今注目のニュース
迷子の犬や猫を救え!アメリカのピザ屋がピザの箱に迷子ペットのチラシを貼って宅配するという試みが開始される
『スーパーロボット大戦』シリーズがPCに進出。『V』および『X』がスイッチとSteamに移植
プロ野球選手引退後の職業は…意外にも「会社員希望」が最多

コスモ貴族主義単語

コスモキゾクシュギ

掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

コスモ貴族主義とはアニメ機動戦士ガンダムF91」に登場する思想。

概要

提唱者はシャルンホルスト・ブッホ。宇宙におけるより具体的な思想としてまとめたのが息子であるマイッツアーロナであり、映画版では彼から下の世代のみが描かれている。

ブッホ・コンツェルン(ロナ)率いるクロスボーンバンガード軍の基本理念であり、反連邦的な思想であった。

前史

ジャンク屋を営んでいたシャルンホルスト・ブッホは商才に恵まれ一代で多額の財産と地位を手に入れることに成功する。一方、企業人ではあったが連邦の退ぶりに失望を禁じえず、その遠因を民主主義義にめ、選挙に依らない選ばれたエリート集団による社会運営を模索。最終的に旧世紀における18世紀以前のヨーロッパ貴族社会に答えを見出し、貴族趣味に走り始める。

年代的に定かではないが、シャルンホルストは旧欧州の名であったロナ名を購入し、シャルンホルストロナを名乗る。名実ともに貴族と認められた彼は子息であるマイッツアー貴族義を叩き込み、彼に自分の理想を託すこととなった。

コスモ貴族主義へ

マイッツアーシャルンホルストの意思を継ぎ、旧世紀における貴族義を宇宙時代にも適合させた(コスモ貴族主義)。宇宙世紀0106年、連邦への人材派遣会社または士官学校への予備校・訓練校としてクロスボーンバンガードサイド1の私設コロニー「ブッホ」において設立。人材を育て、秘密MS開発を開始する。

人材育成と兵器開発は順調であった。クロスボーンバンガード結成前年の0105年にはマフティー動乱が終結し、旧来のジオニズムに立った組織は後退したためかえって反連邦下地になりやすい側面もあった。また、これ以降は平和な時代が続き連邦軍の予算も限られたモノとなり、新で小化したMS炉(ミノフスキー・イヨネス核反応炉)を搭載したMS配備が進まないなど有利な情勢も味方した。さらに、人口増加により新コロニーの建設も進んだが、この新コロニー(フロンティア)に手を回し起後に即座に拠点となれるように細工を施していた。

0120年から0122年にかけて、火星において火星独立ジオン軍オールズモビル)が起。久々の大規模紛争であったが、これには実戦経験を得たいクロスボーンバンガード支援があり、論見通りの結果を得たと言われる。

コスモバビロニア建国紛争

01233月、ついにクロスボーンバンガード起。フロンティア連邦軍を蹴散らし占拠した上でコスモバビニアを名乗る。戦況は連邦関心と脆弱さからコスモバビニア優位に進み、官であるカロッゾ・ロナ(マイッツアー婿)の住人懐柔演説もありその基盤は磐石化するかと思われた。

しかし、カロッゾ(またはマイッツアー含めた上層部)の意図は人類の粛清であり、抵抗組織が置かれていたフロンティアⅠに試験として大量殺りく兵器であるバグを投入。凄惨な虐殺が繰り広げられ、セシリー・フェアチャイルドベラ・ロナカロッゾ)とシーブック・アノーしい怒りを買う。

最終的にカロッゾシーブックF91に討ち取られてしまい、周辺宙域の戦闘は沈静化して行く。

内部崩壊

以降の描写は作中では描かれていないため、推測でしかない。10年後の木星戦役の時代においてクロスボーンバンガードとはベラ・ロナキンケドゥ・ナウによる組織をすため、軍事組織としては衰退または消滅したとされる。劇中ではベラ・ロナ自身がコスモ貴族主義を否定したための内部崩壊であることも示唆されている。

思想内容

現代的な言葉を借りれば「ノブレス・オブリージュ」と表現される。つまり、高なる者にはそれに伴う義務があると言うことである。マイッツアー戦争において民は逃げても良いが貴族は許されないとも述べており、戦争を念頭においた思想であることがうかがえる。ただし、義務については具体的と言える行動規範は示されず、また示されるべきものでもなかったのかもしれない。

ノブレス・オブリージュ」の前提となる特権なども明示されていない。マイッツアー人権自体は等であるとも明言しており、連邦政府の腐敗からむしろそう言ったモノをめることを自制させていた。

についてはより難解であり、旧世紀の貴族義を担保していた血筋や生まれを意識したものではなかったようだ。コスモ貴族主義と旧来の貴族義との違いもここにあるようで、有能な者こそが高であると言う姿勢も垣間見える。マイッツアー本人も出奔したナディアを半ば見放している(ただし、として厳しくし過ぎたことは反していた)。

もっとも、そのマイッツアーも「高な生まれを考えずに貴族外道に走った」ことを理由として勘当しており、自身の組織の正統性の担保としてカロッゾやドレル(ベラ・ロナの異)ではなく孫のベラ・ロナに期待を寄せたことからも、血統・血縁から逃れられなかったようだ。

また小説版の描写ではあるが、レイシズム的な側面がありマイッツアー黄色人種ユダヤ教徒への敵意を隠さなかった(有能な者は慢して使うと言うフォローはあるが)。

選民思想に堕しやすい側面は間違いなく存在し、かえって血統を有さないカロッゾやドレルらが焦って過激派に染まってしまうと言う危うさがあった。また、アンナマリーのようにそれらを有する者への嫉妬める者への失望から、戦線を離脱して裏切ってしまう者も出た。

これらの末からか、ベラ・ロナ本人はくからコスモ貴族主義を否定的に解していた。一方、マイッツアーの潔癖さや剛毅さには心を打たれてもおり、であるナディアのような責任な逃避も嫌った。ベラ・ロナのコスモ貴族主義を否定しつつ、高な血筋の者が命を賭けてそれに挑むと言う姿は、コスモバビニアへの賛同者・反対者双方に感銘と混乱を与え、これが致命傷となると言う皮な結末を辿ることになる。

ジオニズムとの関係

100年近くに及んだジオニズムに変わる思想であり、宇宙世紀の一つの転換点ともされる思想である。ただ、反連邦でありスペースノイド側の思想(マイッツアースペースノイド視点歴史ベラ・ロナっている)と言う共通点は存在する。火星独立ジオン軍の背後にクロスボーンバンガードの存在があり、較的友好関係にあったようだ。また、ジオニズム本来の要素ではないが、ザビの血統を重視する一とも行動が似ていた。

ニュータイプ概念はコスモ貴族主義も引き継いでおり、ベラ・ロナ小説版で言及しているし、コスモ・クルス教団と言うニュータイプを信仰対とするコスモ貴族主義的宗教団体も登場する。一方、カロッゾは敵対したシーブックを、討ち取られる寸前の混乱の中ではあるが「ニュータイプ」と評しており、自分たちこそがニュータイプと言う認識は薄かったようだ。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 13ななしのよっしん

    2018/12/07(金) 16:17:04 ID: xJWfa1DjwS

    前史のところ貴族趣味になってるけどいいの?

  • 14ななしのよっしん

    2019/02/22(金) 00:12:14 ID: svy10ThHfz

    そもそも宇宙移民自体が貧困層や厄介者を地球から追い出す為の棄民政策だったのを考えるとその宇宙移民の子孫が貴族だのなんだの言いだすのすげえ皮だよな

  • 15ななしのよっしん

    2019/05/25(土) 18:20:21 ID: raFAgjrBM8

    というか、紛うことなきルサンチマンというか
    ストーリーとして地続きのクロスボーンで「地球に劣等感を感じるから滅ぼす(意訳)」と
    地球全土に核攻撃しようとしたドゥガチの存在が、全てを物語っているような

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP