今注目のニュース
会社の個室トイレで「30分睡眠」のすごい効果
安倍首相の12日の予定があまりにもヤバ過ぎるとネットで話題に
姉の結婚式でこらえきれず弟が涙 「犯罪者」と批判された意外な理由

ゲルマン讃歌単語

ゲルマンサンカ

掲示板をみる(24)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ゲルマン讃歌とは、ゲルマン民族の誇りとヴルストとじゃがいもビールへの情熱を歌った歌である。

※ヴルストとは、ドイツソーセージのことである。

※曲中に、ドイツ国旗を「」と表現しているが、正しくは「」。

概要

AxisPowersヘタリアドイツ安元洋貴)が歌うキャラクターソングであり、正式タイトルは「ゲルマン讃歌~俺はドイツ製~」である。

作詞者は、ヘタリアキャラクターソングVol.1 2曲、「おいしい☆トマトのうた」と同じyomikoである。 作曲編曲は出田慎である。

前作とは打って変わって、極めて勇壮で厳格な曲調なため、「ゲルマンルートキャンプ」等の筋トレに関したタグもよくつけられている。


発売前の視聴段階で、「ヴルスト」、「ビール」等の単から連想された食物で作った、偽CMが好評を博す。


おいしい☆トマトのうた」の時同様、関連動画全てに歌詞内に出てくる食品や、キャラクターに関連するものを飛ばす段幕職人がついている。例としては、「ヴルスト職人」、「ビール職人」、「じゃがいも職人」、「マスタード職人」、「小鳥職人」等である。また、これらの総称として「ドイツ物産展」というタグがつけられたこともある。

「おいしい(略)」同様、各種職人が並立することとなり、結果、歌詞職人、段幕職人、各種コメントが1周しているうちに消えてしまうという事態が発生したため、それを揶揄したタグも頻繁につけられている。例としては、「今また始まる職人と段幕の追いかけっこ」、「職人メイドインポーランド」等である。


発売前日に、原曲ピッチ上げの合成MADである合唱動画がUPされ、該当動画には「ジェバンニえたジェバンニ」、「ゲルソン一番乗り」タグ等がつけられた。

これは原曲ドイツピッチ上げ(+3)分をプロイセンとみなしたもので、曲題も『たちドイツ製』となっている。

この合唱動画内にて、『交互に歌っているMADがみてみたい』コメントを受け、上述合唱動画とは別に、原曲ピッチ上げを交互に流す「デュエット動画がUPされた。

合唱動画UPから、デュエット動画UPまで5時間というこちらも見事なジェバンニぶりだったが、『動画内に1箇所どうしても気に入らないところがある』と、数時間後音質向上、繋ぎ良版がUPされた。

また、この旧デュエット動画から、新デュエット動画への移行の際、アクセス過多が原因と考えられるタイムアウトが頻発したことから、新デュエット動画接続成功時に「やっと入隊できました」等のコメントが多く上げられた。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/14(月) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/14(月) 04:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP