クラウンプライド単語

クラウンプライド

2.9千文字の記事
掲示板をみる(29)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

クラウンプライドCrown Pride)とは、2019年生まれの日本競走馬黒鹿毛

な勝ち
2022年UAEダービーGⅡ

概要

リーチザクラウンエミープライドキングカメハメハという血統。
2009年日本ダービー2着。気性面の問題もあり勝ちGⅡ止まりだが、スペシャルウィークサイアーラインを継ぐため種牡馬入り。初年度産駒の勝ち上がり率が非常に優秀で社台スタリオンステーションに栄転したものの、2021年までに中央重賞2017年シンザン記念を勝った初年度産駒のキョウヘイのみで、2021年から元のアロースタッドに戻された。クラウンプライドは社台スタリオン時代の産駒である。
エミープライド地方で27戦9勝。クラウンプライドが初である。
は説明不要の非サンデー系筆頭の大種牡馬

スペシャルウィークの直系であることに加え、血統表を見ると、Seattle SlewSecretariat系はアグネスタキオンに、3代ミスフェールは*ホワイトマズル、*ダンシングブレーヴ*トニービンを持ち、系はマルゼンスキーと同じという、非常に趣深い血統である。

2019年5月4日千歳市の社台ファームで誕生。オーナーは社台ファーム代表の吉田照哉。

名は名の一部+名の一部というシンプルな命名。意味は「王冠の誇り」として登録されている。

王冠の誇り

2歳

開業2年新谷功一厩舎(東)に入厩し、デビュー2021年10月3日の中新馬戦ダート1800m)。上は幸英明で、5番人気だった。先行集団を見る位置でレースを進め、砂を被って折り合いを欠きながらも、直線で外に持ち出すとあとは突き放す一方で6身差の圧勝デビューを飾る。

続いて11月1勝クラス・もちの木賞(阪神ダート1800m)。今回も4番人気だったが、今度は砂を被らない位置での先行策で進め、直線で抜け出すと2着は3身、3着は11ぶっちぎって2戦連続の圧勝。

この2戦圧勝で営は選出されていた兵庫ジュニアグランプリ(Jpn)を回避して、12月全日本2歳優駿JpnⅠ)に登録したものの、収得賞金が足りず補欠2位となり出走ならず。ちなみに補欠1位で1頭回避が出たため出走できたのが断然人気で勝ったドライタウトだったりする。

3歳

明けて3歳初戦は2月ヒヤシンスステークス(L)上はミルコ・デムーロ。3番人気に支持されたが、スタートで盛大に出遅れてしまい、3コーナーから押し上げて追い込んだものの伸びきらずコンバスチョンの6着。

続いてはドバイへ遠征し、コンバスチョンレイホマレセキフウとともにUAEダービーGⅡへ。上はダミアン・レーン。前方外の好位からレースを進めると、4コーナーからどんどん押し上げて先頭を狙う。残り200mからぐんぐんと伸び、逃げSummer is Tomorrowを並ぶ間もなくかわすと、あとは突き放して2と3/4身差をつける勝。
2016年ラニ以来史上2頭日本によるUAEダービー制覇。新谷師も開業3年で嬉しい重賞初制覇を海外で飾った。上のレーンもメイダンは初参戦で、「ドバイでの初騎乗のレースで勝てるなんてのようです」とコメント

続いては帰せずそのままアメリカに向かい、上はクリストフ・ルメールを迎え、日本調教として史上4頭の挑戦となるアメリカクラシック三冠の第1戦・ケンタッキーダービーGⅠに挑んだ。日本ダービーの血を引くケンタッキーダービーに挑むのは史上初である。リーチザクラウンが届かず、祖スペシャルウィークキングカメハメハ日本で手にした"ダービー"の冠に、曾祖サンデーサイレンスシアトルスルーがその栄冠を手にしたアメリカチャーチルダウンズ競馬場で果敢に挑んだのだが……。
スタートを決めてあっさり2番手につけたところまでは良かったのだが、スタートダッシュがあまりに速すぎて、先頭で逃げSummer Is Tomorrowの刻んだラップ最初の800mが4536という、現地の実況も驚くレベルハイペースになってしまう。日本アメリカダートは性質が違い、アメリカ競馬はテンから飛ばしていくのが基本とはいえ、スプリント戦並のこんなペース2000m保つはずはなく、クラウンプライドを含めた先行勢は直線で全滅。補欠繰り上がりの最低人気Rich Strikeが勝つという大波乱の後方で13着に敗れた。

二冠プリークネスステークスには向かわず帰し、次走はジャパンダートダービーを予定していたが、長期遠征やアメリカでのハイペース走の疲れが抜けなかったようで回避。

じっくりまで英気を養い、復帰戦は9月日本テレビ盃Jpn上は初騎乗の福永祐一JDD組のノットゥルノ、ペイシャエスに加え、地方からは古サルサディオーネミューチャリーが参戦し、ダート3歳勢のレベルを計る戦いにもなった。1番人気はペイシャエス(2.2倍)、2番人気サルサディオーネ(4.4倍)で、クラウンプライドは5.1倍の3番人気
フルデプスリーダーゲート内で暴れ競走除外となり、入れ直しとなって発走が遅れるアクシデントの中始まったレース。いつも通りロケットスタートサルサディオーネ逃げノットゥルノが2番手でそれをマーク、クラウンプライドはその2頭を見ながら3番手に構える。4コーナーで振り落とされたノットゥルノを横サルサディオーネに迫り、直線残り200mで捕まえて先頭――に抜け出した間、外からカッ飛んできたのは7番人気の8歳フィールドセンス! 最後は半身差し切られて悔しい2着。JBCクラシックの優先出走権を逃した。

金的JBCクラシックは厳しそうなため、次走はみやこステークスGⅢの予定。GⅠ級出走のため、まずはしっかり収得賞金を稼いでいきたいところ。

血統表

リーチザクラウン
2006 青鹿毛
スペシャルウィーク
1995 黒鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペンガール マルゼンスキー
レディーシラオキ
クラウンピース
1997 鹿毛
Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
*クラシッククラウン Mr. Prospector
Six Crowns
エミープライド
2012 鹿毛
FNo.5-g
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
*マンファ ラストタイクー
Pilot Bird
エミースマイル
2004 栗毛
アグネスタキオン *サンデーサイレンス
アグネスフローラ
ミスフェー *ホワイトマズル
グレイエミネンス

クロス:*サンデーサイレンス 3×4(18.75%)、Mr. Prospector 4×4(12.50%)

関連動画

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/08(土) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/08(土) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP