クリムゾン単語

クリムゾン

掲示板をみる(39)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

クリムゾンとは、色の一つである。濃いみの。表記はCrimson日本ではクリムソンと呼ぶ場合もある。

特徴

赤色の一種であるが、純色のよりがかり、非常に度が高いのが特徴。元は「カイガラムシ」という昆虫から取られるコチニールという天然染料を原料にした大変歴史のある色である。着色が非常に強く強色彩を持ちながらも、透明度が高いため深みがある大変独特な色。
古くからクリムゾンは絵の具や化粧品、食品の着色などに使われている染料だが、昆虫が原料ということから最近では気持ち悪いと敬遠されることもあるようである。

余談だがカイガラムシというのは、の枯れた木などについているいやつのこと。一には見えないかもしれないが、木にとっては害虫になるので取ったほうがいい。

またクリムゾンは、西洋ではその強色彩から血液の色に例えられる色である。

もしかして

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/24(日) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/24(日) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP