クリスマスまでには帰れる単語

クリスマスマデニワカエレル

  • 10
  • 0
掲示板をみる(42)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「クリスマスまでには帰れる」 とは、死亡フラグ古典名作である。

あの頃、人々はまだ概要を知らなかった。

クリスマスまでには帰れる兵士視点)」あるいは

「この戦争クリスマスまでには終わる将軍政治家視点)」として使用される。

いつが発祥であるかは不明である。しかし、第一次世界大戦の開戦年、1914年にはすでに存在していたことがわかっている。

新しく徴兵された兵士たちは、戦場に送られる列車が発するとき、で見送る母親に笑いながら叫んだという。

クリスマスにまた!!」

このフラグを立てた者は、

アドルフ・ヒトラークリスマスまでにモスクワを陥落せしめよ)

朝鮮戦争にて中国軍介入直前の米軍(この戦争クリスマスまでには終わる)

などなど、多数確認されており、今後もキリスト教国家で使われ続ける可性が大である。

キリスト教国家以外でも「革命記念日までに」「天長節までに」などの生形がある。この場合も、もれなくフラグは回収されている。

ロマンにあふれた関連動画、荒々しい冒険。

関連商品は数種類、息つく間もなくすぐ買える。大した出費をする事もない

新しい関連項目は笑いながら運営に叫んだ。「クリスマスにまた!」

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/24(火) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/24(火) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP