ケヴィン・デ・ブライネ単語

ケヴィンデブライネ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ケヴィン・デ・ブライネ(Kevin De Bruyne 1991年6月28日 - )とは、ベルギー・ヘント出身のプロサッカー選手である。イングランドプレミアリーグマンチェスター・シティFC所属でポジションMF

181cm76kg。利き足は右足。

概要

4歳の頃からサッカーを始め、すでに地元メディアからは童として注される。14歳になった2003年KAAヘントのユースチームプレーし、2005年ベルギーの名門クラブであるKRCヘンクに移籍。

2008年トップチームに昇格し、プロ生活をスタートさせ、翌年5月9日シャルルロワSC戦でデビュー

2008年ベルギーのKRCヘンクでプロ生活をスタートさせ、翌年5月9日シャルルロワSC戦でデビュー2009-10シーズンになると出場機会を増やしてに定着。2010年2月7日には、名門スタンダール・リエージュ戦でプロゴールを記録した。2010-11シーズンには、32試合5得点という成績を残し、ヘンクのジュピラープロリーグ優勝に貢献。

チェルシー時代

ヘンクでの活躍が認められ、2012年1月母親でもあるイングランドプレミアリーグの強チェルシーFC670万ポンドで移籍(契約期間は5年半)。最初の半年はレンタルという形で引き続きヘンクでプレーした。

2012年8月にはドイツブンデスリーガヴェルダー・ブレーメンレンタル移籍。9月15日ハノーファー96戦で初ゴールを記録すると、チームの攻撃の中心として存在感を見せるようになる。最終的にリーグ戦10得点9アシストの活躍を見せ、ドイツメディアから高く評価される。

2013年7月1日に保有先のチェルシーに復帰し、2013-14シーズンチェルシープレーすることになる。
しかし、当時の監督ジョゼ・モウリーニョから「地に足のつかない子供」と酷評されるなど、練習中の態度を問題視され構想外になり、リーグ戦の出場はわずか3試合にとどまっていた。

ヴォルフスブルク時代

モウリーニョ監督から直々に中盤で6番手と言われたことでチェルシー退団を決意し、出場機会をめて2014年1月ドイツブンデスリーガVfLヴォルフスブルクに移籍。背番号は「14」。すぐにチームに定着する。

2014-15シーズンは、エースとして躍動。ヴォルフスブルク躍進の役となり、ブンデスリーガ34試合に出場、10得点20アシストの大活躍でチーム2位に導く。UEFAヨーロッパリーグでも2015年3月12日のラウンド16 1st legでインテルを相手に決勝ゴールを含む2ゴールの活躍を見せ、ベスト8進出をもたらす。また、5月30日のDFBポカール決勝ボルシア・ドルトムント戦では、前半33分に決勝ゴールとなるミドルシュートを決め、ヴォルフスブルクの初優勝に貢献。これらの活躍が評価され、ブンデスリーガの年間最優秀選手賞も受賞。一躍ビッグクラブの注の的に。

マンチェスター・シティ時代

2015年8月30日クラブの歴代最高の移籍5500万ポンドでイングランドプレミアリーグの強マンチェスター・シティFCに移籍(契約期間は6年)。加入後すぐにスタメンに定着し、9月19日ウェストハム・ユナイテッドFC戦でシティ加入後初ゴールを記録。シーズン途中にけがで2カ離脱するも、公式41試合に出場し16ゴール14アシストと活躍した。

2016-17シーズンジョゼップ・グアルディオラ監督に就任すると、すぐに信頼をつかみ取り、9月10日マンチェスターダービーでは1ゴール1アシストの活躍で勝利に貢献。これまではトップ下が戦場だったが、グアルディオラ監督によって1列下がったIHにコンバートされ、ハーフスペースの使い方を導されたことにより、世界最高峰のMFとして進化する。CL第4節ホームでのFCバルセロナ戦では1-1の局面で直接FKを決めるなどビッグゲームでも存在感を示し中心選手に成長、シーズン18アシストを記録しプレミアリーグアシスト王にく大活躍を見せた。

2017-18シーズンも第7節の古巣チェルシー戦でゴールを決めるなど圧倒的なパフォーマンスを見せ、プレミアリーグ首位を独走するチームを牽引。ダビド・シルバと形成した中盤は世界最高のクオリティと称賛されるようになり、5レーンを活用したポジショナルプレーを実践するグアルディオラ監督から絶大な信頼を置かれていた。最終的にリーグ37試合に出場し、2年連続でのリーグトップとなる16アシストを記録。この年から新設されたプレミアリーグプレーメーカー・アワードアシスト王)を受賞。シティプレミアリーグに大きく貢献することとなった。

2018-19シーズンは、リヴァプールとのハイレベル優勝争いを演じるチームの中、自身は怪で大きく出遅れてしまう。復帰後もコンディションが万全ではなく、ベルナルド・シルバイルカイ・ギュンドアンにポジションを明け渡すことも多くなり、シティリヴァプールとのデッドヒートを制してリーグ連覇を果たすが、自身にとって不本意なシーズンとなった。それでも、FAカップ決勝のワトフォード戦では、2アシストの活躍でタイトル獲得を引き寄せ、三冠に貢献する。

2019-20シーズンは万全の状態でシーズンに入り、第3節のボーンマス戦でプレミアリーグ通算50アシストを達成し、開幕から4試合連続でアシストを記録。チームは怪人が続出したこともあってリヴァプールの独走を許し、三連覇を逃したが、高いパフォーマンスを見せ続けて孤軍奮闘。35試合に出場し、プレミアリーグ移籍後初の二桁得点となる13得点を記録。さらに、アシスト数は2002-03シーズンティエリ・アンリが作り出したプレミアリーグ記録に並ぶ20アシストに到達。2シーズンぶり2度となるプレミアリーグアシスト王のタイトルを獲得。さらに、PFA年間最優秀選手に選出される。

ベルギー代表

U-18、U-19、U-21と各年代のベルギー代表に選出され、同い年のエデン・アザールと共にベルギー世代の中心として期待される。2010年8月11日フィンランド代表との親善試合で19歳にしてフル代表デビュー。もっともアザールのようにすぐに代表に定着できたわけではなく、2012年マルクヴィルモッツ監督が就任し、世代交代が進められるようになったことでレギュラーを獲得。2012年10月12日W杯予選・セルビア戦で代表初得点を挙げた。

2014年6月ブラジルで開催された2014 FIFAワールドカップでは、中心選手として活躍。グループリーグ第1戦のアルジェリア戦でマルアンフェライニの同点弾をアシストしてマン・オブ・ザ・マッチに選出される。決勝トーナメントでも、1回戦のアメリカ戦で延長前半3分に先制点を挙げ勝利に貢献する。しかし、準々決勝のアルゼンチン戦はフル出場するも1-0でチームは敗退。

EURO2016予選では5得点を記録し、チームの予選突破に貢献。大会屈タレント軍団として大きな期待が寄せられたUEFA EURO2016本大会では、連携が乏しく低調な内容だったチームの中、アイルランド戦でロメロルカクゴールアシストするなど、攻撃の中心として牽引。グループ2位で決勝トーナメントに進出するも、ウェールズに3-1で敗れ準々決勝敗退。

ロシアW杯予選では、チームは圧倒的な強さで本大会出場を勝ち取るが、ロベルトマルティネス監督ボランチで起用されていたこともあってプレーが制限されてしまい、マンチェスター・シティで見せるようなクオリティを発揮できずにいた。フラストレーションが溜まったのか、たびたびチームの戦術を批判するようなコメントを出すようになり、物議を醸す。

2018 FIFAワールドカップでも、引き続き中盤の底で起用されていたこともあり、グループリーグ3試合で本来のパフォーマンスべると物足りない内容となっていた。ラウンド16の日本戦で、2点ビハンドを背負うまさかの展開になると、後半20分からポジションが1列前に上がる。すると、を得たのようにエンジンがかかるようになり、試合終了直前のナセルシャドリの逆転ゴールの起点になるなど、逆転劇の中心となる。準々決勝のブラジル戦では偽の9番として起用され、再三カウンターの起点となり王ブラジルを圧倒する。前半31分には美しいドルシュートを決め、ブラジルの息の根を止める。MOMにも選ばれ、ブラジル撃破の立役者となった。準決勝のフランス戦でも奮闘するが、チームフランスの守備に抑えこまれ、敗。3位決定戦のイングランド戦では、アザールゴールアシストし、ベルギーW杯最高成績となる3位獲得に貢献する。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2008-09 ヘンク ジュピラ―リーグ 2 0
2009-10 ヘンク ジュピラ―リーグ 35 3
2010-11 ヘンク ジュピラ―リーグ 32 5
2011-12 ヘンク ジュピラ―リーグ 28 8
2012-13 ブレーメンloan) ブンデスリーガ 33 10

2013-14
チェルシー プレミアリーグ 3 0
ヴォルフスブルク ブンデスリーガ 16 3
2014-15 ヴォルフスブルク ブンデスリーガ 34 10

2015-16
ヴォルフスブルク ブンデスリーガ 1 0
マンチェスター・シティ プレミアリーグ 25 7
2016-17 マンチェスター・シティ プレミアリーグ 36 6
2017-18 マンチェスター・シティ プレミアリーグ 37 8
2018-19 マンチェスター・シティ プレミアリーグ 19 2
2019-20 マンチェスター・シティ プレミアリーグ 35 13
2020-21 マンチェスター・シティ プレミアリーグ

プレースタイルと評価、人物

トップ下やサイドハーフなど2列プレーしていたが、ジョゼップ・グアルディオラ監督に就任してからはインサイドハーフプレー。それまではライン間やバイタルエリアプレーエリアとしていた選手だったが、ハーフスペースの支配者としてゲームメイクに携わるプレイヤーとなり、多くの戦術オタクから注される選手となる。

精度が高く種類が豊富なキックが最大の武器で、右利きだが左足でも正確なパス・シュートが打てる。
ゴールに直結するパスやその一手前のパス、いわゆるアシストアシストも多く、サイドに流れてからのクロスや、グラウンダーでの長距離スルーパスを得意としている。特に右サイドから右足で放たれる正確クロスはあのデイヴィッド・ベッカム級の精度を持つと言われている。
戦術的インテリジェンスが高く、また把握にも優れており、オフボールの動きやポジショニングでチームの攻撃リズムを引き出すことができる。
また、ミドルレンジからのシュートの精度と威世界トップクラス

グアルディオラ監督からは「人生で出会った最高の選手の一人」「メッシの次のレベルの選手」などと
度々絶賛されており、ベルギー代表の同僚であるチェルシーFCエデン・アザールも「プレミアで最高の選手」とるなど、非常に評価は高く、レアル・マドリードルカ・モドリッチと並んで現在世界最高のMFの一人である。

14歳で親元を離れ、ヘンクでプレーしていたが、15歳の頃に性格が大人しすぎるという理由で里親から拒絶されてしまう。その後、ヘンクで頭を現すようになるとその里親は手のひらを返し、近づいてきた。本人はこの経験があったからこそキャリアでの成功があったとっている。

2014年当時交際していた彼女ベルギー代表のチームメイトであるティボ・クルトワと浮気をし、そのままクルトワに略奪されている。しかも、その彼女の営みについて、「クルトワのほうがうまくて、3年間のデ・ブライネとの生活が一発で吹っ飛んだ」という屈辱的な暴露までされている。ただし、傷心の期間に出会ったグラマーな女性と交際するようになり、2017年結婚している。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/25(水) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/25(水) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP