コウメ太夫単語

コウメダユウ

1.1千文字の記事
掲示板をみる(35)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

コウメ太夫とは、お笑い芸人である。ソニーミュージックアーティスツ所属

概要

1995年梅沢富美男劇団に所属し、明治座などの舞台に立った。女形をしていた時期もある。1997年お笑いに転身。2000年から「」名義で外山某とJUMP2000というコンビを組み、担当はボケであった。のち、コンビを解消、単独でアマゾネースを名乗っている。2005年、『エンタの神様』に初出演、小梅太夫としてブレイク。ちなみにSMAで初めて売れたのがコウメ太夫でありそのおかげか千近くにSMAの劇場を建てられており今なお若手芸人のネタ見せ場として使われている。2021年、番組の企画三浦マイルドコンビを結成し、M-1グランプリに出場。当初番組企画であることはせられていたが、3回戦敗退と大健闘した。

なおダンスもうまく神奈川県相模原市で行われた『第1回ムーンウォーク世界大会』のお笑い部門で準優勝している。

コウメ日記

コウメ太夫で欠かせないネタとしてコウ日記というものがあり着物塗り、ゴム製かつらという姿で、女声を模した奇矯な裏で「チクショー!!」などと喚き散らすというキャラクタースタイルを基本とする。「わたくし、狂い咲き小梅太夫と申します。徒然なるままに書き散らした『コウ日記』、お聴き下され~」の口上で始まる。

実はこのネタあるあるネタであり、本人の体験談らしいのだが内容があまりにも現実とかけ離れている(例:偏差値の低い学校入学したら先生チンパンジーでした。タクシーを止めようと手をあげたら、が落ちました。・・・etc)ので芸人さんやツイッター民(ツイッター毎日チクショーいている)から嘘つき呼ばわりされている。チクショー!!

クソ番組く、プロ芸人がコウメ太夫のネタごときで笑うことはあるまじき行為であり、笑ってしまったら芸人引退しなければならないとされている。

主な体験談

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

コウメ太夫に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

結論:小梅太夫のネタを見ると全員笑う

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/29(日) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/29(日) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP