クリストフ・ルメール 単語

267件

クリストフルメール

4.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
曖昧さ回避
  1. フランス出身のファッションデザイナー、および同名のファッションブランド
  2. フランス出身の騎手本項で記述

C.ルメール

クリストフ・ルメールとは、日本中央競馬会JRA)に所属するフランス出身の騎手である。

概要

フルネームクリストフ・パトリスルメールChristophe Patrice Lemaire1979年5月20日フランス生まれ。身長163cm、体重52.5kg、血液型B型。ミドルネームのパトリスは彼の父親名前からとられた。障害競走の名騎手であった。しかし、本人はの勧めもあり普通学校に進学、休日などに厩舎などに出入り。騎手学校での養成訓練を経ずに騎手になったというちょっと意外な経歴を持っている。
一時期は世界的大馬主のアガ・カーン殿下と専属騎乗契約を結んでいたりと、フランスを中心に1999年免許取得以来活躍してきた。

2002年日本での短期免許制度を活用して騎乗開始。暫くは小倉・中などのローカルなどで騎乗し、2004年天皇賞(秋)マイルチャンピオンシップジャパンカップ2005年マイルチャンピオンシップでいずれも2着と重賞G1まであともう一歩のところでなかなか勝ち切れずにいた。
しかし、2005年有馬記念ハーツクライに騎乗し、同年敗であったディープインパクトを下した他、2006年ドバイシーマクラシック優勝。サンクルー大賞ではプライドに騎乗し、当時世界最高の評価を受けていたハリケーンランを破るなど世界的に活躍し優れた実績を持つ。

2015年2月5日JRAから騎手免許試験の合格発表があり、同時に受験したミルコ・デムーロとともに合格、JRA初の外国人騎手となり、日本での通年騎乗免許を取得した。同年3月1日から「JRAのクリストフ・ルメール」として、新たなデビューを迎えることになった。

JRA時代

……はずだったのだが、初騎乗前日の調整ルームうっかりリツイートしてしまい(八百長などの防止のため、騎乗前日から通信機器等の使用は原則禁止とされている)、1ヶ騎乗停止をもらってしまう。しかし気を取り直して4月に再出発すると勝ちを量産。結局約8ヶ112勝を挙げ、最高勝率騎手いた。JRA騎手としてのGⅠ勝利阪神JFできっちりゲットしている。

2016年11月には新記録となる騎乗機会10連続連対、武豊に並ぶ1日8勝の記録立。この年GⅠ4勝を挙げ、自身初の最多獲得賞騎手となる。

2017年にはかつて自身がフランス拠点時代に騎乗していた優駿牝馬を勝ち、日両国オークススタセリタソウルスターリング)で制する格好になった。この年199勝を挙げ、外国人騎手としては初のJRAリーディングを獲得。

2018年は年始こそペースが上がらなかった(例年)が、7月から5か連続で20勝以上を挙げる猛チャージ。には秋華賞からJBCスプリント(この年は京都開催)まで4週連続GⅠ制覇という離れ業を披露する。最終的に武豊記録える年間215勝、GⅠ8勝の新記録立。さらに勝利数、賞勝率すべてでトップとなり、岡部幸雄武豊に次いで史上3人騎手大賞にいた。

ちなみに、JRA同期であるミルコ・デムーロとは仲がいいが、ミルコく「全然別の騎手」らしい。武豊解説によれば「クリストフはミルコじゃない」とのこと。

2019年皐月賞サートゥルナーリアで制覇し、史上9人クラシック競走全制覇となった。

2020年天皇賞春フィエールマンで連覇。
一昨年のレイデオロ天皇賞秋を制してから数えて前人未到の天皇賞4連覇を達成した。

そして天皇賞(秋)ではアーモンドアイで連覇(と史上初のGⅠ八冠の誕生)。天皇賞5連勝と更新

次週のエリザベス女王杯ではアーモンドアイ同期ラッキーライラック上として連覇達成。

その次の週のマイルチャンピオンシップではグランアレグリアマイル制覇を達成。

そんな中2020年11月14日東京6Rを勝利し、武豊(7022戦)を上回る史上最少騎乗回数6215で史上25人JRA通算1300勝を達成した。

極めつけはジャパンカップ引退レースとなるアーモンドアイで今年のクラシック敗の三冠で制したデアリングタクトコントレイル相手に貫勝ち。同に九冠更新させて有終の美を飾った。
これにより騎手史上初のJRAGⅠ・4連勝の快挙となった。

GⅠ/JpnⅠ勝ち鞍

中央競馬
競走名 勝ち 動画
フェブラリーステークス モズアスコット(2020)
カフェファラオ(2021)
sm36408492exit_nicovideo
sm38309377exit_nicovideo
桜花賞 アーモンドアイ(2018)
グランアレグリア(2019)
sm33020651exit_nicovideo
sm34928171exit_nicovideo
皐月賞 サートゥルナーリア(2019) sm34968002exit_nicovideo
天皇賞(春) フィエールマン(2019)
フィエールマン(2020)
ジャスティンパレス(2023)
sm35038988exit_nicovideo
sm36790886exit_nicovideo
sm42155141exit_nicovideo
NHKマイルカップ メジャーエンブレム(2016)
シュネルマイスター(2021)
sm28804353exit_nicovideo
sm38712383exit_nicovideo
ヴィクトリアマイル アドマイヤリード(2017)
アーモンドアイ(2020)
グランアレグリア(2021)
sm31212393exit_nicovideo
sm36876052exit_nicovideo
sm38745601exit_nicovideo
優駿牝馬(オークス) ソウルスターリング(2017)
アーモンドアイ(2018)
スターズオンアース(2022)
チェルヴィニア(2024)
sm31253919exit_nicovideo
sm33237786exit_nicovideo
sm40504586
exit_nicovideo
sm43808001exit_nicovideo
東京優駿(日本ダービー) レイデオロ(2017) sm31295860exit_nicovideo
安田記念 モズアスコット(2018) sm33309084exit_nicovideo
宝塚記念 クロノジェネシス(2021)
イクイノックス(2023)
sm38947722exit_nicovideo
sm42399823exit_nicovideo
スプリンターズステークス タワーオブロンドン(2019)
グランアレグリア(2020)
動画なし)
sm37620915exit_nicovideo
秋華賞 ディアドラ(2017)
アーモンドアイ(2018)
sm32102460exit_nicovideo
sm34017647exit_nicovideo
菊花賞 サトノダイヤモンド(2016)
フィエールマン(2018)
ドゥレッツァ(2023)
sm29892246exit_nicovideo
sm34054209exit_nicovideo
sm42925909exit_nicovideo
天皇賞(秋) レイデオロ(2018)
アーモンドアイ(2019)
アーモンドアイ(2020)
イクイノックス(2022)
イクイノックス(2023)
sm34088140exit_nicovideo
sm35871126exit_nicovideo
sm37757651exit_nicovideo
sm41302186exit_nicovideo
sm42955904exit_nicovideo
エリザベス女王杯 リトルアマポーラ(2008)
ラッキーライラック(2020)
ブレイディヴェーグ(2023)
sm5263679exit_nicovideo
sm37823432exit_nicovideo
sm43015099exit_nicovideo
マイルチャンピオンシップ グランアレグリア(2020)
グランアレグリア(2021)
sm37856014exit_nicovideo
sm39652225exit_nicovideo
ジャパンカップ ウオッカ(2009)
アーモンドアイ(2018)
アーモンドアイ(2020)
イクイノックス(2023)
sm8955148exit_nicovideo
sm34225854exit_nicovideo
sm37889850exit_nicovideo
sm43072208exit_nicovideo
ジャパンカップダート
チャンピオンズカップ
カネヒキリ(2008)
ルシャザール(2013)
sm11732008exit_nicovideo
sm22367541exit_nicovideo
阪神ジュベナイルフィリーズ メジャーエンブレム(2015)
ソウルスターリング(2016)
sm27786056exit_nicovideo
sm30207081exit_nicovideo
有馬記念 ハーツクライ(2005)
サトノダイヤモンド(2016)
イクイノックス(2022)
sm6329973exit_nicovideo
sm30297320exit_nicovideo
sm41554741exit_nicovideo
ホープフルステークス レガレイラ(2023)
地方競馬
川崎記念 ヴァーミリアン(2007)
カネヒキリ(2009)
オールブラッシュ(2017)
動画なし)
動画なし)
動画なし)
かしわ記念 ゴールドドリーム(2018)
ゴールドドリーム(2019)
sm33146575exit_nicovideo
sm35092475exit_nicovideo
帝王賞 ゴールドドリーム(2018) sm33431867exit_nicovideo
ジャパンダートダービー ノンコノユメ(2015) 動画なし)
JBCスプリント グレイスフルリープ(2018) sm34123650exit_nicovideo
東京大賞典 カネヒキリ(2008) sm5695711exit_nicovideo
海外日本調教騎乗のみ)
ドバイシーマクラシック ハーツクライ(2006)
イクイノックス(2023)
sm6330324exit_nicovideo
sm41989829exit_nicovideo
ドバイターフ アーモンドアイ(2019) sm34882031exit_nicovideo

2023年現在、未勝利の中央GⅠ高松宮記念大阪杯朝日杯FSの三つ。
(大阪杯GⅡ時代に1勝)

関連動画



関連コミュニティ

関連項目

中央競馬三冠達成騎手
クラシック三冠 牡馬三冠 小西喜蔵蛯名五郎 | 栗田 | 保田隆芳増沢末夫武邦彦郷原洋行
田島良保 | 菅原泰夫中島啓之 | 吉永正人 | 岡部幸雄 | 柴田政人南井克巳 | 
武豊 | 河内洋四位洋文横山典弘池添謙一 | 内田博幸岩田康誠川田将雅
ミルコ・デムーロ | クリストフ・ルメール福永祐一 
牝馬三冠 前田長吉
変則三冠 前田長吉
中央競馬牝馬三冠 嶋田功 | 横山富雄河内洋 | 松永幹夫武豊幸英明 | 本田優 | 池添謙一
安藤勝己 | 蛯名正義 | 岩田康誠福永祐一クリストフ・ルメール | 松山弘平 | 
川田将雅
古馬三冠 春古馬 達成者
秋古馬 和田竜二 | オリビエ・ペリエ
は同一による達成者。変則三冠、古三冠は同一年達成者のみ。
騎手テンプレート
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/17(水) 19:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/17(水) 18:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP