今注目のニュース
九州人とそれ以外では、「ラーメンへの認識」に大きな違いがあるらしい
ブラジャーのカップをつぶして収納している人、今すぐ改めましょう 下着販売員が教える「正しい下着のしまい方」がためになる
iPhone・iPadでPS4・Xbox Oneコントローラーが使用可能に。100タイトル以上を定額で遊べる「Apple Arcade」もサービス開始

グーフィー単語

グーフィー

掲示板をみる(46)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

グーフィーとは、ウォルト・ディズニー作品に登場するキャラクターである。

概要

フルネームはグーフィー・グーフ。モチーフ擬人化された姿をしている。
一部作品、特にクラシック短編後期の作品では擬人化が進み、のない姿になっていることがある。
グーフィー短編シリーズ社会的な方針をとるようになると、顔立ちまで人間に近くなっていた。
しかし現在クラシック短編で演を務めた当時の時代に近いデザインに戻っている。 

グーフィーの○○教室シリーズは、社会を皮ったり「あるある」を極端に表現したような作品が多く、大人からもされた人気シリーズである。
そのためかハウスオブマウスでもグーフィー演作はその系譜の短編がメインとなっている。

は作品によって変わるが、常に帽子を被っている。年齢は不明だが設定では既婚者。しかし独身離婚などなど環境は作品によって異なる。
マックスという息子がおり、こちらはグーフィーと違ってしっかりもの。

職業俳優、これはディズニーキャラクターほぼ全てに共通している。

性格

のんびりした言動と独特の笑い方が特徴。しかしマイペースな性格からか同時にトラブルミスもよく起こす。
スポーツであるものの、(短編映画を見る限り)なんでも器用にこなせるというわけではない。
本人はのんびり屋のため、ミスを起こしてもさほど気にしないことが多い。
息子マックスに対してはいわゆる親馬鹿であり、親子で出演する作品では彼を溺する姿が見られる。

三銃士、では「かなり頭が悪い」士の役として登場。しかし最後には凄まじい機転を見せるなど成長している。

アッヒョ

彼がよく発する口癖、「アッヒョ」。昔から、VIPなどでマイナーネタでありつつも、笑いの取れるネタとして扱われてきた。この「アッヒョ」を生やした「アッヒョwwwwwwwは、ネット住人のツボを確実に射ぬく。

歴史

クラシック短編で「ディピー・ダウグ」(Dippyは「頭のおかしな、多少狂った」という意味合いを持ち、Dawgは「」の南訛り)というキャラクターとして1932年開のMickey's Revue」(邦題:ミッキー一座)スクリーンデビュー。その後1934年開の「Orphan's Benefit」(邦題:ミッキーの芝居見物)でグーフィーという名前が付き、1930年代後半ごろから本格的に短編映画で活躍するようになる。短編初演は1939年開の「Goofy and Wilbur」(邦題:グーフィーの釣天狗)。

初出演作品。笑いはこの頃から特徴的。 「グーフィー」としての初出演

現在のグーフィー短編最新作

声優

本場アメリカ

ミッキードナルド、グーフィーのトリオの中で、最も声優が安定しなかったのがこのグーフィーである。

ピント・コルヴィックがまず初代を務め、一時期ジョージジョンソンが代役を担当した以外、初期のグーフィーは彼が全うした。ちなみに初のグーフィー演作品で声優を務めたのは、代役のジョージである。
一時の離脱を除いて、永らくはピントが担当していたが、グーフィーのノイローゼを最後に交代する。
正式な二代となったのはボブジャックマンで、グーフィーのマイホームパパから交代し、残りのクラシック短編作品のグーフィーのを担った。
この三名が、クラシック短編で声優を担当していた人物である。

近代に移ると、まずミッキークリスマスキャロルハルスミスが務めて三代目となる。
が、さほど多く出演はしないうちに交代してしまう。

四代目となったのはトニーホープで、ロジャーラビットなどに出演。やがてグーフィー役は降りたが、ピノキオのゼペット役としてディズニー作品には死去するまで参加していた。

五代ウィルライアンが務めるが、これもまた長続きしなかった。

しかし現在ころころと変わってきた中でようやく安定した声優として、ビル・ファーマーが登場。
1986年から現代まで、変わらずグーフィーの声優として活動している。

日本

日本舞台を移すと、こちらは逆にほとんど安定している。

まず俗にいう旧声優陣と呼ばれるバンダイポニー版では、小山が担当していた。
一部、伊藤が演じていたが、これは全体的に見ると僅かな担当である。
小山版は、小山の出身地が影してか、微妙関西弁が交じるのが特徴である。 

さらに番外として、ミッキーマウスドナルドダックという昔の番組では、八奈見乗児が担当していたこともある。

そして現在ブエナビスタ版では島香裕が担当している。ディズニー短編を知らない人にも、キングダムハーツなどではもはやお染みであろう。
島香裕にとってグーフィーのを担当したことは大きなことだったようで、自身が運営する声優スクールはこのグーフィーの名前がモチーフになっている。

ニコニコにおけるグーフィー

ミッキーマウスドナルドダックべると日本での知名度がやや低い気もするグーフィー。しかしニコニコでは彼にスポットを当てた動画が多数アップされており、そのような動画には「グ民ホイホイ」といったタグがついている。→ニコニコ動画で『グ民ホイホイ』を検索exit_nicovideo 

余談

ちなみにパークでのグーフィーの役回りは、短編映画同様性格の通りおとぼけ役であることがど。
ただしパークショー・パレードでのグーフィーのダンススポーツな長所のためか他のキャラクターべてしく踊ったりすることが結構ある(ゲッダンとか側転とか)。
ただ、ミッキー(たまにプルート)も格好よく決めてくれるのでどうしても注はそっちに行きがちのようである。(ゲッダンとかやってくれるかは彼らの気分次第なので過度な期待はしない方が良い)

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

グーフィーに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/21(土) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/21(土) 01:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP