決戦において応急処置を受けた上で再度マリーダの乗機として出撃。かつて彼女が敵と見なした“ガンダム”の僚機として、共に戦うこととなる。

クシャトリヤ・ベッセルング

先述の通り、クシャトリヤはユニコーンガンダムとの戦闘で損傷を負い、ネェル・アーガマに収容されている。
元々クシャトリヤ自体整備が困難な機体であったことに加え、袖付きの機体ということもあって長らく放置されていたのだが、ネェル・アーガマガランシェール隊が合流し、さらにフル・フロンタルらがネェル・アーガマに乗り込んだ際、彼ら導の下で修復作業が行われた。OVA版において、この応急処置状態の本機をクシャトリヤ・ベッセルングと呼称する。ベッセルング(Besserung)とは、独で『回復』や『良』といった意味合いだが、この場合は前者か。

小説版では失った右腕に直接ビームガトリングガンを装着する等の応急処置が行われた。
OVA版では、左肘から先を喪失しているだけでなく右脚もフレームのみの状態となっている。また、頭部のフレームや胸部のコクピットブロックが露出している等、防御面で大きく性が低下している。
加えて、元々4基あったバインダーのうち2基を喪失、更に残った1基のうち左側のものは装甲やサブアームのフレームむき出しの構造となっている(装甲部分が外されたままの状態)。
火力面でもファンネルは全て喪失しており、胸部メガ粒子砲も2基が使用不可能に陥っている。
モノアイの発色はピンクからへ変更されたが、これは修復の際にジェガンの物を流用したため。

以上の通り、その性は大幅に低下していると言わざるを得ない。

クシャトリヤ・リペアード

袖付きによる応急修理がなされたクシャトリヤ・ベッセルングを、さらにネェル・アーガマクルーが実戦投入可レベルまで修復した機体。リペアード(Repaired)は英語で『修復された』という意。

ベッセルングはムーバブルフレームの一部やコクピットブロックがむき出しである等、あくまでも応急処置の域をえる物ではなかったが、ユニコーンガンダムジェガンベースジャバーといったネェル・アーガマ搭載機のパーツを組み込むことにより、戦闘準にまで持ち直している。
ベッセルングでは片方がフレームむき出しとなっていた肩部バインダーは、左右一対共、ほぼ元々の形態を取り戻しており、失ったもう一対については、ベースジャバー用のブースターと大プロペラントタンクを取り付けることで低下した機動性を補っている。また、失った左腕には本来ユニコーンガンダム用のオプション装備であるハイパービームジャベリンを直接装備する他、脚部仮設フレームビームガトリングガンを内蔵する。
ファンネルポッドの部分は装甲でカバーされているが、実際にはシュツルム・ファウストの弾頭を取り付ける改造を施したファンネルを内蔵している。装甲でカバーしているのはその存在を隠すためでもあり、隠し玉的に作中でも扱われた。

兵装

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/17(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/17(水) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP