今注目のニュース
手越祐也の騒動を当てた『イッテQ』占い師 さらなる予言に視聴者悲鳴
チキン野郎ってどんな意味?なんでチキンが使われるのか?
10代少女が30代男性と駆け落ち 父から娘に死の制裁を下す悲劇に

クレオパトラ単語

クレオパトラ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(30)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

クレオパトラとは、古代ギリシャおよび古代エジプトプトレマイオス女性王族の名前。何代にも渡って使われ、その中でも最後の女王となったクレオパトラ7世が特に有名。

また、現代でもこの名前を持つ女性は存在している。

この記事ではクレオパトラ7世について解説する。

曖昧さ回避
  1. クレオパトラ(お笑い芸人) - 日本お笑い芸人該当記事参照

古代エジプト最後の王となったプトレマイオス最後の女王。一般には絶世の美女として知られ、また、ローマ帝国の支配者たちとの悲物語もよく知られている。

概要

クレオパトラ7世(前69~前30)とは、アレクサンダー大王の東征ののちにその配下プトレマイオスによって開かれたプトレマイオスの末裔。プトレマイオス12世クレオパトラ5世との間に生まれた。が1名、が2名、が1名存在している。

プトレマイオス朝の混乱

古代エジプトは非常に豊かな国家である。ナイルがもたらす生産などに支えられ、エジプトに蓄えられた財宝はすさまじいものであったといわれる。しかし、その反面、政治は決して安定したものではなかった。

クレオパトラが生まれたプトレマイオス王位継承権を王女結婚したものが持つという決まりがあり、王子たちは、もしくは結婚して共同統治者となりエジプトを支配していた。クレオパトラの両親もまた兄妹、もしくは姉弟近親婚である。しかし、この政治体制は骨肉の争いが絶えず、クレオパトラのも争い、を殺すという事態にまで陥っている。

の死後、クレオパトラは女王に就任するが、共同統治者としてプトレマイオス13世とやはり近親婚をしている。しかし、この共同統治者で夫でプトレマイオス13世とは相性が悪かったのか、クーデターによりクレオパトラは追放されてしまう。

ユリウス・カエサルの介入とロマンス

追放されてしまったクレオパトラは逆転を狙って当時地中海世界覇者となっていた古代ローマ帝国ユリウス・カエサルジュリアスシーザー)に接近する。このとき、クレオパトラは寝具(あるいはじゅうたん)に自分の体を包ませ、カエサルに近づいたとされている。

この大胆なアプローチカエサルは心惹かれたのか、クレオパトラを愛人とし、プトレマイオス13世を除き彼女エジプトの支配者へと返り咲かせた。

また、この時期にクレオパトラはカエサルとの間に男の子を授かり、カエサリオンシーザリオン)と名付けている。クレオパトラはそれまで後継者たる男子のいなかったカエサルの後継ぎとしてカエサリオンを押していたといわれている。しかし、カエサルは自らの後継者を大甥のオクタヴィアヌスに定めており、カエサリオンが後継者となることはなかった。

ローマに戻り、凱旋式を挙げるカエサルに従ってクレオパトラもカエサリオンを連れてローマに赴く。この凱旋式ではプトレマイオス13世の協者となってローマと戦ったクレオパトラの戦利品として引き回されている。大ローマの支配者カエサル護とエジプトの富を併せ持ったクレオパトラはまさに幸せの絶頂であったと思われるが、世の中はそうはうまくはいかない。カエサルの独裁に不満を募らせていた元老院議員たちによってカエサルローマで暗殺されてしまうのである。護者を失ったクレオパトラは逃げるかのようにエジプトに戻っている。

アントニウスとのロマンス

カエサル死後の混乱を収めるために、ローマから東方派遣されてきたのが元はカエサルの部下で、今は第2回三頭政治の一となったアントニウスである。アントニウスは東方での混乱を収めたのち、クレオパトラと面会。その虜になってしまったといわれ、その後親密な関係となる。

アントニウスはそのままエジプトを中心に東方にとどまり、クレオパトラとの間に3名の子供まで作ってしまう。そしてアルメニア遠征に成功すると首都ローマではなくエジプトアレクサンドリアで凱旋式を行い、また、「亡骸はエジプトに埋めてくれ」という遺言書が暴露されたことにより、「クレオパトラに抜きにされた」とローマから大きな批判を浴びることになる。

クレオパトラとプトレマイオス朝の最期

アントニウスの凋落を見たオクタヴィアヌスアントニウス、および彼を抜きにしたクレオパトラとの決戦を決意する。この戦いはローマ内の内戦ではなく、ローマエジプトという構図になっていた。

アントニウスとクレオパトラはアクティウムの戦においてオクタヴィアヌスに敗れた。この戦いではクレオパトラがっ先に戦線から離脱し、それを追ってアントニウスも離脱して官不在になってしまうという大失態を犯している。

エジプト逃げ帰ったクレオパトラだが、アントニウスが「クレオパトラ死亡」という誤報で後追い自殺をしてしまうという更なる悲劇に襲われる。エジプトまで追撃してきたオクタヴィアヌスを前に、最アントニウスに死なれたのがショックだったのか、あるいはかつてののようにローマ戦利品として見世物にされるのが耐えられなかったのか、彼女アントニウスの後を追って自死を選んだ。その死はにかまれてのものだったとも言われている。

彼女の死後、エジプトを征したオクタヴィアヌスによってカエサリオンも殺され、ここにプトレマイオスは断絶した。以降のエジプトローマ皇帝の直轄地として存続していくことになる。

評価

絶世の美女であり、ローマの支配者たちを手玉にとってエジプト女王に返り咲いたりするなどの知略も併せ持っていたのは間違いない。才色兼備であることはカエサルにも認められている。

しかし、その一方でアントニウスの行動が本ローマにどう映っているのかなどを制御できないなどの失点も見られる。アクティウムの戦での痛恨の敗北も間違いなく彼女責任は逃れられない。

後世ではその美貌とやかだが悲劇的な人生創作の対となり、シェイクスピアなどもクレオパトラを題材にした作品を作っている。また、「もしクレオパトラの鼻があと1センチ低ければ世界歴史は変わっていた」などの言葉も作られた。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/05/31(日) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2020/05/31(日) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP