グローランサーⅥ単語

グローランサーシックス

5.2千文字の記事
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

グローランサーⅥとは、アトラスから発売されたプレイステーション2ゲームソフトである。略称はGL6、グロラン6など。シリーズ最新作。本作以降長らくシリーズ制作されておらず、初代とリメイクが発売されたのみ。

概要

ジャンルシリーズ伝統のノンストップドラマティックRPGキャラクターデザインうるし原智志。前作と同じ世界であるが、最初に冒険する大陸は今までと違う(前作の大陸も登場する)。システムど前作を踏襲してより快適にプレイ出来るように良を加えたものとなっている。前作ではストーリーを複数の章に分けていたが今作は通常通り最初から最後まで主人公視点で進む。今作はシリーズ内では較的難易度が高め。

シリーズ恒例のドラマCD制作されているが、本編準拠だった従来と異なり本作ではパロディギャグを前面に押し出したものとなった。学園もの戦隊もの、次作主人公を争うクイズ大会で構成されている。ゲームイメージが崩壊するほどの方針転換を図られたキャラクターもおり、CD最後の声優コメントでは困惑した人もそれなりにいた模様。ゲーム本編が前作と繋がっているため、ドラマCDにも前作のキャラクターが多く登場する。

オープニングエンディング曲は茶太が担当。

ストーリー

舞台エスグレン大陸。その大陸南部、ヒンギスタン王では王の圧政からの解放をした者達による内紛が起こっていた。反政府組織は強政府軍の前に散り散りとなり、各地で小規模な反乱が多発、ヒンギスタン王内は荒れた。見かねた西のフォメロはヒンギスタンの内紛に兵を送り、これが引き金となってヒンギスタン、フォメロス、反政府組織という三つの図式で争いが化。そして東の隣ジェワールに拠点を構える世界企業モノポリス社は自社の私設軍を持ち戦争地域へも市場を拡げていた。そのエスグレン大陸と大を隔てたところに、周囲をの結界で閉ざされた大陸がある。下、モノポリス社の関心は、その大陸に存在する手つかずの市場であった…。

登場人物

世界

本作の世界エスグレン大陸と前作の舞台である封印の地ゴートランドとなる。時系列で言えば、前作の最終盤が本作の序盤に相当する。

ジェワール国

大陸北東部に位置し、大陸内でも特に機械文明や科学技術が発達しているだが、その分自然破壊や公害といった悩みの種もある。北ジェワールと南ジェワールに分けられ、首都のある北ジェワールは本作では登場しない。南ジェワールの中心的な都市はモノポリス本社がある都市マキナスであり、研究施設であるレノックス研究所、鉱山ダスティス、政治犯を収容するヤースティル収容所がある。

フォメロス国

大陸西部にある国家で、軍のが強い軍政国家大統領制を敷いており、本編中は大統領選挙が行われている。現大統領ライムは積極的に軍を動かして隣ヒンギスタンの内紛に積極的に介入しているが、対立補のデイトリッヒ(ホフマン)はそれとは逆の方針を打ち出している。パーティが訪れることのできる場所はそれほど多くない。

ヒンギスタン王国

大陸南部に広がる王制国家。長年王族と貴族により政治が行われたためか内部の腐敗が深刻であり、現状と自身の立場の維持を重視する現国王、内部から変革を図る太子、あえて反乱のを選んだ第二王子と王族内でも対立が起こっている。このため内紛が発生しており、フォメロスの軍事介入もあって戦火が広がっている。

封印の地ゴートランド

前作グローランサーⅤ舞台。ゴートランドの名称はエスグレン大陸など外の方での呼称であり、当人たちからは単に大陸と呼ばれている。長らく結界により出入りが不可能となっていたが序盤に結界が消え、出入りができるようになった。各勢の状況は前作ラストとほぼ変わらない状態だが、変化の起きた地もある。

関連動画

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2020/06/11(木) 15:39:24 ID: v6FP4JcCa3

    興味わいてきた

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/05(日) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/05(日) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP