今注目のニュース
誰も死なせない!『オーバーウォッチ』マーシーがfigma化
自称霊能者がもはやギャグ ホラー漫画家による「怪談取材」での苦労話が悲しみの事実
『スーパーロボット大戦』シリーズがPCに進出。『V』および『X』がスイッチとSteamに移植

クリストファー・ノーラン単語

クリストファーノーラン

掲示板をみる(71)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

クリストファー・ノーラン(Christopher Nolan,1970年7月30日~)は、イギリス出身の映画監督映画プロデューサー脚本家

マット・デイモン似の作家ジョナサン・ノーランクリストファーの作品にも脚本として参加することが多い。

概要

10分しか記憶を維持できない男を主人公時系列を逆向きにしたストーリーや、ターゲットの夢の中に潜入する産業スパイなど、も思いつきそうにないような設定、リアルさや重厚な雰囲気を得意としている。手がけた作品の多くは高い完成度とそれに見合った確かな評価を得ている。人の心の醜さを描くことにも定評があり、その為ストーリーはドロドロしがちである。バッドエンド作品も多い。
その一方で『ダークナイト』のように人の心にも一筋の希望を与える作品も少なからずある。
また一回見ただけでは内容を全に理解できない作品もある。
基本的にストーリーシリアスだが、時々クスリと来るユーモアシーンを入れることも多々ある。

初期こそは『フォロウィング』『メメント』『インソムニア』など暗く陰ノワールサスペンスを得意としていたが、ヒーローモノである『バットマン ビギンズ』以降は『インセプション』や『インターステラー』などの硬SF戦争映画の『ダンケルク』など幅広いジャンルで活躍することとなった。
同時に、作にも変化があったようで登場人物が大体不幸になるブラックで陰な話から、人情ドラマを織り交ぜ、希望に溢れた結末を迎えるなど、若干丸くなった部分がある。

3DCGを控えることでも有名で、実写で撮れるところは極実写で撮っている(例:ダークナイトトレーラーが縦にひっくり返るシーンなど)。

スマホメアドは持たないで、左利きである。

2008年開したノーラン版バットマン第二作「ダークナイト」では得意とするリアルかつ重厚な作役者気迫る熱演、ド手なアクション、観たものの心を揺さぶる善悪を越したストーリーなどが混ざり合い近年〝稀〟にみる傑作として世界から絶賛された。世界行収入は10億192万ドルにもなり、2011年現在では歴代7位となっている。

監督作品一覧

関連動画

  

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP