コスモバルク単語

コスモバルク

6.4千文字の記事
掲示板をみる(41)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

コスモバルクとは、日本の元競走馬ホッカイドウ競馬所属)である。
ひたすらにひたむきに走り続けた流浪の

2歳

はキャリア三戦でアイルランドダービーを取ったが、種牡馬としては失敗種牡馬の典例となったザグレブ、はイセノトウショウ、トウショウボーイという血統…なのだが
この系、近い世代はプリンスリーギフト系の種牡馬ばかりがつけられており、極端なスピード偏重、しかもちょっと古い感じのスピードを重ねられていた。
普通だと薄っぺらいになりかねなかったのだが、ザグレブの重さが幸いしたのかトウショウ系の底が開したのか、軽快なスピードなど優れた資質を備えて生まれた。

岡田繁幸氏に見出され、ホッカイドウ競馬デビューすることになったのだが、後の実績からダートが苦手で芝が得意という事が判明する彼がなぜダートしかない営でデビューしたかというと、外厩(認定厩舎)制度の有に起因している
これはレース当日まで民間認定厩舎で調教できる=馬主好きなように仕上げたり育てたり出来るというもので、かいつまんで言うと、かつてシンボリ軍団が美トレセンと千葉シンボリ牧場間で行なっていたことを更に拡大するような制度である。
地方でも営、バルクの活躍以後に南関東で導入されたくらいの特殊な制度である。
その制度の導入第一号として、コスモヴューファームやビッグレッドファームで鍛えあげられたのがコスモバルクなのである。

今となってはノーザンファームしがらきや栄など大規模調教施設を持つ大馬主調教師を実質的に支配下に置いて
しがらきや栄で仕上げたを送り込んだりするなど好き放題お好み調教で育成してたりもするが、当時はそこまで好きにするにはこのような制度を使うしかなかったのだ。

そんな彼だが、営の田部厩舎に入るとダート向きとは思えない走りだったもののが違うのか営でも4戦2勝2着2回という結果を残し、騎手となった五十嵐共々中央に殴りこみ。
初戦となった東京500万下では11頭中9番人気だったが、ハナを切ってペースを握ると良血をぶっ飛ばして大勝利。鮮中央競馬デビューを飾る。
その次走、現在中山に持っていかれてGⅠホープフルステークスになった出世レース阪神開催時代のラジオたんぱ杯2歳ステークスに出走。
やはりハナを切ってペースを握るとあのディープのブラックタイド・堅実で2歳時はサンデー産駒の代表格ミスティクエイジ・セレクトセールで1億5750万円、のちの青葉賞ハイアーゲームをまとめて負かし重賞制覇。
例によって例のごとくサンデー産駒の良血が絶対的と見られていた2004年クラシック補筆頭格にのし上がった。
サンデー産駒キラーアンチスローペースの代表格として大いに中央競馬ファンにもしまれた。

3歳

年明け、クラシックロードに挑むことになった彼は弥生賞から始動。
このレースでは朝日杯FS逃げて快勝した快速メイショウボーラーを先に行かせて二番手で折り合い、直線でちょい差しして勝利
皐月賞マークされやすい逃げではなく、難な先行策を取るよう志向していたのでこの勝利でそのへんに処がついた…と思われた。

そして迎えた皐月賞、中央挑戦の璧な内容から一番人気に推されたが、注度が桁違いな中央のGⅠに一番人気で挑んだことが地方調教師と騎手には荷が重かったのか
あるいは持ち味を殺したことが当時の高速馬場になったのか、後の快速マイラーを侮りすぎたのか、弥生賞より後ろから進めてしまい、上がり最速で差しに行ったが二番手から抜け出して上がり2位の末脚でまとめたダイワメジャーの前に敗。2着に終わってしまう。
実質的に馬主であるサラブレッドクラブラフィアンの総帥・岡田繁幸氏はTV番組に出演しており、ダイワメジャーを危険と見抜いて警はしていたがまんまとやられてしまう形になった。
ハイペース逃げまくるしか出来ない、実質ペースメーカー的存在としてラフィアンが送り込んだマイネルマクロスの出遅れ、彼が行けなかったために想定より落ち着いたペースになったのも痛かったかも知れない。

そして迎えたダービー北海道岡田繁幸氏の理想して調教が積まれてやって来た彼は…見事に入れ込んでいた。
まあ、入れ込みは中央初挑戦からずっとあるものでいつものことと言えばそうだった。
レース皐月賞に続いて用意した実質ペースメーカーイネルマクロスが今回はスタートに成功し逃げることに成功して猛逃げっぷりで暴走気味に突っ走る。
しかし高速馬場を差し引いても1000m57.6はやり過ぎたかも知れない。元からスタミナ面でも折り合い面でも不安のあった彼はひたむきにマクロスを追いかけようとして騎手五十嵐喧嘩してしまう。
五十嵐が手綱を引くのをやめると三付近でくも先頭に立つが、先頭に立った時点でもう余は少なくフラフラ、そこに四まくりで一番人気キングカメハメハキンカメマークハイアーゲーム一気に来てしまい万事休す。
それでも追い込み勢が突っ込むまで必死に走り8着に残ったのだからはあった。
折り合いにこだわりすぎて逆に持ち味を消したとしか思えない馬主示、行きたがりな彼を制御しきれなった騎手のへぐりの可性が高い敗戦であった。

営の北海優駿から始動。苦手のダート戦で、トライアルセントライト記念を見据えて緩めの仕上げだったが貫で何とか押し切り。セントライト記念へ。
ここでも先行差しを狙ったが外が作れず結局逃げる形になってしまったが、まだ馬場がいい状況だったこともあったとはいえスピード任せに駆け抜け、最後はホオキウェーブにクビ差まで迫られたが逃げ切り。走破時計の2:10:1は芝2200mの日本レコードであった。
そして迎えた菊花賞ダービー2着のハーツクライに次ぐ二番人気となる。距離を考えてやはり先行差しを狙ったが外から被せられ引っ掛かりまたも先頭で進める羽になってしまう。
それでも気性や血統から考えればよく走ったが、めにスパートをかけた勝ちデルタブルース以下に抜き去られ4着。クラシックは結局ひとつも勝てず終いであった。
勝つ可性は十分に持っていたと思うが、掛かり癖やそれを上手く矯正できなかったことが影を落とした。あるいは諦めて彼の思うままにしたほうが逆に結果は出たのかも知れない。

その後、ジャパンカップでは2番手から進めてゼンノロブロイ敗するも2着と、ロッキータイガーの持つ地方最先着記録タイとなる素晴らしい結果を残したが、有馬記念では惨敗。休養に入った。 

4歳

になった2005年は、中山日経賞から始動。2200のレコードホルダーだったり中山は得意と見られたことや、
前年の活躍が考慮され一番人気に推された。しかし戦だった五十嵐から同じ営の千葉に変わった事が影したのか始終かかりっぱなしで失速、6着に惨敗してしまう。
ちなみにだが、天皇賞など一部GⅠの出走権を取るには前戦で上位の結果を残す必要がクラシック時代からつきまとっており、これが北海道からの輸送とも相まって暫くの間彼を苛むことになった。

の大標が閉ざされた彼は、なんと香港遠征を決行。チャンピオンマイルへ向かったのだが10着惨敗。だから速い中距離マイラーは違うと言うに…
その後も宝塚記念12着、毎日王冠11着で天皇賞(秋)出走出来ず、ジャパンカップでは前年のルメールに続いてボニヤを上に招くがそれ以前に状態が最悪で14着。
クラシック時代は地方とちやほやされていたのだが、一年たった後には飛ぶ英雄 ディープインパクト推しに世間が変わっていった。

年末の有馬記念では久々クラシック時代のりがり、4着に食い込んだがディープと、彼を破ったハーツクライはるか先にいた。

5歳

何はともあれ一復活の兆しを見せた彼は、5歳になっても現役続行。天皇賞(春)日経賞から始動。しかしかかるわ詰まるわ最悪なレースとなり8着。
ここで営は再び海外遠征を選択。今度はシンガポールクラン競馬場で開催されるシンガポール航空際に向かった。
このレース、前年度まではワールドレーシングチャンピオンシップという企画の第三戦で、メンツもそこそこレースだったのだが、この年からワールドレーシングチャンピオンシップが中止になりメンツが若干薄めになっていた。
それも幸いしたか、クラシックから磨いてきた二番手から抜け出す競馬で押し切り快勝。
地方所属騎手による海外GⅠ初制覇を達成。バルクもGⅠ初勝利を飾った。
ここまでは良かったのだが、帰前に伝染病感染疑惑が発生し危うく殺処分すらあり得る情勢になってしまった。幸いにも再検異常なしとなり帰
宝塚記念へ向かったが、相手が悪いこともあったがシンガポールで足止めを食らったこともあり調整がままならず8着敗。相手もあのディープインパクトだったので仕方なし。

札幌日経オープンから始動。62キロを背負わされる過酷な条件となったが構わず出走。 め先頭に立ったがさすがに止まり2着。
その後、天皇賞(秋)出走を賭け挑んだオールカマーではバランスオブゲームの2着に入り、見事出走権獲得。
本番では中団待機から勝負に出るも、因縁のダイワメジャーを捉えられず4着、ジャパンカップでは久々スローの溜め逃げに持ち込むが、相手が悪かったか4着。
有馬記念では引退するディープインパクトの圧勝劇をに11着に終わった。 

6歳以降

しかし、5歳きは年が明けると消えてしまう。中央では前戦でも連に絡めず、シンガポールに再度遠征し、シャドウゲイトの2着に入ったのがかつての勝ちプライドの最後の発露だった。
ちなみにシンガポール航空際はこのあとまもなくG1の看を下ろすこととなり、日本クラン競馬場に向かうことはなくなった。

にはバルク自身の頑りのおかげで地方の出走規定が緩くなったこともあり、地方で二戦いて天皇賞(秋)へ向かったが…ここでエイシンデピュティって斜行をぶちかますバルクに前を横切られたカンパニー上の福永祐一五十嵐福島競馬場にでも行ってればいい」とキレたと言われた程のアレレースを招いてしまった。
その後も黙々と走り続け、ナイスネイチャ有馬記念連続出走記録を更新したりもしたが、年齢もあって走が続き、地方で一取るために邪険に言われるようにもなっていった。
そして8歳となっていた2009年一杯内から引退した。あくまでであり、アイルランドで現役続行するつもりだったらしい。しかし怪で立ち消えとなり、功労として暮らすこととなった。
系の構成がプリンスリーギフトまみれで日高でつけるが限られ、内ではGⅠを勝ちきれなかったことや、ダート適性もあまり高くないためか地方向け需要も獲得できず種牡馬入りはわなかった。

しかし功労として迎えた2011年折も癒えて々自適の生活を送っていた彼に、アイルランド移籍の話が再燃した。
幸いにも?アイルランドでの調教中に屈腱炎を発症。結局日本とんぼ返りとなった。
現在は、ビッグレッドファームで功労として生活している。 ちなみに、彼と一緒にアイルランドに行ったシャドウゲイトキングストレイルは幸いにして向こうでそれなりの成果は残したようである。

競走馬づくりではの素質はもちろん、人に恵まれることも大事と思わされるであった。
地方と持ち上げられたかと思えば、中央ばかり走ったことから名ばかり地方と蔑まれ、それでもただひたむきに駆け抜けたコスモバルク。
外厩制度をこのように運用して走った競走馬は、残念なことにプレイアンドリアルやトラスト、コスモスなど数頭が続いてしまったが、バルクほどの成功例と言わずともクラシック事到達したすらいない。
外厩制度の活用に執念を燃やした岡田繁幸氏も立ち、バルクの後継者は絶える可性が高くなった。

余談:ホッカイドウ競馬とコスモバルク

コスモバルク自体は芝ダートが不得手だったこともあり、門別競馬場では全然走っていないし後半生は盛の芝コースを足がかりにしていたくらいではあったが、斜陽の生産地競馬であったホッカイドウ競馬にとって彼のような存在は大きかった。
なんせ、資注入を続けていた議会から出来なければ止と突きつけられた経営善要に応えるために導入した外厩(認定厩舎)システムから速大スターが生まれたためである。
他にも場外馬券売り場の拡充(特に小さなスペースを活用したミニ場外は他地域でも模倣された)、放送の拡充(地方では初のパドック解説導入、検のVTRの放送、インターネットストリーミング開始など)などを柱とした大革を2001年より五か年計画で進めており、2004年あたりのバルクを通したホッカイドウ競馬の注アップは最後のひと押しを生む追いとなった。
その追いもあって計画は順調に進みバルクが4歳のときにあたる2005年には2006年度の開催、及び向こう3年の開催保障を勝ち取ったのであった。

その後も折に触れて止をチラつかされつつ、そのたびに出された課題をなんとかクリアしていきバルクが引退した後になるが2013年には単年度収支で黒字を達成。とはいえ交流重賞グランシャリオカップを開催していた旭川競馬場止や札幌競馬場開催の休止(開催権は今でも保持)など大きな代償を支払いながら、ではあった。
その後は各地の地方競馬楽天競馬やSPAT4でグングン成長する波に2歳戦と路線に特化するなどしてうまく乗り、2020年にはバブル期オグリブームの影で達成した最高売上を更新するなど近年は絶好調である。
2歳戦は4月から新を組むなど特にを入れて素質が集まりやすくなっており、営で活躍した後移籍して南関東クラシック戦線や各地のクラシック戦線に殴り込むのは常の一つとなった。
イグナシオドーロ誤審事件や元々ちょっと生産地競馬という特殊な立場にあぐらをかきがちで体質があんまり良くない、また悪化したらおそらく北海道助けてくれないし最悪北海道が先に沈みかねないなど不安要素や怪しいポイントもあるが、関係者の尽ホッカイドウ競馬は今も生きている。もっと黒字が拡大していけばいずれ札幌競馬場開催も復活するかも知れない。

岡田繁幸氏が外厩にこだわり中央移籍を選ばなかったのは、ホッカイドウ競馬など当時どの競馬場が苦にいた地方を盛り上げるため、というのは割合として結構あったと思われる。
高知ハルウララ然り、大きな話題性を持つがいるというのは良きにつけ悪しきにつけ大事なことである。2010年5月4日引退式には2867人を集め、門別競馬場の入場者レコードを記録するなど最後まで広告としての活動もしてくれたコスモバルクを讃え、ホッカイドウ競馬ではなかった名を冠したレース・コスモバルク記念が2011年より施行されている。
H2グレードはホッカイドウ競馬ローカルでも一番高いものにはなっていないが、スタリオンシリーズ定されていた時期には副賞でコンデュイットやゴールドシップビッグレッドファーム繁用種牡馬の種付け権がついてきたりと割合重要なレースとなっており、コスモバルクもパドックに登場するなど今でも活躍している。

関連動画

関連商品

コスモバルクに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

コスモバルクに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 39ななしのよっしん

    2021/10/04(月) 06:27:11 ID: Ki2A9tuNzo

    五十嵐が乗った時のコスモバルクみたいなことしてるかわいいとか言われて擁護されてるの見ると、いろいろと思うところある

  • 40ななしのよっしん

    2021/10/13(水) 02:38:11 ID: qVgZ75bOMB

    最後の「人に恵まれていれば」っていうのは変えた方がいいと思う
    コスモバルクが振り回されたように見えたのも結果論でしかないし、必死で調整していた営に対して失礼だと思う

  • 41ななしのよっしん

    2021/10/15(金) 11:06:14 ID: +cGjnWXYeE

    武豊が「バルクは外に寄れるからそれを考えて乗ってた」
    ボニヤや幸四郎はっ直ぐ走らせてくれる」
    「幸四郎は素直ないいって言ってましたよ」

    これが答えよ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/19(火) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/19(火) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP