クラウンプライド 単語

21件

クラウンプライド

5.9千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

クラウンプライド(Crown Pride)とは、2019年生まれの日本競走馬黒鹿毛

な勝ち
2022年:UAEダービーGII
2023年:コリアカップGIII

概要

リーチザクラウンエミープライドキングカメハメハという血統。
2009年日本ダービー2着。気性面の問題もあり勝ちGII止まりだが、スペシャルウィークサイアーラインを継ぐため種牡馬入り。初年度産駒の勝ち上がり率が非常に優秀で社台スタリオンステーションに栄転したものの、2021年までに中央重賞2017年シンザン記念を勝った初年度産駒キョウヘイのみで、2021年から元のアロースタッドに戻された。クラウンプライドは社台スタリオン時代の産駒である。
エミープライド地方で27戦9勝。クラウンプライドが初である。
は説明不要の非サンデー系筆頭の大種牡馬

スペシャルウィークの直系であることに加え、血統表を見ると、Seattle SlewSecretariat系はアグネスタキオンに、3代ミスフェールは*ホワイトマズル、*ダンシングブレーヴ*トニービンを持ち、牝系マルゼンスキーと同じという、非常に趣深い血統である。

2019年5月4日千歳市の社台ファームで誕生。社台グループオーナーズ(中央競馬馬主資格を持つ会員による共有馬クラブ)の所有馬で、募集価格は1口150万円×10口(=1500万円)だった。名義上の馬主は社台ファーム代表の吉田照哉。

名は名の一部+名の一部というシンプルな命名。意味は「王冠の誇り」として登録されている。

王冠の誇り

2歳

開業2年新谷功一厩舎(東)に入厩し、デビュー2021年10月3日の中新馬戦ダート1800m)。上は幸英明で、5番人気だった。先行集団を見る位置でレースを進め、を被って折り合いを欠きながらも、直線で外に持ち出すとあとは突き放す一方で6身差の圧勝デビューを飾る。

続いて11月1勝クラス・もちの木賞(阪神ダート1800m)。今回も4番人気だったが、今度はを被らない位置での先行策で進め、直線で抜け出すと2着は3身、3着は11ぶっちぎって2戦連続の圧勝。

この2戦圧勝で営は選出されていた兵庫ジュニアグランプリJpnII)を回避して、12月全日本2歳優駿JpnI)に登録したものの、収得賞金が足りず補欠2位となり出走ならず。ちなみに補欠1位で1頭回避が出たため出走できたのが断然人気で勝ったドライスタウトだったりする。

3歳

明けて3歳初戦は2月ヒヤシンスステークス(L)上はミルコ・デムーロ。3番人気に支持されたが、スタートで盛大に出遅れてしまい、3コーナーから押し上げて追い込んだものの伸びきらずコンバスチョンの6着。

続いてはドバイへ遠征し、コンバスチョンレイホマレセキフウとともにUAEダービーGIIへ。上はダミアン・レーン。前方外の好位からレースを進めると、4コーナーからどんどん押し上げて先頭を狙う。残り200mからぐんぐんと伸び、逃げSummer is Tomorrowを並ぶ間もなくかわすと、あとは突き放して2と3/4身差をつける勝。
2016年ラニ以来史上2頭日本によるUAEダービー制覇。新谷師も開業3年で嬉しい重賞初制覇を海外で飾った。上のレーンもメイダンは初参戦で、「ドバイでの初騎乗のレースで勝てるなんてのようです」とコメント

続いては帰せずそのままアメリカに向かい、上はクリストフ・ルメールを迎え、日本調教として史上4頭の挑戦となるアメリカクラシック三冠の第1戦・ケンタッキーダービーGIに挑んだ。日本ダービーの血を引くケンタッキーダービーに挑むのは史上初である。リーチザクラウンが届かず、祖スペシャルウィークキングカメハメハ日本で手にした"ダービー"の冠に、曾祖サンデーサイレンスシアトルスルーがその栄冠を手にしたアメリカチャーチルダウンズ競馬場で果敢に挑んだのだが……。
スタートを決めてあっさり2番手につけたところまでは良かったのだが、スタートダッシュがあまりに速すぎて、先頭で逃げSummer Is Tomorrowの刻んだラップ最初の800mが4536という、現地の実況も驚くレベルハイペースになってしまう。日本アメリカダートは性質が違い、アメリカ競馬はテンから飛ばしていくのが基本とはいえ、スプリント戦並のこんなペース2000m保つはずはなく、クラウンプライドを含めた先行勢は直線で全滅。補欠繰り上がりの最低人気Rich Strikeが勝つという大波乱の後方で13着に敗れた。

二冠プリークネスステークスには向かわず帰し、次走はジャパンダートダービーを予定していたが、長期遠征やアメリカでのハイペース走の疲れが抜けなかったようで回避。

じっくりまで英気を養い、復帰戦は9月日本テレビ盃JpnII上は初騎乗の福永祐一JDD組のノットゥルノペイシャエスに加え、地方からは古サルサディオーネミューチャリーが参戦し、ダート3歳勢のレベルを計る戦いにもなった。1番人気ペイシャエス(2.2倍)、2番人気サルサディオーネ(4.4倍)で、クラウンプライドは5.1倍の3番人気
フルデプスリーダーゲート内で暴れ競走除外となり、入れ直しとなって発走が遅れるアクシデントの中始まったレース。いつも通りロケットスタートサルサディオーネ逃げノットゥルノが2番手でそれをマーク、クラウンプライドはその2頭を見ながら3番手に構える。4コーナーで振り落とされたノットゥルノを横サルサディオーネに迫り、直線残り200mで捕まえて先頭――に抜け出した間、外からカッ飛んできたのは7番人気船橋の8歳フィールドセンス! 最後は半身差し切られて悔しい2着JBCクラシックの優先出走権を逃した。

そんなわけでJBCクラシックJpnI)は賞金的に出走が危ぶまれたが、チュウワウィザード電撃引退などもあってか事に選定されたため、引き続き福永上に参戦。テーオーケインズに次ぐ4.4倍の2番人気に支持される。
レースは積極的に逃げがいなかったため、先行争いの中で先頭に立って逃げる格好に。緩いペース逃げ、直線でも後続を突き放してったが、外からテーオーケインズにかわされての2着。現役最強帝王に貫を見せつけられた。福永は「ペースが上がらない中で、逃げるのはプランのうち。GIを勝つはある。コーナーワークが上手ではないので、広いコースならもっとを発揮できると思う」とのコメント

引き続き福永とともにチャンピオンズカップGIへ。JBCクラシックで2着とはいえ、内容的にはテーオーケインズとの勝負付けは済んだと見られたか、1.5倍と断然評価のテーオーケインズに対して14.3倍の4番人気まで評価を落とす。
ところがレースではそのテーオーケインズが出遅れて外回しになる思わぬ展開。クラウンプライドは宣言通りに逃げレッドソルダードを見ながら中2番手につけ、直線に入口でかわして先頭に立つ。外回しのせいか伸びないテーオーケインズを突き放し、そのまま押し切るかと思われたが、そこで後ろから飛んできたのはダート転向で覚醒した5歳の上がりジュンライトボルト! ゴール寸前にクビ差かわされ、またしても2着。4着のテーオーケインズには着順の上ではリベンジしたが、悔しい敗戦となった。

4歳

明けて4歳はサウジカップGIに登録。レーティング的に招待が届くか危ういところだったが、優先出走権を持つペガサスWC勝ちアートコレクターが回避したことで招待に滑り込んだ。上にはUAEダービー以来のダミアン・レーンを迎えた。
レースは最内からいつものようにパンサラッサ逃げ、クラウンプライドはケンタッキーダービーで戦った(そして一緒に沈んだ[1]アメリカTaibaとともにそれを追う。途中でジオグリフが上がってきて4番手に下がったが、コーナーTaibaがついていけなくなり脱落、3番手で直線へ。止まらないパンサラッサを外から追いかけたが、大外から飛んできたCountry Grammerにかわされ、内から来たカフェファラオにも競り落とされて5着。4歳としては充分すぎる大健闘と言えるが、今回も勝ちきれなさが出てしまった感じの悔しい結果であった。まあフェブラリーS勝利[2]以上の賞100万ドル(1億3186万5000円)をゲットしたので、挑んだ甲斐はあったというものだろう。

この好走もあってドバイワールドカップGIの招待が届き受諾。引き続きレーンとともにドバイの大舞台に挑んだ。レースは外もあって前の位置をとれず、そのまま後方からの展開に。しかしこれでパンサラッサとリモースのハイペースに付き合わずに脚を貯めることができたようで、直線では後方から追い込みほとんど全く中継画面に映っていなかったのにいつの間にか5着に食い込んだ。サウジカップほどではないが36万ドル(約5000万円)をゲット

後は上半期のダート大一番・帝王賞JpnI)へ、初騎乗の川田将雅とともに参戦。ドバイ遠征組のテーオーケインズジュンライトボルトかしわ記念を勝ってきた前年覇者メイショウハリオらの実績勢に加え、6歳勢からは遅れて台頭してきたハギノアレグリアスとプロミストウォリアが参戦。同期では大井巧者のノットゥルノと好メンバーが出う中、7.3倍の4番人気に支持される。
レースは隣の最内テーオーケインズが少し出遅れたこともあり、好スタートを切ると、逃げプロミストウォリア後ろの4番手という絶好のポジションを確保。直線で最内を突いて抜け出し、後ろを突き放す。完璧な先行抜け出し押し切りを図ったクラウンプライドに、群の中からテーオーケインズ、外から捲ってきたメイショウハリオが追い込んできて、最後は3頭横並びの大接戦ゴーン! ……結果は僅かにハナ差、メイショウハリオに差し切られてまたまたま2着
これで内では4戦連続2着タイム2011年スマートファルコン以来の2分1台となる2:01.9を叩き出して、それでも栄冠までのあと一歩、ほんの数センチが果てしなく遠い……。

続いては夏休みを経て韓国へ遠征。重賞連勝中の5歳グロリアムンディとともに、招待を受諾したコリアカップGIIIに参戦。グロリアムンディも前2走は川田将雅が騎乗していたが、川田はこちらを選択した(あちらは坂井瑠星が騎乗)。
レースは外から好スタートを切って2番手で進め、レース中盤で々に基礎スピードの違いを見せるような形で先頭へ。そのまま全ななりで直線を向くと、川田将雅が肩をひとつ入れて軽く追うとあとは後続を突き放す一方。ぐんぐん後ろをぶっちぎり、ほとんど公開調教のような内容で2着グロリアムンディに10身差をつける圧勝。1年半ぶりの勝利重賞2勝を飾った。なお川田はこのレース前のコリアスプリントでもリメイクに騎乗し4身差で勝。めて今年のダートグレード競走で猛威を振るう上の実を見せつけたのだった。

この後は遠征の疲労もありJBCクラシックは回避。昨年同様にチャンピオンズカップGIに出走した。この年のチャンピオンズカップ帝王賞しのぎを削ったメイショウハリオテーオーケインズだけでなく、前走南部杯で大差勝ちをしたレモンポップ、前走みやこステークスを後方一気で勝利したセラフィックコールなどが出走し、GIは計7頭が出走するというハイレベルレースとなった。
そんな中、クラウンプライドはレモンポップセラフィックコールに次ぐ単勝3番人気に推されたが、中外を走り続けたか、直線で伸びることなく11着に敗れる。掲示板を外したのは3歳のケンタッキーダービー以来となった。

5歳

明けて5歳は再び中東遠征でサウジカップGIに出走。上はジョアン・モレイラ。この年のサウジカップの遠征にはBCクラシック2着のデルマソトガケに前走チャンピオンズカップで打ちのめされたレモンポップ引退が近づくメイショウハリオに加え、ドバイWC連覇をウシュバテソーロとまた強メンバーが参加。
レースでは中前につき追走するが直線に入るころにはは残っておらず、9着に終わった。

この結果を受け、ドバイワールドカップへの招待があったが辞退し日本に帰。次走はかしわ記念JpnI)となる模様。3歳のヒヤシンスステークス以来の1600mのレースだが、今度こそGI級のタイトルをつかめるだろうか。

過去に3歳でJBCクラシック連対を果たしたアドマイヤドンアジュディミツオーフリオーソサクセスブロッケンオメガパフュームという錚々たる面々。内では実を見せながらあと一歩勝ちきれずシルコレ街道が続くが、偉大な先達に並び立つべく、誇りある王冠を掲げることをして戦いは続く。

血統表

リーチザクラウン
2006 青鹿毛
スペシャルウィーク
1995 黒鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペンガール マルゼンスキー
レディーシラオキ
クラウンピース
1997 鹿毛
Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
*クラシッククラウン Mr. Prospector
Six Crowns
エミープライド
2012 鹿毛
FNo.5-g
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
*マンファ ラストタイクー
Pilot Bird
エミースマイル
2004 栗毛
アグネスタキオン *サンデーサイレンス
アグネスフローラ
ミスフェー *ホワイトマズル
グレイエミネンス

クロス:*サンデーサイレンス 3×4(18.75%)、Mr. Prospector 4×4(12.50%)

関連動画

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *クラウンプライドに半身先着する12着
  2. *1億2000万円
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
Tda式モデル[単語]

提供: /(^o^)\

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/16(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/16(火) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP