コサック単語

コサック

1.4千文字の記事
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

コサックとは、キプチャク原(ウクライナ沿からウラルまで)にいた半農半軍の集団である。現代ウクライナ人は自分たちのルーツの一つであると認識している。

概要

自然発生したもともとのコサック。リトアニア大公や共和ポーランド=リトアニアにとりこまれテュルクイスラーム国家への対抗手段としておかれたコサック。ロシア大公シベリア開拓に使った屯田兵としてのコサック。これらをすべてコサックと呼ぶ。

部族というより軍団であり、そこも含めてモンゴルテュルク系遊牧民の影を強く受けたスラブ人集団である。

コサックの起源

古来よりキプチャク原には、フィン・ウゴル系、ペルシア系など多くの民族が暮らしていたが、ハザールやペチェネグ、キプチャクなどの国家がたちテュルク民族が優勢になった。さらにモンゴル帝国こり、モンゴル人がやってくることもあったがこれもテュルク民族に吸収され、モンゴル帝国の流れをテュルク国家ジョチ・ウルスの時代となった。

ルーシ諸からショバ代を巻き上げていたジョチウルスは、内部抗争で急速に勢を失う。同時に、北の方では共和ポーランド=リトアニア)がルーシの要部分やウクライナにかけてを征し、東方ではノヴゴロドを飲み込みモスクワ大公をつけていた。

このキプチャク平原にコサックはどこからか現れた。つまり、コサックの起はよくわかっていないが、この頃共和で地位を失った貴族盗賊の類、モスクワ大公国から逃げ出した農などの説がある。その血統についてもテュルク帽子族の子孫である、キプチャクの子孫である、ハザールの子孫であるなどいろいろの説はあるが、北方に成立したルーシもノース人の王様(リューリク)がテュルク系の王号(カガン)を用いて雑多な民族をまとめただったので土地柄コサックもそんなもんでしょう。

ともかく、大の隙間となったキプチャク平原にスラブ正教の愚連隊が出現、テュルク系をお手本に半遊牧化しつつ組織化されてコサックとなったということで。

ウクライナ・コサック

共和の配下に組み込まれ、たびたび反乱を起こした。ウクライナ人の心の先祖。ロシア帝国を使って独立したかに見えたが結局ロシア帝国に取り込まれるか滅ぼされた。

ロシア・コサック

ロシア帝国に取り込んだコサックとそれを真似をして作った屯田兵団。革命期に軍に参加したり独立を図ったりしたので反革命義者としてソヴィエト時代に弾圧された。最近はプーチン愛国的集団だったと評価するように導しているため、コサックの子孫の復権とともに、愛国集団に入りたい愛国ロシア人を吸収して復活しつつある。

コサックの風俗

シーチと呼ばれるを拠点としたコサックと貴族化して町に住んだコサックでは違いがあるはずだが、一般にコサックといえば一部を残して剃り上げた大五郎カットヒゲしいダンス帽子、遊牧民的な騎の扱い、楽器などテュルク民族の影を強く受けたような風俗イメージされる。

関連動画

コサックに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

コサックに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

コサックに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/25(土) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/25(土) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP