今注目のニュース
実写版「シティーハンター」冴羽りょう役は山寺宏一に 神谷明「山ちゃんにオファーがいったと聞いて『よし!』と」
「ゴミは人生を教えてくれる」ゴミ屋敷女性の“名言風”発言が話題 ヨネスケは的外れなツッコミ?
鈴木奈々、盛られて巨乳化したバストに興奮の声 「谷間ヤバっ」

グレンゼブル単語

グレンゼブル

掲示板をみる(143)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

グレンゼブルとは、MHFに登場する飛竜モンスターである。別名は「蛮竜」。

概要

飛竜
グレンゼブル
別名
原種 蛮竜
登場作品
モンスターハンターフロンティア
モンスターハンターのモンスターテンプレート

シーズン9.0“瀑突、グレンゼブル”(2010/9/29)にて実装。同時に追加された新マップ「高地」に生息する。
登場するクエストHR22~、HR71~、そしてHR100~(剛種)と、下位から凄腕までがっている。

刺々しい見た、怒り時の攻撃上昇率、大ぶりで高威の攻撃、生産できる装備のデザイン、どれをとっても「蛮竜」の名に相応しいモンスターであるが、後述のちょっとドジ可愛い一面も。

ギウラスによると「強いて言うなら,手数は少ないですが,パワフルな攻撃をしてくる重量級のモンスターになります。既存モンスターでいうとグラビモスに近い印で,たまにコミカルで可らしい動きも見せます。」とのこと。

かつては超絶不人気(後述)だったが、現在MHFでハメがれた事と特異個体と下記のG級個体のおかげでそこまで印は酷くはない。

MHF-G2(2013/9/18)でG級対応。難易度7。
ベースは剛種で新行動はいが、振り上げで岩と落とし穴が出る。
武器も概ね優秀であり、G2~G3にはこいつの装備から作れる珠が強かったため一時代を作り上げたほどである。時が進んだ今は流石に勢いは落ちたが、ハンターナビどおりにG級の序盤をめていけば初めての7モンスターとして戦うことになるだろう。

外観、行動など

頭にまるでリーゼントのごとく生えている立がとても印的。このを活かした攻撃はどれも強で、そのを付き出しての突進は洞窟内にある石柱をぶち折ってしまう程の威を誇る。このトルコ石のような見たで、実際に属性の武器ではまず折ることができない程に硬い。「石っぽいならけばいいだろう」と思うところだが、実のところ打も大して有効ではない。

を攻撃に使うモンスターでもある。を活かしたブレスは2種あり、弾を弧を描いて撃ち出すものと、ガノトトスのようにレーザーの如く発射するものがある。後者は下位と上位では一直線に撃ってくるだけだが、剛種のみ怒り時に薙ぎ払いとなるため攻撃範囲がとても広くなる。

高地に実装された新要素「気変化」により攻撃パターンが変わると言う特徴を持っており、が出ることで晴れの間にはしてこなかった攻撃を行うようになる。具体的にどう変化するかは動画を参考にした方が分かりやすいだろう。

下位のグレンゼブルは怒らない。上位から怒るようになり、怒り状態となるとその攻撃は非怒り時の2.2倍にも上昇する。この上昇率はかなり高く、実装時点で全モンスター中6番手であった。怒り時に攻撃が跳ね上がることで有名なレウスの2.4倍に肩し、また他のモンスターの多くは1.5倍前後であることから、蛮竜と言う名前らしい昂具合である。
適正装備ではよくしなる尻尾振りで7~9割、ブレスや暴などが直撃すれば死ねる。
剛種は他のモンスターも強であり抜きんでた攻撃ではないが、上位個体がそれとあまり変わらない攻撃なので上位モンスターの中では異常な攻撃を持っており、HR71なりたてで挑むと即死の危険がある。
また、G9.1で剛種が弱体化したのでさらに差が縮まっている。

ちなみにベルキュロスのように初期エリアハンターが入ることで降りてくるのだが、
上記のギウラスの発言のコミカル部分として、
極稀に登場時に足を滑らせてコケ。慌てて起き上がり威嚇してくる姿は一度は見ておきたい。

生態

見たにしろ攻撃にしろ、蛮竜の名に恥じない荒々しさが際立つモンスターであるが、生息地である高地では、他のモンスターエルペブルック)と共存しているという設定であり、荒々しさだけでなく、共存のを選べるだけの知もあるモンスターと言っていいだろう。
食性に関しては衝撃的であるが食らしい。不良らしく強い相手との戦いを望んでいるようであり、威嚇しても襲い掛かってくる相手だけ捕食するようだ。なんでも食おうとするパリアプリアなどが犠牲になっているのかもしれない。

余談だが眠っているときのNINTENDO64時代のクッパにそっくりである。

生産できる武器防具

生産できる武器は怒○○という名前がつき、見たはどれも仰々しい。ところどころにチェーンがあしらわれており、どこか昭和不良学生暴走族が手にするエモノを彷彿とさせる。の音色ときたらそれはもう・・・

しかしながらがなく「攻撃UP【大】」が吹けないので、めったにおにかかれないのが欠点か。

防具のイメージCGではハンターウンコ座りしているだけではなく、頭防具がおもいっきリーゼントのようになっており、これまたワルなイメージを醸し出している。武器防具一貫したコンセプトの、ある意味ではいい例と言えるだろう。

実装当時は武器に性がいいものが少ししかなく注度はそれほどでもなかったのだが、最近のアップデートでは性が高い武器が次々登場している。
攻撃が高くて較的簡単に作れる(というか剛種武器より強い)SP武器のヘビィボウガン「怒】SP」、剛種武器系のハンマー(通称グンマー)、剛種武器系の双剣、後述の飛竜種の逆鱗を使うが高性な剛種武器系貫通が特に人気となった。

グレンなんとかさん

ネ実2ブログなどで見られるグレンゼブルの蔑称…というよりは称。
こう呼ばれるようになったのは、多災なハメ対策の結果不人気モンスターになったことと公式グレンゼ ル ブ と名前を間違えられたことが原因と見られている。

この一件からよく名前を忘れられる某ラノベシスターインなんとかさんインクリュージョンさんだっけ?のように「グレンなんとかさん」と呼ばれるようになったようだ。また「グなんとかさん」と頭の一文字しか覚えてもらえていないケースもある。

アニメブームが終わった現在では単にと呼ばれることが多い。
F5フロンティア通信でグレンゼブルの別称が「グ」と表記されているなど、運営認している呼び名のようだ。

Google検索をかけてみるとどちらも使われていることが分かるので、暇な時にでも検索してみてはいかが?

前述の通り不人気実装特異個体登場のF.4ぐらいまでであり、G級での活躍も相まって現在はそういった潮はい。

不人気と言われた所以

ハメ対策

グレンゼブルには下記の通り当時流行の戦術対策と思しき調整が施されている。

これらは後述する蛮竜の尾やその他レア素材の収集に支障をきたし、結果、効率狩りを好む層やガチもやるが難素材は効率良く集めたい層などから毛嫌いされる原因となった。よって不人気と言われた理由の一つと言えるだろう。

しかし、SR全盛期ごろからハメ自体がほぼれており、や怯みなどのハメ対策に関してはハードコアクエストにも存在しているが好評なコンテンツなので、対策とガチの楽しさのさじ加減を測る試石としては十分に働いたのかもしれない。

ちなみに、弱点が尻尾の先にある水色でそれ以外の質は固めにできてある(特に足や)、
つまり実装時点では双剣に対するメタ的なモンスターとして殴り易い部位を硬くして殴りにくい部位を極端に柔らかくしたのだが、
後にそのツケが回ってきたのか、キリン同様穿龍棍リーチモードカモになってしまった。

グレンFXの悪夢

不人気と言われるようになった最大の原因はおそらくグレンゼブルのFX防具の強化素材だろう。
グレンFX実装当時ガンナー側の性がかなり高いと持て囃され、実際にグレンFXなしでは組めないスキル構成も存在した。そのため多くのプレイヤーグレンFXの作成に挑んだのだが…

蛮竜の尾x25

がそのプレイヤーの前に万里の長城のごとく立ち塞がった。
蛮竜の尾は尻尾からの剥ぎとりのみ10と入手確率が低く、救済クエストは1回も配信されていない。
そしてグレンゼブルの尻尾切断は「残りHP20未満」「1200ダメージの蓄積」「麻痺・シビレ・スタン・転倒中切断不可」
と、何かと条件が厳しいため、切断は最初から狙っていないとなかなかに難しい。
当時は溜め4もなく、効率良く尻尾を切断する方法が確立されて広まることはなかった。かと言ってガチorまったりやっていてはいつうのかも分からないレベルである。そのため諦める人が続出し、グレンの募集は日に日に減ってしまったようだ。
実際に自由人気クエストランキングからは、下位が実装初週4位、3週でも3位にランクインしたのに対し、上位は1週の6位のみで3週は姿を消した(2週狩人祭でボーナス試練などがランクインしていたため参考外)。人区に移ったとも考えられるため参考程度ではあるが、少なくとも自由区における募集は減ったと分かる。

グレンFXを諦めたかどうかを猟団員等に聞いてみると、当時の様子がぼんやり見えてくるかもしれない。

しかしながら、G9.1(2016年3月)において、HR及びSR帯のほぼ全ての武具作成が大幅に緩和、
防具に関しては生産及びF、FXなどへの生時のみ通常素材を使用しLv2~7の強化が、
同じ分であるPシリーズよろしく各種玉になった。
これによってグレンFXの作成難易度過去のものとなった。

まとめ

尻尾回転の攻撃といった疑問の残る調整、落や沸くたびに突っ込んでくるブルック等の高地の仕様など、グレンに関わる批判点は前述したもの以外にもいくつかある。しかしそれらを抜きにしても、各種ハメ対策が効率層を離れさせ、そしてストッパー素材ガチ層やまったり層までをも絶望の淵に追い込んでしまい、募集数は減る一方となってしまった、というのが「不人気」や「過疎」と言われるようになるまでの流れだと推測される。

クラU系防具の需要がほぼなくなってしまったジェビアさんもそうだが、素材の用途と入手手段に恵まれないとこうまで言われてしまうのか、という典例がこのグレンゼブルなのだろう。需要不足は恐ろしいのう!

なお、2011年の第一回人気投票では19匹中11位投票率4.18)と、中の下という芳しくない結果に終っている(初のオリジナルモンスターにして繁殖期と希少種までいるのに、投票率が3匹合計でも2.84ヒプノックべれば随分だが…)。
ちなみに、2014年の第二回では13位。モンスター自体が大幅に増えた中でこの順位を維持しているのは上出来と言えるかもしれない。

おこれはあくまでも通常個体の話であり、F4に特異個体実装され以降まるで手のひらを返したようにぐーんと評価が上昇した。

飛竜種の逆鱗と睡眠溜め4

グレン実装からしばらくして、剛種の尻尾剥ぎ取りに「飛竜種の逆鱗」というレア素材が追加された。その確率なんと5。また尻尾のせいでプレイヤー涙目かと思われたが、睡眠溜め4という安定した狩り方がPT全員剥ぎとり装備でも成立するため、プレイヤーたちは尾ほどではないと一応胸をなでおろした。

一方で眠らされて尻尾に大ダメージを受けたと思ったらまた即座に眠らされ、あげく尻尾ブーメランでちょん切られるグレンの姿には同情を禁じ得ない

ただ、逆鱗に対する批判は相当数あったようで、動画運営レポートで懺悔の対となった程である。
運営の都合でこんなものを尻尾に埋め込まれてしまったグレンさん(´・ω・)カワイソス

しかしながら、この戦法はグレンゼブルの特異個体化、量産型スピネル玉鋼の登場といった環境の変化と睡眠タル爆弾駄、戦法を理解していない人がいるとグダるという問題点から、効率を意識してハメるよりガチンコ勝負をしたほうが極めて良くれるという結論に達し、全な過去の遺物として徐々にれていった。

また、MHF-G9.1のHRSR帯緩和の影で要数自体も減り、
尻尾剥ぎ取り確率の上方修正に加えて本体剥ぎ取りや捕獲報酬でも出るようになったため、
これも過去伝説となった。

特異個体

フォワード4(2012/5/23)で実装がより鋭くなり、全体的に味がかかっている。

通常個体だと尻尾回転の理不尽なしなり具合と上位のバ火力が非常に悪評であったが、前者の頻度減少など特異個体ではこれらの欠点が修正され原種より戦いやすくなった。
数多のハメ対策も、もともとHCは拘束できないガチ仕様なので気にならない。

怒り状態になるとグレンゼブルの攻撃があがるものの、防御も下がるようになったので、適当なPTでも五分程で剛種の尻尾が切れるくらいのダメージが与えられるようになった。
特異個体ゆえに状態異常をかけにくいこともあり、ガチでやったほうが逆鱗を集められるようになっていることで睡眠溜め4がれた。

新技もデンプシーは出だしがこかし判定、
叩き付けはフレーム回避などで対処が出来る上尻尾側に判定がい、
行動速度と攻撃範囲を拡する沸騰怒り状態以降も怯みでキャンセル
としっかり見切ることで対処+反撃できるようになっている。

通常個体とべ戦っていて面いと多くのユーザーから支持を受け、今まで不人気だったグレンゼブルの人気は大幅にアップ。グレンゼブルの剛種武器が強いのもあり、ギルド優先依頼の日にグレンゼブルが回ってくると多くのユーザー逆鱗、HC素材を集めようと募集が飛び交うようになった。

上述の通りグレンゼブルも多くの特異個体のように強くはなったが通常個体のストレス要素などが善されており、
それを徴する逸話として、
実装当初は通常個体の悪さゆえに拡散祭り定まみれになったが、
まともに戦って問題ないことが判明し普通の募集に切り替わっていった、
というものがある。

漸く彼らにもの季節がやってきたのだ。

関連動画

グレンゼブルの一日

5時   に撃たれて起床
5時半  エルペ達を洞窟においやる
6時   二度寝
8時   に撃たれて起床
9時   朝ごはんをガブ飲み 
10時  晴れたのを確認。エルペ達を洞窟から追い出す。
11時  高地を散歩うっかりブルックを踏みつけすっ転んだ後にどつかれる。
12時  ごはん。をガブ飲みの後
14時  に撃たれて起床
15時  エルペブルックの数が足りない。高地を探索
15時半 エルペブルック迷子を確認。洞窟に連れ帰る
16時  洞窟に到着。数のブルック達にどつかれる。
17時  高地崖上にてフテ寝
18時  に撃たれてマヒ
19時  ハンター来襲。全身部位が破壊されるもハンターを3させ辛くも撃退。
20時  傷を癒す為睡眠
21時  に撃たれ起床
22時  洞窟に帰る。木の実葉っぱが置いてあったので夕食
23時  今晩も気が悪い。エルペブルック洞窟に追い込む
24時  が見えてきた。安心して睡眠

グレンゼブルの一年

温暖期・
グレンゼブル、暴虐の時。エルペ達のを容赦なくひっぱたき、誤飲した鉱石を取り除く。
必要とあればブルックにも容赦しないが、その後どつかれる。

温暖期・
グレンゼブル、雄飛の時。しい羽ばたきが、洞窟内に強を呼ぶ
洞窟内の生き物達の体温を下げ、安眠に導くのだ。翌のグレンゼブルのは血走る。

寒冷期・
グレンゼブル、昂の時。必殺のレスがうなりをあげる。
高地は耕し潤され、食種達の明日の糧が芽生えてゆく。グレンゼブルのも鳴る。

寒冷期・
グレンゼブル、瀑突の時。暖かな洞窟を占拠する邪魔な岩を、すべて粉砕する時が来た。
尚、その後エルペブルックメラルーが殺到する為、結局は崖上が寝床となる。

繁殖期・
グレンゼブル、耐の時。食種達が産みの苦しみを味わっている。
外でに打たれながら、ただひたすら新たな生命の産を待つ。

繁殖期・
さらばグレンゼブル。充分にエルペブルックの数は増えた。
暴君の居場所がいことを悟ったグレンゼブルは、次の高地へと立つのだ。

関連コミュニティ

グレンゼブルに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

  • 141ななしのよっしん

    2015/03/08(日) 09:06:44 ID: oB9Qp1HXc1

    尾救済クエあるじゃん

  • 142ななしのよっしん

    2015/07/10(金) 12:56:16 ID: WAwYdsWi4n

    の必要数が多すぎて死にそう。
    G優先か四方はよ・・・

  • 143ななしのよっしん

    2016/02/20(土) 11:55:18 ID: B+Pum4/IiW

    集中珠でが要るけど部位破壊しても全く出ないね

急上昇ワード

最終更新:2019/09/19(木) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/19(木) 19:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP