グローランサーⅢ単語

グローランサースリー

8.6千文字の記事
掲示板をみる(21)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

グローランサーⅢとは、キャリアソフトが開発しアトラスから発売されたプレイステーション2ゲームソフトである。略称はGL3グロラン3など。

概要

ジャンルはノンストップドラマチックRPGキャラクターデザインうるし原智志。第1作であるグローランサー1000年前の世界が本作の舞台となっている。前作とは製作が同時進行で、前作発売から数か後に発売された。戦闘システムBGMが前作から多く流用されているのはこのため。

本作ではシリーズワールドマップが存在し、さらにほとんどのダンジョン内はランダム生成されていて、入るたびにマップが変化する。戦闘においてはリング=ウェポンシステムが引き続き採用されており、前作同様に特殊なを持つ精霊石を自由に組み合わせる戦術性が楽しめる他、本作よりアタックプロテクトなどの補助魔法戦闘前でも事前に使用できるようになり、更には2人がをあわせることによって『メテオ』などの高度な魔法が発動できる協魔法など、戦術の幅が前作よりも更に広がっている。

前作までと異なり、全員普通魔法を使うことができるが、これは前作まで魔法を使うのに必須であったグローシュがこちらの世界では多量に存在するため。前作までの世界である三大陸にはここで生まれたグローシュが流れ込んでいる。

なお、を除く他作品の主人公と同様にしゃべらない(ストーリーの都合上は一応ある)ため、マスコットキャラでもある妖精キャラが再び採用されることになり、本作では闇の妖精・ラミィが主人公代弁者となっている。また、選んだ選択肢によって主人公の性格が変化するシステムも本作より採用されたものである。メインストーリー選択肢が出る場面がいくつかあるが、その時点での主人公の性格上絶対に言わないと思われる選択肢は選択できなくなる。

一定条件を満たしたうえで前作のセーブデータ読み込ませることで、前作のキャラクターを参加させることができる(当然だがストーリーには一切絡まない)。ただし条件が設定されており、前作主人公ウェインは条件、それ以外のキャラクターエンディングを迎えていないと呼び出せない(マクシミリアン・シュナイダーは別に特定の条件が必要)。パラメーターは最新の日付のデータが参照される。

声優によるゲーム作品の収録は長時間に渡るためにスケジュールの確保が難しく、個別に行うことが普通だが、本作はアニメアフレコと同様、キャスト全員スタジオに集めて収録する形式を取っている。クリア後の声優コメントでもその様子が聞き取れる。

キャッチフレーズは「ドラマチックを駆け抜けろ!」

ストーリー

 それは、とてもとても小さな異変だった。

 ゆっくりと、しかし確実に弱まっていく陽を失い、やがて世界は作物が育たぬほどに衰えていく。突如の食糧難に人類はその版図を減らし、食料をめて同士の戦争にまで発展するほどに荒していた。

 そんな緩慢な死を迎えつつある世界。そんな片隅で、記憶をなくした少年が、一人の少女に助けられるところから物語は始まる。

 覚めた少年が受けた任務こそが、異変の原因へと続く一歩だとは、今はも気づいていなかった……。

キャラクター

メインキャラクター

キシロニア連邦

シェルフェングリフ帝国

アグレシヴァル王国

アサシン

  • ランドルフ 内田正利
    大陸で暗躍する暗殺者。報酬次第でどのような依頼でも引き受け、そのためには依頼者を裏切ることもある。物の扱いを得意としており、大陸内での数々の事件に関わっている。サブイベントを進めれば彼との決着をつけることが可

シオン一派

世界

本作の舞台キルシュラーンド大陸に存在する4か太陽が弱まったを受けて農作物の収穫量が減り、どのも食糧難に見舞われている。較的の少ないキシロニア連邦は肥沃な土地が多く残っているためにまだ余裕があるが、他の国家は厳しく、特にアグレシヴァルとローランドの存亡に関わるレベルで深刻になっている。

キシロニア連邦

大陸の中で一の連邦国家。領土は4かの中でも狭い方だが肥沃な土地が多く、異変のがまだ少ない地域。その反面軍事に乏しく、食糧難の深刻なアグレシヴァル王から度々侵略を受けている。防衛強化のため、連邦議会はシェルフェングリフ帝国のテオドラと同盟を結び、兵を借りることを決定、同盟の締結に成功した。条件として食糧の供給を約束しているが、アグレシヴァルの妨のために物資を届けられない状態が続いている。

シェルフェングリフ帝国

大陸そ半分を占める巨大な帝国物語開始の2か前に皇帝が病死し、後継者争いが勃発していた。まだ赤子であるが皇位継承権第1位カール皇子を時期皇帝に立てる皇妃のテオドラを筆頭とする貴族義のテオドラと、継承権第2位ジェームズが自ら継承権をした若いながらも実者の多いジェームズに分かれる。内戦発生直後は帝国将軍のうち2名がテオドラに付いたため、ジェームズは苦戦を強いられたが、貴族義で実の伴わないテオドラ軍を実で退け、一進一退の状態が続いている。

アグレシヴァル王国

大陸西部にあるで、太陽の異変によるが強く、このままだとを越せるのは全民の半数ほどと言われている。現状打破のため、較的多くの食料を持つキシロニアに攻め込んだ。有事の際は軍の総が王や宰相らの権限を上回ることもある軍事国家でもある。物語開始から当面の間はな敵となるが、あくまで連邦を守るための戦いのため、こちらから攻め込むことはなく、ゲーム中でも王領に入ることはない。

ローランド王国

異変のを最も強く受けたで、大地は枯れて既に植物が育つことはなく、常にが降り続ける死の大地となっている。異変が深刻化してからフェザリアンを中心とした一部民は大陸から離れたフェザーアイランドに避難しており、現状打開策として時融合計画が進められている。導層や技術者はほぼフェザリアンで占められており、トップもフェザリアンの女王である。異変から逃れるためシェルフェングリフ帝国護をめて難民となる者たちもいたが、帝国側にも難民を受け入れる余裕はなく、止むトンネルを封鎖することとなった。トンネルには今も難民の亡霊が漂っているという。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 19ななしのよっしん

    2020/06/05(金) 23:59:37 ID: yFCXRI6R2a

    子安

  • 20ななしのよっしん

    2020/07/05(日) 19:53:25 ID: cJEiDhrh3n

    主人公デカすぎ

  • 21ななしのよっしん

    2020/08/10(月) 22:29:39 ID: N0HuKwRpbX

    大剣かっこいいじゃない

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/23(日) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/23(日) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP