コウモリ 単語

257件

コウモリ

1.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

コウモリ(蝙蝠)とは、コウモリ()に属する動物の総称である。

曖昧さ回避

概要 

をもち、自由に飛行ができるため、一見鳥類にも見えるが、実際は哺乳類仲間鳥類と異なり、コウモリのは伸縮性のある膜でできており、飛ぶネズミのような外観を持つ。

コウモリの仲間は約1000種類ほどいるとされ、何と哺乳類全体の4分の1を占めている。極地や高山などの特殊な環境を除いて、世界中どこでも見ることができる。

哺乳類内部の分類ではローラシアに位置付けられている。また2006年研究では奇蹄(ウマサイ・バク)・食(イヌネコなど)・鱗甲(センザンコウ)に特に近縁とされ、ペガサス野獣類(ペガソフェラエ)というパワーワード分類群も提唱された。が、その後の分子系統解析からは否定的な結果が出ている。

なお、一般的にコウモリというと動物の血を吸うイメージが強いが、実際に生物の血を吸うコウモリは、約1000種のうち、たった3種類に過ぎず、しかもそのうち2種は鳥類血液のみを吸うため、哺乳類の血を吸うコウモリは、スイコウモリ一種しかいない。 

英語では「bat(バット)」だが、果実食のオオコウモリ(の仲間の幾つかの種)は「flying fox(フライングフォックス飛ぶキツネの意)」と呼ばれる。

卑怯なコウモリ

イソップ物語の一つとして「卑怯なコウモリ」というお話がある。

昔々の一族との一族が争いをしていた。ずる賢いコウモリは「自分は全身に毛が生えているから仲間」「体に羽があるから仲間」とどちらかが有利になる度に使い分けていた。しかし最終的に何度も寝返りを繰り返したことによってからもからも嫌われて、居場所をくし、洞窟に身を潜めにしか飛ばなくなった。という話である。

この話から転じて、どんな人にもいい顔をする人、その場その場で発言を変える人のことを「コウモリみたいな人」と表現するようになった。

だが同時にこの話にはが争いを始めたのに、その中で生き残りをしようとしたコウモリを責めてもいいのだろうかという教訓も含まれる。

ニコニコ大百科に記事のあるコウモリ

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/20(土) 17:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/20(土) 16:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP