グロタンディーク素数単語

グロタンディークソスウ

1.2千文字の記事
掲示板をみる(109)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(24)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

グロタンディーク素数とは、57のことである。

概要

20世紀を代表する数学者の1人であるアレクサンドル・グロタンディーク素数として有名にしてしまった数字。彼が素数についての一般論を話した際の以下のような逸話に由来する。

グロタンディーク先生先生の話は抽的過ぎてわかりません」

「そうですか?」

「何か具体的な素数を例にして話をしてください」

なるほど。ではこの素数を57として話をしましょう」

57=3×19であり、当然素数ではない。よりによって奇数で最小の素数である3の倍数なのだが、まあグロタンディーク素数っていうんだから素数なんじゃねえの、ということでグロタンディーク素数と呼ばれている。

具体的な数ではなく、抽的な概念ベースとして一般化した論理を重んじたグロタンディークらしいエピソードである。

なお実際に言ったという拠は存在しておらず、言っていない台詞である可性はある。


これに類似したものとして、数学吉田耕作工学森口繁一にったとされる「あなたの話は具体的で分かりにくい。もっと分かりやすく抽的に話してください」という名言がある。これからも分かるとおり、数学者は抽的で一般的なものが大好きなのである(逆に工学者は具体的な話も大好きなことが分かる)。

ネタ化

この逸話が有名になりすぎた結果、素数を題材としたグッズに「57」が印刷されたり、トランプゲームの「素数大富豪」では5と7のカードを出すと「グロタンカット」が発動するルールが設けられるなど、数学ファンから周知の事実として幅広くネタにされ続けている。

下記は2019年台風19号(令和元年東日本台風)が接近した際、ガラスの飛散防止対策として養生テープの貼付が呼びかけられた(※台風対策の有効性については養生テープ記事を参照)ことを受けて投稿されたツイート。「57はグロタンディーク素数』なので割れない」「しかし57は19で割り切れるので台風『19』号割れてしまう」「仮に素数であっても地震(自身)』では割れ」「そもそも割り切れない場合でも割ること自体は可」などと多段階のネタが仕込まれている。

ブンゲン素数

時は流れて2019年東京工業大学数学教授である加藤文元(かとう・ふみはる)の著書「宇宙宇宙をつなぐ数学」に掲載された100までの素数一覧表の中に「47」が含まれておらず、代わりに「91」(=7×13)が含まれていた。

この誤植は発売直後からTwitter上で話題となり、著者自ら「91はブンゲン素数となりましたexit」と反応。重版時に修正されたが、それ以降も本人認のネタとして何度も言及されているexit

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/19(木) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/19(木) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP