クリオネ単語

クリオネ

3.5千文字の記事
掲示板をみる(36)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

クリオネとは、流氷天使である。

概要スレ>>4さんのクリオネ

透明な体と左右の足、ちょこんと生えた頭部のに、体内に透けて見える橙色の器官が美しいクリオネは、殻の退化した泳ぐ巻貝の一種である。

カタツムリミミズと同じ雌雄同体。体長は約0.5~3cm程度。ただし北極に近い地域では約7~10cmと、非常に大きいものが見られる(後述)。

クリオネという言葉はギリシア神話の文芸の女神レイオーに由来し、ハダカカメガイ科のハダカカメガイ属のことをす。この属は北極南極から、大洋の寒流域にかけて棲息し、面近くから深海メートルまで幅広く見られる。日本ではオホーツク太平洋のものが有名である。稀に寒流に乗って南下することもあるようだ。

その日本に生息する種として、ハダカカメガイ(Clione limacina)がに見られる…と言われてきたが、北海道越町の館と北海道オホーツク流氷科学センターの学芸員の研究[1]によって北極大西洋の巨大な種と太平洋オホーツク海南部の種が遺伝的に区別できることが分かった為、2020年現在日本のハダカカメガイの学名はClione elegantissimaになっている。
なお、Clione limacina北極の種の学名になり、その大きさからダイオウハダカカメガイという和名が新しく付けられている。まさかの大王である。その際の論文では他にも新種ダルマハダカカメガイが記載されている(後述)。

寿命は約1~2年とされているが、生態については未だ詳しいことがわかっていない状態である。あと何故かスーパー玉出で売られていることがある。

英語でもsea angel(天使)と呼ばれているが、これはクリオネに限らず浮遊する巻貝全般をす言葉である。

ちなみに殻を持つ(裸ではない)カメガイという生き物もちゃんといる。

捕食

ふわふわと泳ぐらしい姿からは想像も出来ないが、実はクリオネは食であり、ジンキマイマイ(Limacina helicina)という浮遊性の巻貝のみを食する。中でミジンキマイマイを見つけると接近し、頭部に格納されている6本の触手バッカルコーン(口円錐)」を展開し捕獲、その養分ゆっくりと吸い取る…という恐るべき触手プレイ。実は見る者を怖がらせる獰猛な生き物なのだ。

スレ>>4~6さんの捕食シーン>>4-6さんのクリオネ捕食シーン>>4-6さんのクリオネ捕食シーン

ジンキマイマイの安定した入手が難しいため水族館でもクリオネの長期的な飼育は難しい。一応、冷凍ミジンキマイマイでも食べてくれる場合もあるようだ。また、その代わりに飢餓に強く一生に食べる獲物の数はとても少ないとも言われる。

クリオネの方の天敵はというと、単なる動物プランクトンとしてヒゲクジラなど様々な生物捕食されているらしい。人間が食べても不味い(ガソリンのような味[2]とのこと)ので、もし入手できても食べるのは推奨されない。

クリオネの仲間たち

ハダカカメガイ属は4種が知られており、後述するように日本で更に新たな種が見つかっている。

その他、2017年[4]富山湾でハダカカメガイ属の新たな種が見つかっている[5][6]日本固有種とみられるが、2020年5月現在まだ論文は出ておらず、学名や和名は付けられていない。

番外編

ハダカカメガイ属ではない、クリオネの仲間たち(裸殻足類)もここで一部紹介する。もちろん全て食である。

クリオネ父さん

ニコニコ動画の内外において、政治家細田博之を「クリオネ」、または「クリオネ父さん」と呼ぶことがある。

一見すれば物穏やかでそうな外見だが、民主党やその議員を捕食、もとい追求する際には政界有数の切れ者としての本来の姿を現し、カミソリのような切れ味鋭い論述をバッカルコーンの如く展開するところに由来している。

ちなみに、この呼び名は自民党広報の認である。

関連動画

お子様や心臓の弱い方は、クリオネに関するニコニコ動画を見る際には特にご注意ください。

そして、これが政治家の方のクリオネの捕食行動を捕らえた重な映像である。

関連商品

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *オホーツク海で、氷の妖精「クリオネ」の新種が約100年ぶりに発見! - ニュース | たびらいexit
  2. *業界初! クリオネを食べるバーチャルYouTuber月ノ美兎 (1/2) - ねとらぼexit
  3. *オホーツク海南部で見られる小さなクリオネと大きなクリオネの謎を解明 ~地球温暖化による海洋環境変化に対する生物の応答解明に期待~│研究成果│国立極地研究所exit
  4. *採集されたのは2016年
  5. *クリオネの新種を富山湾内の広範囲で発見|教育・研究活動|富山大学exit
  6. *クリオネの新種、富山湾で発見 世界5種類目、固有種か:朝日新聞デジタルexit
  7. *美しいの浮遊生物図鑑(若林 香織, 田中 志) p66
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/24(日) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/24(日) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP