クラーケン単語

クラーケン

  • 4
  • 0
掲示板をみる(38)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

クラーケン(Kraken)とは、に棲むと言われる伝説上の怪物である。

概要

幽霊船と並んで、世界中でり継がれている怪談の一つ。

中世時代より、ヨーロッパ方面のノルウェーアイスランドなど)に出没しては船を沈めると言われた巨大な伝説上の生物で、UMAとしてられている存在の中でも群を抜く大きさを誇る。
存在が知られるようになったのは、17世紀のデンマーク職者『エリックポントピダン』が自著「ノルウェー博物誌 (Natural History of Norway)」においてクラーケンを紹介したのがきっかけで、同書にてクラーケンの大きさを「小島ぐらい」と表現していた事や、「クラーケンが吐き出したで周囲のく染まった」と言った事からそのイメージが定着していく事になる。
クラーケンに遭遇した船はまず確実に生還できないとされたため、船出したまま二度と帰らなかった船の多くはクラーケンに遭遇してしまったとされた。かつて幽霊船マリー・セレスト号が見つかった時、船員が何故もいないのかという説を検証する過程で「船員が全員、クラーケンの餌食になった」とも一部で言われたほどである。

伝説

クラーケンについては大体、以下のように伝わっている。

  • 巨大なタコイカといった頭足類の姿で描かれることが多い。(もっともこれについては、10m以上の体長を誇るダイオウイカダイオウホオズキイカなどといった生物も存在するので一概に間違いではないかもしれないが)
    伝承や作品によっては、海蛇シーサーペント)や海竜ドラゴン)の姿でられる事もある。
  • 大きさについては伝承によってまちまちで、一般には、面に出た身体の周囲は2.5kmもあったという。
  • そのあまりの身体の大きさに全身を確認できない。いは、船乗り達はそれをクラーケン(生物)と認識できず小島と間違えて上陸してしまう事もあるらしい。
  • 凪で船が進まず、次に面が泡立ってきたなら、それはクラーケンが出現する前触れであるという。
  • 性格は温和で、おとなしいらしい。
  • な香気を発して餌のをひきつけ、食べていたらしいとも言われる。

フィクション作品の中のクラーケン

(上記以外にもありましたら、随時お気軽に追加していってください)

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 36ななしのよっしん

    2015/12/03(木) 20:58:50 ID: 0OuUyJOWz1

    >>31
    アクアノートの休日UMA/古生物版てな感じになるのかね

  • 37ななしのよっしん

    2018/06/28(木) 14:51:20 ID: 5QaVVChKGF

    似たようなのでアスピドケロンっていうのもいたよね。
    こっちは巨大な、または巨大なだけど。

  • 38ななしのよっしん

    2019/11/06(水) 01:19:13 ID: au5gXL0vjQ

    そういえば、原典では北洋に出没するとなっているが、
    フィクション作品では、
    原典とは反対の暖かい域及び南洋に出没する傾向が多くなっている。

    >>20
    後にオストガロアが登場したが、
    クラーケンに近い要素を持っている。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/03(木) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/03(木) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP