ゲーメスト単語

ゲーメスト

1.7千文字の記事
掲示板をみる(125)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(17)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ゲーメストとは、かつて存在したアーケードゲーム専門の雑誌である。

キャッチコピーは「ゲームセンターを10倍面くする本」。

概要

1986年4月創刊。1999年9月30日号をもって廃刊
名前の由来は「ゲーマー(gamer)」を較級と掛けて最上級をあらわした造である。

非常に濃厚な攻略記事が掲載されていたのが特徴で、当時のアーケードゲーマーバイブルになっていた。

ストリートファイターII」の大ヒットに伴い(厳密に言うと、ゲーメストがヒット仕掛け人でもある)、発行部数が増した。一時は全盛期ファミ通に迫るほどの数字記録したという。

末期でも黒字キープしていたのだが、発売元の新社があえなく倒産し、廃刊に追い込まれた(本社ビル建設のための借入が返済出来なくなったのが理由だという)。

廃刊後は一部のスタッフエンターブレインへ移り、「月刊アルカディア」を創刊した。そのため、事実月刊アルカディアはゲーメストの後継雑誌である。

攻略記事

他のゲーム雑誌が新作ゲーム紹介や基本的な攻略法の紹介に留まっていた中、ゲーメストに掲載される攻略記事は一線を画しており、もはや研究発表と言ってもいいほどの濃厚な内容だった。
これは、巷のゲームセンターハイレベルプレイヤーが引き抜かれてゲーメストのライターになっていたからである。そのため記事内容もゲーマー線で読者との距離感が近く、現在ゲームセンターの最先端の情報が得られる雑誌になっていた。
本誌の存在から「めくり」などの新も生まれ、現在でも広く用いられている。

ライターがやり込めば記事内容も増えるため同じゲームでもキャラクターごとに記述量が違ったり、ライター着のあるゲームキャラクター攻略が細々と続くようなこともあった。
全盛期ページ数が増え過ぎて、中じの本が簡単に崩壊してしまうほどの厚みになっており、そのことも度々ネタにされた。

誤植

ゲーメストといえば、「インド人を右に」などの誤植がとにかく多いことで知られた雑誌でもある。このことについて、かつてゲーメストで編集者として働いていた松井ムネタツ氏が以下のように述懐exitしている。

当時のゲーメストはライター全員手書き原稿であり、しかも酷い悪筆だった。
原稿は写植オペレーターが入して写植を作り版下に貼り付けていくのだが、オペレーターはゲームに詳しいわけではないので、解読不能だと適当文字とりあえず入れる。
編集部で校正出来れば良いのだがその時間もなく、結果的に誤植が増えてしまう。

そこで松井氏は、編集部で手書き原稿をPCすることにした(読めない文字ライターに直接聞けるメリットもあった)。その一方でライターにもPCでの原稿作成を依頼し、ゲーメストのデジタル化は急速に進んだ。

ところが、変換ミスが多発し、しかもデジタル入稿なら締切が延ばせるライターが(悪い意味で)学習してしまい、編集部が校正する時間が相変わらず確保出来なくなってしまったのだそうだ。

関連動画

関連商品

関連項目

関蓮リンク

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/10(土) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/10(土) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP