クロックタワー3単語

クロックタワースリー

  • 3
  • 0
掲示板をみる(119)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

クロックタワー3とは、倒産したヒューマンの権利を引き継いだサンソフトカプコンが開発した、ホラーアドベンチャーゲームである。ホラーお笑いミュージカルゲームではない、多分。

脚本はフラグシップCGムービー監督として深作欣二監督を起用。
旧作スタッフは関わっておらず、『バロウズ』『シザーマン』といったキーワードが受け継がれてるだけで、別物。
各章ごとに残虐な殺人鬼が存在し、彼らから逃げ、最終的には殲滅することがゲーム的。

基本的に逃げ惑うだけであった旧作と異なり、各ステージ殺人鬼を倒す「ボス戦」があったり
そのボス戦も魔法少女のように不思議を乱射しフルボッコしたり
ホラー要素が序盤はともかく中盤から加速度的に失速していったり
は入っているもののどう見ても場違いなミュージカルが入ったり
シザーマンブレイクしそこねたハイテンションお笑い芸人のようになっていたり
ファンには「これはクロックタワーではない」と口をえて言われる出来になっている。 
所謂黒歴史

ホラー要素やクロックタワー要素をめず、新作アドベンチャーとしてみるならそれなりには面白いかもしれない。
じゃあ名前を使うなという話ではあるが……。 

システム等がわずかながらDEMENTOに受け継がれる。

あらすじ

15歳誕生日が過ぎるまでどこかへ隠れていて」という手紙からの言の電話
 異常を感じたアリッサは実家へと戻るが、そこへ現れたのはい老人だった。
老人の「お母さん永久に帰ってこない」の言葉からを捜す。

そこで見つけたナンシーの残した”精霊のビン”を手にアリッサの過酷な運命は始まる…。

登場人物

アリッサ・ハミルトン(藤村ちか)
系から代々と受け継がれる運命を背負う少女。次々と襲い掛かる魔のモノの配下の攻撃を潜り抜けながら、アリッサは自分の運命を受け入れ彼らに立ち向かう。

デニス・オーヴェン(程嶋しづマ)
アリッサの幼馴染。巻き込まれた本作の一般人であるが、アリッサと共に物語の終盤まで登場する。

魔のモノの配下達
 ハンマー男(横山一敏)
 硫男(清家利一)
 男(岡本美登)
 シザーマン(剛)
 シザーウーマン(:東幸枝)
 
 ディック・ハミルトン
(谷口高史)
アリッサの祖。劇中ではに出たあと行方不明となっているが、実は…。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 117ななしのよっしん

    2020/03/04(水) 15:55:12 ID: wO/xSh8Asy

    >>62
    だから深作はモーションの演技導しただけで、
    世界観構築とかシナリオ周りには噛んでないっての。
    演技への向性がかみ合ってなかったこと自体は事実だけど、
    作品自体の全体的な出来についての責まで問うのは筋違いだ。

  • 118ななしのよっしん

    2020/03/08(日) 19:03:03 ID: T715tr0u9g

    >>115
    男も外道なだけで怖くはなかったけどね・・・ハンマー男は結構怖かった、あれでしゃべらないタイプ殺人鬼で何考えてるのかわからなければもっと怖かっただろうけど

    クロックタワ-3はクソゲーってわけじゃないんだよね・・・何か方向性はいいのにわざとやってんのかと思うようなダメな要素ぶち込んでて、DEMENTOでやればできんじゃねえかとなったけど>>113が言うように本当に内部に敵がいた可性もあるのか・・。

  • 119ななしのよっしん

    2020/08/20(木) 06:20:13 ID: pSM79XVJ4L

    下手に深作欣二なんか起用するから妙な演出入れられても意見も変更もできなかったんでしょ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/27(日) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/27(日) 07:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP