今注目のニュース
アパ社長カレーというパワーワード商品に隠された意外すぎる真実が明らかに!
天皇即位祝賀パレード、延期決定 11月10日に
テレビアニメの映像を使って全編を再構築した「シュタインズゲート」のリメイク作『STEINS;GATE ELITE』のiOS版が発売記念セール【スマホゲームアプリ セール情報】

ゲームボーイ単語

ゲームボーイ

  • 16
  • 0
掲示板をみる(157)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(16)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ゲームボーイGB)とは、任天堂携帯ゲーム機である。

概要

初代機は1989年4月21日発売。ゲーム&ウォッチから9年の時を経て、エポック社の「ゲームポケコン」に次ぐソフト取替え携帯ゲーム機として登場した。この年はファミコンの次世代機が話題を集めており(結局発売は翌年にずれ込んだが)、扱いとしてはそれほど大きなものではなかった。

初代ゲームボーイは「子供が全疾走した自転車カゴから落としても壊れない」のを標としたと言われる異常な堅さを誇り、湾岸戦争爆撃を受けた兵舎に置かれていた物も液晶を取り替えただけで動いた(下の動画参照)。

当時、任天堂社長だった山内溥は、出来立てほやほやの最終デモ機を見るやいなや、いきなり床に叩きつけて自ら耐久テストを行い、問題なく動作したため発売にこぎつけたという驚きの逸話がある…………のだが、実はこれ、任天堂自身すら首を傾げる、どういう経緯で生まれたのかデマエピソードである(耐久テスト自体はある)。

初代は本体が弁当のごとき大きさのため持ちにくく、また画面はSTN反射式モノクロ液晶だが、当時の液晶はに計算機等に使われるものであり、およそ『映像』を写せるようなものではなく、白黒というか昔の電卓のようなの4階層で表示され、若干見づらかった。これについてはゲームボーイポケット以降順次善している。

しかし、大きい分コストパフォーマンスが良い単3電池を4本セットでき、アルカリ電池を使えば約35時間遊べるという脅威のスタミナの持ちであり、任天堂携帯ハードでは最長の連続稼働時間を誇る。とは言うものの電池式では現在のように気軽に充電するわけにはいかず、ゲームクリア寸前に電ランプが点滅して涙目になりながらプレイしたり、慌てて電池を買いに走った思い出を持つ方は多かろう。

販売当初こそ売れたがその後頭打ち、一時は年数本しかソフト発売予定がない撤退寸前の状態にまで追い込まれていた。そんな時にとある2本のソフト爆発ヒット……どころか、みずでっぽうを浴びてたきのぼりしたのごとくV字回復して現在の揺るぎない携帯ゲーム市場の礎になった。これ、ウソのようでホントの話である。

新作ソフト2002年6月28日発売の「From TV animation ONE PIECE 幻のグランドライン冒険記!」が一応の最終作となるが、同人ベースでのゲームボーイソフト開発は、ファミリーコンピューターと同じようにレトロゲームマニアの間で引き続き行われており、2019年には、ゲームインパクト社よりゲームボーイ生誕30周年を記念して、ゲームボーイ発売日と同じ4月21日に「ドラキュラ」という全新作のゲームボーイソフトが発売されている。なお、同社は後に第2弾として「冴子先生のお色気ブラックジャックGB」、第3弾にはドラキュラ高難易度版である「アナザードラキュラ」も同年にリリースしている。

また、通信ケーブルによる通信機を保持している。これは、開発者の一人である横井軍平氏がつけてもコストがさして上がらないという理由で深く考えずにつけたそうで、マイナーチェンジ版のゲームボーイポケットを作る際に削減する予定もあったそうである。しかし、削除しなかった事が後にとんでもないバケモンを作り出し、元々一人で遊ぶものであった携帯ゲーム機は通信によって他者とコミュニケーションをするためのツールとして発展する契機になった。その後コネクタの小化・赤外線を経てWi-Fiを使ったすれちがい通信にまで発展した。

ちなみに任天堂が「通信ケーブル」という概念を取り入れたのは、1983年に発売した「コンピュータ麻雀 役満」という電子ゲームが最初である。こちらの開発にも横井が関わっている。

参考:http://d.hatena.ne.jp/EXAPON/20050613/p8exit

いろいろなゲームボーイ

ゲームボーイシリーズアドバンス以降を除く)普及台数は3243万台、全世界1億1842万台。NEOGEOと並んで実動14年のロングセラー。

ゲームボーイ
初代ゲームボーイ。今見るとかなりデカイが、当時はこれでも小さかった。
バックライトがない為、サードパーティからアタッチメント式バックライト付き拡大の周辺機器が出た。
本体色はグレーのみ。発売時税込12500円。
ゲームボーイブロス
初代機からカラーバリエーションを増やした。以降のはいずれもカラーバリーエーションを有する。
1994年発売。
ゲームボーイポケット
現代の携帯ゲーム機より小さいぐらいのサイズまで大幅に小化。液晶もくなり見やすくなった。
シリーズ内で一番安価であった。発売当初でも6800円、その後二度値下げされて末期は3800円
電池残量表示がいのと、一単4電池を用いるためコストパフォーマンスが悪いのが難点。
ポケモンブーム爆発的に普及。1996年発売。
ゲームボーイライト
ゲームボーイポケットサイズバックライトを内蔵。電池残量表示と単3電池も復活。1998年発売。
スーパーゲームボーイ
スーパーファミコンでゲームボーイソフトが楽しめるが、通信機い。1994年発売。
スーパーゲームボーイ2
通信ケーブルを繋げるジャックが付き通信が可になった。1998年発売。
ゲームボーイカラー
対応するソフトでは32000色中最大56色同時発色できるようになった。従来のゲームもある程度カラーになる。CPU等のスペック向上を受けて「ゲームボーイカラー専用」のソフトも登場した(後継ゲームボーイアドバンスでもプレイ)。また、液晶の視認性向上もアピールされていた。液晶バックライトは非搭載。1998年発売。

ゲームボーイシリーズは全て(ゲームボーイアドバンスSPゲームボーイミクロ以前の)、任天堂公式での修理受付を終了している。 (2015年2月公式サイト修理のご案内」閲覧)


ゲームボーイアドバンス
ゲームボーイの全てが進化した次世代機。32ビット機だが8ビットCPUも積んでおり、GBとも高い互換性がある。
ゲームボーイシリーズ」全体の次世代機であり、ゲームボーイに含まない場合が多い。2001年発売。

それ以降の携帯機

任天堂ゲームボーイシリーズと互換性があるゲームボーイアドバンスを発売し、その後ゲームボーイアドバンスのみと互換性があるニンテンドーDSを発売し、次にDSとのみ互換性のあるニンテンドー3DSを、というように1世代前と互換性を保ちながら推移していっている。

任天堂現在携帯ゲーム機であるニンテンドー3DSでは、2011年6月よりバーチャルコンソールでゲームボーイ及びゲームボーイカラーソフトを配信している。

これ以降の任天堂ハード較的堅な作りがされているものの精密機器の宿命には逆らえず、DS以降のハードは以前より堅ではないが、不良品の少なさ的な意味で相変わらず堅実な作りがなされている。それ以上に、自転車で全疾走する子供や物を乱暴に扱う子供大分減った。

電池については、無印アドバンスまでは単3電池が採用されていたが、ゲームボーイアドバンスSP以降は携帯電話と同じリチウムイオン電池による充電となった。しかし、CPUの処理は日々大幅に向上している一方で現行の化学電池の性理論上の限界に達しており、連続稼働時間は減少傾向に。ゲームボーイカラーが単3アルカ乾電池2本でカタログ20時であったのが、ニンテンドー3DSシリーズでは3DSソフトプレイリチウムイオン充電池駆動で約3~7時間となっている。

また、本体価格も、前述のゲームボーイポケットを底値にモデルチェンジごとに上昇傾向となり、ゲームボーイアドバンスSPから(発売時)1万円突破、2011年2月発売のニンテンドー3DSでは発売時価格が税込25000円と(任天堂の)据置ゲーム機並にまで上昇した。この高価格は3DS出だし不調の要因の一つとされ、発売半年後に逆ザヤ(赤字)覚悟で税込15000円に値下げされた。これ以降発売のはいずれも税抜2万円以内に抑えられており、2016年2月内発売のニンテンドー2DSではソフト同梱で税抜9980円と、税抜価格かつ廉価要素の強いではあるが、ゲームボーイアドバンスSPシリーズ以来となる1万円未満のが復活した。

一方、先のバケモンを生み出した通信機は、アドバンスでは多人数対戦が、DSではデフォルトワイレス通信が可となり、すれちがい通信などの機も生まれた。また、モバイルアダプタGBで実現した遠距離通信はその技術的・銭的な敷居の高さ故にアドバンスまではほとんど普及しなかったものの、その間にインターネットが一般へ広く普及したことによって、DSニンテンドーWi-Fiコネクションで『カンタン、あんしん、無料』がようやく可となり、ついに本格的な距離通信が可となった。

関連動画

CM

BGM

その他色々

関連静画

ピコカキコ

7061
ゲームボーイ起動音

関連商品


関連項目

外部リンク

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/19(土) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/19(土) 00:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP