今注目のニュース
【台風15号】停電の千葉県の信号機用の発電機を盗んでいた男が逮捕される!自宅から10台の発電機が発見される!
安達祐実(38)、“20歳に見える写真”に驚き 「若返ってる?」
「名探偵コナン」関西を舞台にしたスペシャルエピソードが20年1月に4週連続放送

グラビモス単語

グラビモス

掲示板をみる(354)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

グラビモスとは、ゲームモンスターハンター」に登場する飛竜種である。漢字表記は「鎧竜」。

名前の由来は「Gravity重力)」からか、もしくは「Ground(大地)」と「Beam(線)」から来てると思われる

概要

飛竜
グラビモス
素材
原種 鎧竜
亜種 黒鎧竜
登場作品
モンスターハンターのモンスターテンプレート

幼体であるバサルモスが成長した姿。巨体で重量級な飛竜ゆえに飛行は苦手。
異称である鎧竜の名の通り、ほぼ全身がの様に堅い甲殻に覆われている。胸の部分だけは若干装甲が薄く、壊すことも出来る。
また、その甲殻のおかげで溶岩の中で短時間なら行動することも可
リオレウス等と同様に炎のブレスを吐くが、ブレスというかもはやビーム、通称グラビーム。
高温の火山帯で活動しているので、このブレスは体の熱を外に出す役割も持つ(というか本当はこっちがメイン
睡眠ガスや高熱ガス、そして極々稀にガス放出する。

黒色の甲殻を持つ黒化個体は、過剰なまでの熱を蓄え排熱機が格段にアップしただけであり厳密に言うと亜種ではない。ギルドでの呼び名は「黒鎧竜」。
そのため突進などを多用するグラビモスと違い、グラビモス亜種はビームを中心に攻撃してくる。ビーム後の排熱確率も高く士ではなかなか相手にしたくない相手である。回避性+2をつけたガンナーだとそれほどでもない相手。なぎ払いブレスを回避性避けて、冷弾や貫通弾でを壊してやろう。

転倒するとゴロゴロ転がり、スタンすると圧撒き散らしながらもがき、むと吼えまくる。そのため、バサルモス&グラビモス戦ではスタンを狙う人は皆無である。

無印モンスターハンターでは、睡眠ガスデフォルトガードな親切設計だったが、
次作MHG以降、ガードアップスキルしではガードできなくなった。
またグラビームは隙がかなり大きいのだが、「攻撃のチャンス!」と近づくハンター達に
高熱ガスお見舞いする攻撃パターンが追加され、いやらしさは増した。一応見分けはつかないこともないが慣れが必要。
さらにMH2の上位からなぎ払いグラビームが追加されるようになり、これまでの感覚で挑んでいたガンナーをも消し炭にしていった。

初代MHでは、バサルモスと並んで「逃げない大モンスター」として定評があったが、MH2からはドタドタと走ってエリア移動するようになってしまった。

突進のモーションが完全に一致ディアブロスとは生物学上では遠い親戚である。そのためMHP2Gまでは対になるような形で二頭クエストが準備されていたり、そろってキークエに入っていたりした。そして彼ら自身の高い戦闘力もあって両者ともに多くの初心者をつまずかせた。
亜種が両方黒色をしており厳密には正式な亜種でないという点も共通である。このあたりは公式書籍のハンター大全が詳しい。

破壊可部位は部と尻尾部はバサルモスと違い、「胸」の部分を狙わないと破壊できない。武器の中では大剣ヘビィボウガンあたりが較的破壊しやすい。弱点は属性属性亜種には初めは属性しか効かないが、部を破壊する事で属性も有効になる。

MH4ではさらに頭、背中、足、も破壊可になり、全部位破壊すると非常にみすぼらしい姿に。ざまぁ
背中を破壊すると熱線発射後のガスが全て背中からでるようになるためかなり戦いやすくなった。
・・・が、そんなプレイヤーの嘲笑に原種亜種共にブチギレしたのか、4Gに登場するG級個体は背中耐久異常に強化され、背中の破壊が極めて困難になった。加えてグラビームを熱線ではなく火球弾にして乱射しまくるという迷惑なモーションまで編み出している。

MHF

MH2ベースMHFにも登場している。
剛種武器系のヘビィボウガンについている排熱噴射機構の発想元である。
原種は逆襲グラビモスというクエスト人気であった。

原種はMHF-G2(2013/7/10)でG級対応。難易度5。
直線ビーム後に噴射するガスの範囲がかなり広くなっている。
その広さたるやガンナーの間合いでも被弾するほど(5の防御減算も相まって即死級)。
士もガンナーも回避する必要があるが、爆発から一おいた辺りが回避タイミングとなる。

亜種MHF-G3.1(2014/1/15)でG級対応。難易度6。G級初めての亜種モンスター
怒り時の行動速度がかなりくなっている。
新モーションは踏み付け。踏みつけた後時間差で地面が起し、沼地では火山では火山ガスが発生する。
上記の原種より攻撃が高く難易度も上なので油断すると簡単にキャンプ送りとなる。

また最近(MHF-G7)になって祖先とされる始種モンスターグレアドモス砂漠で発見された。
グレアドモスはグラビモスとは正反対の属性を用いる飛竜種でありグラビモスの祖先というイメージにすぐは結びつかないかもしれない。
しかしながらの少ない砂漠で生きるために体内にを蓄えることができるようになっているためであり、過去に起きた砂漠の大規模干ばつの際に住処を移さず地底で生きながらえ、近年になって発見されたのが現在グレアドモスである。
このことから、干ばつ時に火山へ生息地を移しそこに適応した姿がグラビモスであると思われる。

パローネ大航祭ではバサルモス、グラビモス、グラビモス亜種、グレアドモスのグラビモスファミリー勢ぞろいのネタ航路が配信されたことがあった。

大ハッスル!鎧竜限界突破

MHFでは2011年6月15日2011年6月29日までのイベントクエスト「大ハッスル!火山で生態調」「大ハッスル!沼地で鎧竜狩猟」で特殊なビームをはいてくるグラビモスが登場した。通称ハッスルグラビ
依頼者の生物学者いわく「妙にり切っていて、強いのか弱いのかよくわからないだった。まさか、子供の前で良い格好をしようとしているわけでもあるまいが……。」とのこと。
ちなみに火山限界クエストだとバサルモス乱入してくる。

動画を見てもらえば分かるが、このクエストのグラビモスは限界突破した太さのグラビームを使用し、多くのハンターを「!?」と思わせた。なぎ払いビームのほうは緊急回避ではないと回避が難しい。
このハッスルビームはグラビモスが撃ってるときもグラビモス自身が後ずさりしてしまうほど。撃った後はグラビモスが反動を受け、足への蓄積ダメージで転んだときみたいに、ころころと転がる。(たまに転がらず排熱ガス放出する。)なにこれかわいい

左側は火山での動画バサルモス乱入シーンあり。  右側は沼地の動画

この限界クエストクリアすると「大ハッスル!火山で生態調」では「妖艶な粘土」が「大ハッスル!沼地で鎧竜狩猟」「堅固な粘土」が手に入る。
この素材を10つずつ集めると属性双剣バサグランデ」を作成することができた。最終強化の「バサグラフォーレトス」にすると防御+125の特殊効果がつく。

このイベント双剣G級技巧武器への生が追加されており、
現在でもパローネ大航祭の開催週にこのハッスルグラビが出現するクエストが配信される。

特異個体

原種はフォワード2(2011/9/28)から、亜種G32014/1/15)から登場。
両方ともガンナーの的になるのは相変わらず。

原種

色になり全体的に刺々しくなったグラビモス。

コンセプトは俊敏さであり薙ぎはらいグラビームがめちゃくちゃ高速化。しかしながらハッスルグラビとは異なり太さは普通で、スピードアップのせいで口元るの見てからコロリン回避ゆゆうでしたという悲しい結果に。
あとは高速跳びかかりや尻尾攻撃とかが追加されている。距離をとると高確率で飛び掛りなので溶岩に引きこもる頻度は大きく下がった。
だがやっぱりクーラードリンクが必要ない火山より沼地で戦ったほうが楽。

が大幅カットされてるため適当ボコボコ殴っていけば士ガンナー問わず簡単に倒すことが出来る。

亜種

亜種のほうは橙色になり、みを増している。

飛び上がって地面に向かってビーム360度吐いてからボディプレスをする技と、尻尾叩きつけて火山なら火山ガス、沼地ならガスを噴出させる技を身に着けた。

また従来の亜種で問題視されていた固定した場所に居座りビームをしてくる機会が減り、グラビモス原種の特異個体と同様素く動いて戦うようになった。ここまで俊敏なグラビモス亜種は歴代モンハンの中でもFGでしか見られない系である。

基本がグラビモス特異個体αなので全に原種の上位互換といっても差し支えない。
まあMHG初出系モンスター特異個体は一部を除けばみんなこんなものである。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/22(日) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/22(日) 04:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP