今注目のニュース
政治家がツイートで一般人を口撃していいのか
2歳の娘の前でパワーウインドーに首を挟まれ女性が死亡 「他人事とは思えない」の声も
ギャルママ、小5次女の授業参観日にショックな事件 「か…悲しすぎる」

クラーラ単語

クラーラ

掲示板をみる(73)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

 

注意 この項は、ガールズ&パンツァー劇場版ネタバレを含みます。
未見の方には戦略的撤退をお勧めいたします。

 

クラーラとは、劇場アニメガールズ&パンツァー 劇場版』の登場人物である。

CVジェーニャ

概要

プラウダ高校の生徒で、本校の戦車道チーム所属。搭乗戦車T-34/85で、本戦車長を務める。
金髪碧眼色白の外見[1]であり、『ガールズ&パンツァー』に多い外国人キャラクターではなく、正正銘の外国人ロシアからプラウダ高校にやって来た留学生で、ノンナに続くカチューシャの第二の保母役。普段はロシア語で会話をしているため、日本語しか話せないカチューシャからよく怒られているが、実際は流暢な日本語を話す事ができる。

大洗女子学園知波単学園VS聖グロリアーナ女学院プラウダ高校のエキシビジョンマッチで初登場。大洗地戦では敵フラッグⅣ号戦車に対し、建物越しの撃などを挟みつつ背後を取ることに成功する。しかし、Ⅳ号戦車を追って進入した急カーブを曲がりきれずに割烹館・肴屋本店[2]突しそうになり、なんとか直前で停するもそこに後続の巡航戦車クルセイダー(ローズヒップ)が追突。クルセイダーの予備燃料タンクが爆発炎上したことで館が崩壊し、瓦礫の崩落に巻き込まれたクラーラは走行不能になってしまった[3]。ちなみに、クルセイダーが追突してしまったのはクラーラが誤って倒した信号機に引っかかってスリップしたためなので、ある意味自業自得と言えるかもしれない。

大学選抜チームとの試合においては、大洗女子学園チームの助っ人として参戦。西住まほカチューシャ率いるひまわり中隊の一員となる。ひまわり中隊は高地頂上を取るも、カール自走臼砲撃にされた上に敵に半包囲され、孤立してしまう。強行突破を図るも多数の敵車両による追撃を受けて絶体絶命危機に陥った中隊、そして何よりカチューシャを撤退させるため、クラーラは決死のしんがり役を買って出る。この時初めて日本語を披露し、カチューシャへの別れの言葉を告げて敵へと喊。最期はカール自走臼砲の放った60cm弾の爆炎の中に散った。
クラーラに続きノンナニーナもしんがりを務め、カチューシャ以外のプラウダ高校メンバー全滅と引き換えに中隊は難を逃れ、本隊と事合流。反撃の狼煙を上げる。

試合後は帰りの船内でカチューシャを寝かしつけるためにバラライカ演奏している。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *クラーラのキャラクターデザインは担当声優ジェーニャを参考にしている(出典はこちらexit)。
  2. *TV版4話にて、聖グロリアーナマチルダが衝突したお染みの館。店は大変なことになってしまったが、店はまたも新築できるとあって大喜び。
  3. *追突した当のクルセイダーは損傷こそ受けたもののちゃっかり生き残っている。

掲示板

  • 71ななしのよっしん

    2018/03/06(火) 13:41:55 ID: FEzRWL5jRX

    TV版の時のプラウダ戦時は何してたんだろうな

  • 72ななしのよっしん

    2018/04/01(日) 16:34:07 ID: +h9Py+ZLUc

    後発キャラという事もあって、スタッフの見積もり次第でしょうけど
    「留学時期が全大会日程に合わなかった」か、
    大洗をなめてた頃のカチューシャが出さなかった」かのどちらかでしょうね

  • 73ななしのよっしん

    2018/05/06(日) 06:30:13 ID: n2gyoq4kb6

    リタンでのクラーラがただの危ない人にしか見えないw

急上昇ワード

最終更新:2019/09/22(日) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/22(日) 14:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP